経営企画

経営企画とは、企業の経営や事業計画を行うこと。
大規模企業になると経営企画部門や経営企画専門の職種を配置しているところも多い。小規模の企業では経営者が自ら行うこともある。
固定的な業務範囲の定義はなく、「経営企画」に任される業務範囲は各社で差がある。

企業規模が大きくなるにつれ、経営企画は必要になってくる。また、新規事業開発や海外展開を行う企業も増える中で、経営企画という機能や、携わる人材の需要は高まっている。

主な業務としては、以下が挙げられる。

(1)経営全体を俯瞰した中長期の経営企画の立案・策定
個々の事業単位ではなく、会社全体からみた、ヒト、モノ、カネ、情報を踏まえて、継続的成長を遂げていくための計画を立てる。計画に際して、経営幹部とのコミュニケーションは必須となる。

(2)経営計画の実行と管理
経営目標の達成に向けて、事業や施策に落とし込み、実行に移す。実際の現場実行は、各部門に割り振り、その進捗を管理する必要がある。そして、各部門からの報告をもとに、目標に照らして見直しや修正をかけていく。

(3)取締役会などの会議の開催
経営幹部や株主などとの会議も運営する。業績、事業状況、新規事業計画の説明やプレゼンテーションなども行う。

(4)M&Aやアライアンス提携
社外との接点も担当範囲でM&Aやアライアンス提携などの契約も手掛ける。

(5)内部統制・コンプライアンス
法律法規を遵守するための社内ルールの制定や、社外に対する広報や情報開示なども行う。

事業自体というより、経営陣とともに、企業を円滑に運営することがミッションとなる。このため、特定の専門分野に秀でたスペシャリストより、ビジネス全般の基礎基盤を備えたゼネラリストのほうが能力を発揮しやすい傾向にある。

経営企画はデータ分析力や戦略立案力を必要とするポジションで、その実務経験は、将来のキャリアパスの選択肢を広げる。
事業会社からコンサルティングファームを目指す場合も、経営企画経験がいきることが多い。また、コンサルティングファームの出身者が、事業会社へ転身する際に、人気のあるポジションでもある。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry