ヒエラルキー型組織

ヒエラルキー型組織とは、ピラミッド型の縦型階層構造を持つ組織のことをいう。
経営者などを最高権・指令塔とし、機能、権限、責任などに応じて下層に末広がりする形態である。もとは軍の組織形態が引き継がれたものである。

ある企業の組織形態を例に挙げると、以下のような組織体系となっている。

取締役会
代表取締役
役員・経営陣
⇒経営本部、営業、経理、製造など各部門
⇒各部門の中にある課や事業所
⇒各課・各事業所の中のチーム
⇒チームリーダーの下につくメンバー

これ図式化(下図)すると三角形(ピラミッド)の形になり、大企業に比較的多い形態である。

権限と責任の所在が分かりやすく、役割分担を明確に自覚、共有できる点がメリット。
それが、組織と社員の専門性や業務効率性を高めることにも寄与する。
社員のキャリア形成においても、キャリアステップがわかりやすい。

しかし近年は、このヒエラルキー型組織のデメリットが顕在化している。
上層の意向・意見が優先されるため、下層は常に承認を仰ぐことになり、意思決定に時間がかかる。これは、変化・競争の激しいビジネス社会において、致命的なデメリットとなる。
また、業務範囲がはっきりしている分、その括りが障害となり、視野の狭い、柔軟性にも欠ける組織ができあがりやすい点が指摘されている。

ヒエラルキー型組織の形態は、たとえば、製造業の研究開発⇒製造⇒営業⇒販売など、比較的、事業推進に必要な各フェーズが明確な企業に向いている。

ただし、企業の組織形態の種類は、他にも数多く存在しており、マトリックス組織、プロジェクト型組織、フラット化組織、さらには、まったく階層を持たないホラクラシー型組織なども登場している。
近年では、従来型のヒエラルキー型組織と、それらを組み合わせて、事業や業務の特徴に応じて、よりフィットする組織形態を取り入れていく傾向が強くなっている。

組織人事系ファームをはじめとして、コンサルティングファームの面接では、ヒエラルキー組織の問題点などがディスカッションされることもある。
その場合、上述の通り、デメリットがクローズアップされることが多いものの、ヒエラルキー組織の批判をするだけでなく、「ではどうすればより良い組織運営ができると考えるのか?」という仮説を持ってディスカッションを進める必要がある。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry