BPO

BPO(ビーピーオー)とは、Business Process Outsourcingの略で、企業のある業務プロセスの一部を外部の専門業者に委託(アウトソーシング)することである。
民間企業だけでなく、自治体での活用も増えている。

通常のアウトソーシングと異なる点は、委託する業務内容の範囲である。
BPOの対象となる業務は、通常のアウトソーシングよりも範囲が広くなるのが特徴である。
作業単位であるアウトソーシングに対し、BPOでは経理、人事、総務、営業、ソフトウェア開発、配送などの一連のプロセスを任せられることも少なくない。

業者ごとに請け負う範囲が異なり、各社さまざまなサービスプランを打ち出しているが、企業の意向や方針によって要望範囲に応じる業者もある。

ただし、その企業のコアとなる業務はアウトソースできない(するべきではない)点は留意しておきたい。
あくまで、コア業務以外の労力やコストを削ることで事業効率を高めることに視点を置くものである。

多くのBPO業者がその業務の戦略立案や戦略サポートから携わっている。
この点においても、BPO業者の専門性の高さが企業にとってはメリットとなる。
これにより、それぞれの業務効率の向上だけでなく、業務を戦略的に進めることもできるため、企業全体から見た業績アップが期待できるのである。

企業がBPOを活用する目的は、より優先して行うべき重要業務に注力するためである。
また、BPOを活用する業務を高度な専門性や正確性を持って遂行することや、そのBPO業務に携わる従業員を削減し人件費を抑えつつ、効率的な業務フローを整える効果もある。

社会のニーズや人の流動の変化に伴って、企業には柔軟な経営環境を保つ必要性が高まっている。
注力すべき業務の専門性が常に変化することは、その都度、その業務に対応できる人材を確保しなければならなくなる。
しかし、現実には、ニーズに応じて人を入れ替えすることは不可能である。この問題を解決、低リスク化するのが、BPOである。

BPOは総合系・IT系をはじめとしたコンサルファームの中で重要度の高まっているサービスメニューである。BPOを専門的に取り扱っている部門も存在している。
BPOが重要になってきている背景などをしっかり理解したうえでコンサルファームの面接を受けたほうが無難であろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry