チェンジマネジメント

チェンジマネジメントとは、組織の変革時における効率性を向上させ、成功に導くマネジメント手法のことを指す。
チェンジマネジメントは、リーダー自らが率先して、組織全ての構成員に対して変革の重要性・必要性を普及させ、意識レベルから変化をスタートさせることで、最終的には変革を成功に導く、心理的な要素にも重きを置いたものである。

用例)チェンジマネジメントに有効なフレームワーク

チェンジマネジメントの概念が最初に広まったのは1990年代のアメリカ。
長引く不況を打開するため、多くの企業が改革を行ったが約半数以上が失敗に終わった。
有効な組織改革手法を世間が求めていた時に、チェンジマネジメント理論は誕生したのである。

マサチューセッツ工科大学の元教授マイケル・ハマーが、経営コンサルタントのジェイムズ・チャンピーと共同執筆したリエンジニアリング革命において、チェンジマネジメントを詳細に解説したことで、世界中に普及した。
マイケル・ハマーは、失敗に終わる組織変革の原因は、組織内における変革反対派構成員の心理的問題にあると主張。
組織内には、急速な変化を求めない考えも必ず存在し、変革を推し進めると軋轢や抵抗を生む、改革成功のためには全構成員の容認が必要であり、人的心理を上手く捉えることが大切であると言及した。

バブル崩壊後の日本においても、経営状況が悪化する企業が続出、経営再生を目的にして多くの組織改革が実施した。
しかし、そのほとんどがリストラ、コスト削減など、ハードやシステム面などの構造の解体・変化に特化しており、従業員の満足度は低いものだった。

このような背景を受け、変革の際には経営陣、従業員などの人的要因に比重を置いたタレントマネジメントと併せて実施することの重要性が認識されるようになった。

チェンジマネジメントを行う組織人事系のコンサルファームでは、近年ケース面接を課すファームも増えている。
戦略ファームやシンクタンクで出題されるケース面接と少々異なり、組織変革に関する見識が問われる面があるため、組織人事系ファームを受ける際は、チェンジマネジメントなど組織変革に関連する用語の事前学習は必須と言える。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry