HR

HR(エイチアール)とは、Human(人) Resources(資源)の略で、つまり人材、人事を指す。
企業の人事部門は、「HR Department」となる。
企業にとって「人」は、モノ、カネ、情報などと並ぶ重要資源のひとつである。

企業のHR担当者は、企業の人に関する全般に携わり、組織を向上させる役割を持つ。
採用、人事評価、人材の配置、労務、人材教育・育成、人事戦略・企画などHRの仕事の領域は多岐にわたる。
企業の事業そのものに関する専門知識より、企業の中にある業務の理解、人間の動向や心理に関する知識と高度なコミュニケーションスキルが求められる。

従来の日本では、人事は労務的管理業務という認識が強かった。しかし、社会やビジネスの環境が大きく変化する中、強い組織として存続・成長をしていくためには、これまでの在り方を一掃するような改革や戦略が必要になってきている。
人事関連のすべてにおいて、経営や事業戦略と結び付け、戦略的に行うことが重視されるようになっている。
組織がどのような能力を持つ人材をどのように配置するかが、組織力、ひいては企業の業績や経営自体を大きく左右するものとなる。

ただ、戦略や改革を行っていく視点や能力は、管理的人事業務と比較すると、かなり幅広い知識を要し、難易度が高い。
企業ブランディング(マーケティング)やテクノロジー分野とも関連性も深くなり専門的な知識や分析力、思考プロセスを要する。
海外からの人材の受け入れ、海外拠点での人材雇用なども関わるケースも増えている。

このため、組織人事系のコンサルティングを活用する企業も少なくない。
これにより、現場で実務に携わる社内の人事スタッフのレベルアップも図ることができる。

人事部門の経験を活かして、コンサルティングファームで活躍することも可能である。人事企画経験があれば、事業会社の人事部門から組織人事コンサルファームへ転職される方も珍しくない。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry