広告代理店

広告代理店とは、各種メディアと広告主の仲介業者である。メディアとは、テレビ、新聞という大型のものから、屋外広告、交通広告、チラシ広告、さらにインターネット媒体としては、バナー、検索エンジン、アドネットワーク、メール、SNSなどがある。広告主は、商品やサービスの広報、企業ブランドの拡散、業績アップなどを狙う企業となる。

広告代理店は、各メディアから枠を購入し、広告主に対して、最適なメディアを紹介、もしくは要望されるメディアへの広告枠の提供、広告の制作や運用のサポートを行う。

広告代理店は、総合広告代理店と専門広告代理店に大別される。
総合の場合は、あらゆるメディア媒体を取り扱っているのが特徴である。広告主の広告効果を最大化させるために、最適なメディアを使い、複数のメディアを連携させるなどの戦略的な企画・提案を行う。
専門広告代理店の場合は、特定のメディアの枠を売る、メディアにとっての代理店的存在となる。当該メディアで最大の広告効果が得られるよう広告主をサポートする。

広告代理店の業務は大きくは、「営業」「メディア」「マーケティング」「制作」に分類される。

営業

広告主からの依頼案件の獲得、依頼を受けた後、広告主と制作部門などとの間に立ち、広告を出すまでの進捗管理を行う。

メディア

メディアの広告枠の選定や購入をして、広告主への提供枠を確保する。メディアとの関係性を築きつつ、新規サービスの開発も行う。

マーケティング

広告主からの依頼案件に対し、最大の成果を出すための市場調査から企画を立案する。

制作

映像、動画、画像、イラスト、コピーライティングなど実際の広告を制作する。ディレクター、デザイナー、ライターなどのチーム体制で進める。

近年、コンサルファームによる広告代理店やクリエーティブエージェンシーの買収が相次いでいる。アメリカではデジタル広告領域の売上ランキングトップ3が全てコンサルティングファームによって占められており、広告ビジネスとコンサルティングビジネスは切っても切り離せない関係になってきていると言える。コンサルファームを受ける際には、これらのトレンドを前提知識として仕入れておく必要があるだろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry