コトラーの戦略ポジショニング

コトラーの戦略ポジショニングとは「競争地位別の戦略」などと訳され、企業の戦略はその企業の市場におけるポジションによって異なるという考え方のことを言う。
アメリカ合衆国の経営学者、フィリップ・コトラー(Philip Kotler)が提唱した。

コトラーの戦略ポジショニングによると、企業のポジションは①マーケットリーダー②チャレンジャー③ニッチャー④フォロワーの4つに分類される。
なおこれらの区分は市場ごとに行われるため、複数事業を持つ企業は、ある市場ではマーケットリーダーだがある市場ではチャレンジャーといったことが起こる。

それぞれのポジションの特徴ととるべき戦略は下記の通り。

① マーケットリーダー

当該市場におけるトップシェア企業(複数企業が僅差でトップシェアを争っている場合、複数のこともある)。
マジョリティ層を含む多数のセグメント(STP分析の項を参照)をターゲットに全面的にビジネスを展開する。
マーケットリーダーは自らが現状優位性を持てている競争のルールが変わらないようにしながら、事業を拡大していく必要がある。
そのため戦略としては、競合による差別化の取り組みを防ぎ(=同質化)つつ、新たな需要を生み出すこと(需要創出)に主眼が置かれる。例えば食料品における食べ方の提案などは需要創出の一例である。

② チャレンジャー

当該市場において、マーケットリーダーと同様の顧客層をターゲットとしながら、マーケットリーダーほどのシェアはない2番手グループの企業。
チャレンジャーは既存の競争ルール下ではマーケットリーダーに勝てないため、トップシェアを目指す上では競争のルールを変化させに行くことが必要になる。
そのため、QCDの面でマーケットリーダーの製品・サービスとは異なる製品・サービスを展開することで、シェアの奪取を狙う(差別化)。

③ ニッチャー

ニッチとは隙間を意味し、ニッチャーとはマーケットリーダーやチャレンジャーがニーズを満たしきれていない一部セグメントに特化してビジネスを行う企業のことを指す。
需要が少ないため販売価格は高くなりやすい一方、競合には真似できないユニークな技術等があることも多く、ニッチセグメントは収益性が高いことが多い。
ニッチャーは参入障壁(参入障壁の項を参照)によって高い収益性や安定的な事業基盤を確保できるため、既存の参入障壁をより高めるような取り組みを行っていく。

④ フォロワー

当該市場におけるシェア下位グループに属する企業。
投入できる資源にも限りがあり逆転が望みづらい上、収益性も低くなりがちである。
フォロワーはまずマーケットリーダーやチャレンジャーを模倣するのが基本的な戦略だが、どこかのタイミングで事業の転換を行い、ニッチャーやチャレンジャーを目指すことが必要である。

コンサルファームを受検される際に課されるケース面接では、「ある企業の戦略を考えよ」という類の問題が出題されることも多い。
その際、多様なフレームワークを使いこなせるかどうかは重要な点である。
同フレームワークの提唱者であるコトラーは、PEST分析や、STP分析など、さまざまなフレームワークを提唱したことで知られており、どれも明確で分かりやすいもののため、ファームを受ける上ではこれらのフレームワークをマスターできている前提で面接に臨んだほうが良いだろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry