経営理念

経営理念とは、経営者(創業者)が掲げる、自社の経営に対する考えを明文化したものである。
企業を取り巻く顧客、従業員、株主、投資家、ひいては地域を含めた社会などすべてに対して発信されるものである。

企業運営にあたり、もっとも上位に位置する思想的概念となる。何のために存在しているのか、その目的は何か、何を目指すのかなどの価値観や信条が示されたものである。

経営理念を基盤にして、以下のようなものを具体的に示すことができるようになる。

  • 企業の行動指針(クレド)
  • 企業理念(行動や判断の指針)
  • ビジョン(社会からみる企業のあるべき姿・理想像)
  • ミッション(使命・何を果たすのか)
  • 社是・社訓(企業の方針・規範)
  • 経営方針(具体的な方向性)
  • 経営戦略・戦術(具体的な方向性)
  • 事業計画・目標 (具体的な行動プラン、スケジュール)

経営理念の発信により、共感した人が顧客として、投資家として、従業員として集まる。理念の共有によって企業文化ができあがり、良い文化を形成していくほどに企業価値が高まる。関わるすべてのステークホルダーの行動や判断に反映されるものとなる。価値観や能力を発揮できる場所として、人材を確保・定着させることにもつながっていく。

経営判断が必要な際にも、経営理念という軸を指針にすることができる。
また、経営理念というひとつの共通概念の存在は、組織を構成する多数の人々の一体感を醸成する。どれだけ社員数が増えても、それぞれが経営理念に基づく判断ができる。
一貫した対応やサービスが提供できるようになり、さらなる信頼、共感、理解の獲得を可能にする。

経営理念の現場浸透などは、組織人事系ファームのプロジェクトテーマになることが多い。
組織人事系ファームを受ける際には、経営理念が現場に浸透していないがゆえに生じる問題などについて、今一度整理しておきたい。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry