SEO

SEO(エスイーオー)とは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳される。Webマーケティングの一種。
(検索エンジンとは、インターネット上に存在するあらゆる情報を検索するためのツールであり、Google、bingに代表されるプログラムである。
※Yahooも以前は独自の検索エンジンを開発していたが、現在はGoogleの検索エンジンを搭載している。)

企業や個人のWEBサイト(企業ホームページやオウンドメディア、ブログなど)やサイト内の各ページが、できるだけ多くの人の目に止まり、長い時間、閲覧されることを目的としたサイト運用の取り組みのことを指す。
インターネット上に存在するWEBサイトやページ数は、もはやカウントが不可能なほどに日々増え続けており、他のサイトやページに埋もれることを防ぐには、Googleをはじめとする検索エンジン上で上位表示されるための取り組みが必要となる。

検索エンジンは、世界中のあらゆるWebサイトを回遊しそのデータベースを作成する。
その膨大なデータベースの中から、ユーザーが検索窓に入力したキーワード(ユーザーの検索意図)に合致すると判断したWebサイトを、検索結果(SERPと呼ばれる)に表示する。
検索エンジンは、検索結果に表示するために、膨大な量の判定基準を持っており、これを「アルゴリズム」と呼ぶ。
Webサイトをこのアルゴリズムに適合させ、検索結果の上位に表示させることを目指ざす施策がSEOである。

SEOアルゴリズムは多岐に渡り、また多くのアルゴリズムが複雑に計算されて検索結果が導き出される。
その中でも、最低条件としてGoogleが掲げているものの一例に以下などがある。

  • 検索者(ユーザー)にとって有効な情報の発信
  • 不正や詐欺まがいの内容ではない
  • 検索キーワードから考えられる目的(ユーザーの検索意図)に一致する

しかしこのランキングは、検索エンジン側の基準のもとに行われるため、必ずしも正しく判定され、ユーザーにとってベストな情報が上位に上がっているとは限らない。

尚、検索エンジンのアルゴリズムの隙をつく手法を俗に「ブラックハットSEO」と呼び、逆に検索エンジンの方向性に従った手法を「ホワイトハットSEO」と呼ぶ。
その他、検索回数が比較的少ないスモールワード(ロングテールワード)を上位表示させ、それらを多く集める「ロングテールSEO」、コンテンツの量とある程度の質をもって上位表示を狙う「コンテンツSEO」など様々な手法が勃興してきた。

SEO対策を行うweb系のコンサルファームが存在するほど、現代におけるSEO対策の重要性は矮小化することができない。
そのようなファームを受ける際は専門的な知見が求められるが、通常の経営コンサルファームであったとしても、ITに関する基礎的な単語としてSEOは必ず押さえておきたい。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry