プロジェクトマネージャー(PM)

プロジェクトマネージャーとは、あるプロジェクトの責任者、またはプロジェクトに責任を持つ立場にある役職のことである。PM、プロマネなどとも呼ばれる。
立ち上げから、計画、人材確保、コスト、スケジュール管理、クライアントや外部との折衝までを行う。
プロジェクトとは、期限つきで、計画どおりに進め、完結させる業務である。

企業内におけるプロジェクトの責任者にもあてはまるが、プロジェクトマネージャーという場合、コンサルティングファームやシステム開発関連の業務(プロジェクト)で使われることが多い。
携わるプロジェクトの分野について総合的な専門知識が必要とされる。

プロジェクトマネージャーは適切な計画を立てるが、計画の実践は他のメンバーに任せる。問題が発生した場合も、解決方法や手段など対処法を考えるが、実際にその変更・改善を実践するのはメンバーという切り分けをすることが多い。

プロジェクト進行の全体像を常に把握し、意思決定においても関わるリソースやステークホルダーを意識して適切な判断をしなければならない。期限に間に合わせることが絶対的な前提となるため、問題が発生したときの意思決定はスピードが求められる。このため、プロジェクトマネージャーは、自らのプロジェクトマネジメントの経験が大きなサポート材料となる。

分野やプロジェクト規模によっても異なるが、プロジェクトマネージャーに必要とされるスキルは、多岐にわたる。傾聴力、俯瞰力、計画力、提案力、リスク管理力、信頼構築力、交渉力、リーダーシップ、ファシリテーション力(調整力)、迅速な意思決定力などが挙げられる。

システムエンジニア(SE)などのIT専門職人材は、将来的にプロジェクトマネージャーを目指すことも多い。
ITスキルだけでなく、一定の折衝経験が必要となるため、より大規模で複雑なプロジェクトを手掛けたり、ステークホルダーの多いプロジェクトに参画したりすることもプロジェクトマネージャーを目指す上で役立つ経験となる。

コンサルティングファームでは、プロジェクトマネージャー=「職位としてのマネージャー」として通常定義される。
ファームによって呼称は異なるものの、アナリストクラス、コンサルタントクラス、マネージャークラス、パートナークラスでそれぞれ担当職務が異なるため、コンサルファームを受けるのであれば職位に紐づく担当業務の違いはしっかりと理解しておくが望ましい。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry