BI(Business Intelligence)

ビーアイ(以下BI)とは、Business Intelligenceの略で、ビジネス上で蓄積されるデータを、発展的に有効活用できる形に最適化し、そのデータをもとに分析を行い、事業のあらゆるフェーズにおける意思決定を助けるツールのこと。
その効率的な仕組みやその活動のことをBIと呼ぶ場合もある。

基本的には、蓄積したデータの収集と統合、集計、分析、加工(ビジュアル化)などの機能を備えているが、多種多様なBIツールがあり、それぞれのツールごとに可能なことや表示方法は異なる。

具体的には、営業活動、経営分析、顧客分析、マーケット分析、生産管理、在庫管理などのシーンでもよく活用されている。
精度の高い分析結果が活動におけるスピーディーな意思決定や判断をサポートしている。

たとえば、各部署のデータを自動的、かつリアルタイムに集計し、さらに表やグラフ、チャートの形式で見られるようになる。
従業員の活動データが蓄積されれば、フローの中のあるステップが完了した段階で、次のアクションとしてベストと判断された内容を提案させることもできる。
これは、経営層や管理職だけでなく、業務の最前線で活動する従業員も含めた企業全体の業務効率と業務能力をアップさせることにつながっている。

BIツールを導入することのメリットとして以下が挙げられる。

  • 社内に散在するデータを活用できる
  • 各部署のデータを自動的、かつリアルタイムに集計し、表やグラフ、チャートなど可視化された形式で見られるようになる
  • 問題を早期発見して迅速な対応を取ることができる
  • レポートを作成する工数を削減することができる
  • 一方で、BI導入失敗の話も少なくない。どのような目的でBIツールを導入するのか、分析するための必要なデータは揃っているかなど、留意しなければならない点が数多く存在する。

    特に総合系、IT系コンサルファームを中心に、BIツールを企業に導入するコンサルタントの需要は増している。
    こうしたファームに限らず、あらゆる企業においてBI活用の重要性が高まっていることから、BIとは何かを知らずにコンサルタントになることは難しい時代になってきていると言えるだろう。

    用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry