マトリックス組織

マトリックス組織(或いは「マトリクス組織」)とは組織構造の一つで、職能別組織や製品別組織のような、種類の違う二つの組織体制を併存させる(=同列に扱う)組織構造のことを言う。
その際、異なる二種類の組織は互いに独立せず、兼務のスタッフ等を通じて連携する。
マトリックス組織は二つの組織体制のメリットを享受できると同時に、片方の組織が単独で存在する場合のデメリット打ち消すことができるが、一方で指揮命令系統や責任・権限の所在が複雑になるため運用が難しいといわれる。

単一の組織形態(職能別組織、製品別組織、地域別組織、顧客別組織など)の最大の欠点は、各組織の独立性が高まりすぎ、組織間での連携や協業、組織を超えた全社的な観点でのリソース配分の適正化が困難になることなどがあげられる(サイロ化)。
例えば職能別組織の場合、各部門にPL責任がない中で個別最適が進むと、情報共有が進まず全社的な課題の共有も進まないといったことが起こりうる。
製品別組織の場合、お互いの顧客情報の共有などは十分に行われなかった結果、拡販の機会などを捉えそびれ、全社的な観点での機会損失が発生する可能性がある。

こうした状況に対し、PL責任を持つ事業部(=縦串)と、各事業部の連携を担う事業部ないしプロジェクトチーム(=横串)を組み合わせて単一の組織形態の欠点を補おうというのがマトリックス組織の基本的な考え方となる。
例えば、製品別事業部がそれぞれの製品のPLを持ちつつ、特定業界向けに営業から開発までを横串組織で見るといったケースが存在する。
特に日々イノベーションが起こっており、メーカーとサプライヤーの共同開発が一般的な自動車業界向け等に、こうした横串組織を導入することで様々なソリューションを提案しようという動きが起こっている。

前述のとおり、マトリックス組織を運用する際には、権限・責任の所在を明確化すると同時に、縦串組織と横串組織が連携するための仕組みづくりが必要になる。
そのためには一定の権限を持つスタッフやネットワークの広いスタッフを中心に兼務人材に当てていくことが有効といわれる。

尚、総合系と呼ばれるコンサルティングファームはこのようなマトリックス組織となっていることが多い。
主にインダストリー(自動車、小売り、商社、など)とファンクション(組織人事、マーケティング、SCMなど)に分かれている。
このようなファームに応募する際は、すべての組織について把握する必要は無いものの、事前にホームページを確認したり、エージェントに確認したりするなどして、どのようなユニットが存在しているのかを把握しておいたほうが企業に対する理解が進むだろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry