JCG JCG Co.,Ltd.

 企業について

株式会社JCGは「遊び以上のゲームを、みんなで。」を企業理念に、eスポーツのオンライン大会プラットフォームを提供する日本最大のeスポーツプロバイダーである。
同社が手掛けるeスポーツ大会の組成・運営数は1000回超に及び、年間参加者数は延べ29.2万人、大会動画の年間総再生数は3500万回を誇っている(2020年実績)。

同社は、eスポーツ黎明期より、eスポーツのコミュニティイベント運営などを手掛ける老舗企業である。
大会管理のためのクラウドシステムや配信スタジオ等の環境・インフラ、企画制作/技術面の人材を幅広く自社内に揃えることで、顧客に対し一気通貫のサービスを提供できる確かなノウハウを持っている。

コロナ渦において、外出自粛が求められる中、時間や場所といった環境の制約が少なく、オンライン上で様々なユーザーとコミュニケーションが取れるeスポーツは認知度を急拡大してきており、同社の事業の成長性に高い注目が集まっている。

昨今では、eスポーツを基点として他のビジネスを融合し、新しいサービスを創造したい企業からの相談も増加、需要に対応すべく優秀な人材の採用に注力している。

社員は20代後半が多く、ゲーム好きが多く在籍している。
転職者の出身業界は多種多様ながらも、なにかしらゲームに関わることを前職でしていた社員が多く、そういった人材は会社に非常に馴染みやすい環境といえる。

電通や博報堂、NTTドコモをはじめとした国内大手企業を主要取引先としつつ、2021年5月にはシリーズBの資金調達も完了し、領域の第一人者として更なる成長が期待されている。

株式会社JCG
JCG Co.,Ltd.
  • 代表者
    松本 順一
  • 設立
    2017年5月
  • 所在地
    東京都品川区東五反田4-7-20 相生ビル 4F

JCGの理念

遊び以上のゲームを、みんなで。

eスポーツ。それは、真剣にゲームをするときの興奮。
悔しさ。挑戦。駆け引き。一瞬のプレーをわかちあう仲間とのつながり。
夢中になってするゲームには、きっと遊び以上の何かがあります。
昔からゲームが好きな人はもちろん、今日はじめてふれる人も。大会に出る人も、観戦する人も。
みんなが夢中になれるシーンを、みんなと一緒につくっていきたい。そう考える私たちです。

https://www.jcg.co.jp/about/より引用

JCGの沿革

2013年
同社代表によりeスポーツのコミュニティイベント運営をスタート
2017年
eスポーツに特化した企業として株式会社JCGを創業
2020年
5.7億円の資金調達を完了
2021年
総額5億円の資金調達を完了(累計調達額10.7億円)

JCGのサービス

eスポーツ関連事業の企画運営として以下のサービスを展開

  • ゲーミング大会サイト「JCG」の運営管理
  • eスポーツ大会企画・運営
  • eスポーツを通じたマーケティング活動の企画支援

JCGが求める人材

顧客にとっての最高のエンターテイメントを提供するために、全体最適な観点で職務にあたることができること、完成度の高いサービスを創造することにこだわりとやりがいを持つ人物であることが求められる。

また、マーケットインの観点から需要のあるサービスを創造できること、新しいビジネスを生み育てたいという志向をもつ人物が歓迎される。

JCGのトレーニング

知識向上に必要な教材の購入費や外部セミナー参加費を会社で補助するなど、社員のスキル向上に積極的に予算を投じている。
柔軟な企画運営及びサービス向上のため、一人で何役もこなせるオールラウンダー型の人材育成にも注力している。

JCGの社員の声

eスポーツのビジネスに関する様々なことを包括的に経験できる環境は、他にはあまりない同社の特徴のひとつである。

JCGは、単にゲーム大会を実施できる制作部門や、機材に詳しい技術部門があるわけではなく、技術と演出が一体となったイベントや番組づくりを、ワンストップで提案・実施できることが強みだと考えています。

https://www.jcg.co.jp/about/より引用

主体的に学び、成長することを楽しめる人にとってやりがいをもって仕事に取り組める環境が整っていることが窺える。

昨日より今日のほうが成長しており、今日より明日のほうがもっと楽しいことができる可能性のある社風だと感じています。

https://www.jcg.co.jp/about/より引用

優れた技術と情熱をもつ優秀な仲間の中、会社の成長過程を肌で感じながら、一緒に成長できるスタートアップ特有の環境に魅力を感じる社員も多い。

私が入社してから8か月経ちますが、その間に人も機材も仕事も凄く増えましたし、常に変化し続けるような会社で、ベンチャーの雰囲気を身体で感じられる会社だと思っています。

https://www.jcg.co.jp/about/より引用

こだわりと熱意を持ったスタッフがいる、人々に興奮や感動を伝えることの出来る会社

https://www.jcg.co.jp/about/より引用

緊張感がありながらも若い時から挑戦させてくれる職場

https://www.jcg.co.jp/about/より引用

事業会社の求人情報Recruit

2022.07.06

事業開発

事業開発

有力ヘルステックベンチャー企業で事業開発募集 [020014]

会社概要
オンライン診療サービスやデジタルセラピューティクスサービスを手掛ける注目のヘルステックベンチャー企業。 医療、IT、ビジネスなど各分野のプロフェッショナルが集い、日本の社会課題の一つである、医療に切り込む注目企業です。
募集ポジション
事業開発(コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス)
年収
600万円~1100万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる 未経験可 注目

2023.01.02

AIビジネスコンサルタント(シニアマネジャー)

AIビジネスコンサルタント(シニアマネジャー)

上場AI企業にてAIビジネスコンサルタントを募集 [018920]

会社概要
AI革命を起こすことを標榜する上場企業。 機械学習・深層学習によるAI関連手法を固有のコア技術とし、様々な課題を解決するAIを各産業に提供しています。
募集ポジション
AIビジネスコンサルタント(シニアマネジャー)(マネージャー・管理職クラス)
年収
1100万円~1400万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる ワークライフバランスが良い 注目

2023.01.03

AIコンサルタント

AIコンサルタント

AIで社会課題解決を行うスタートアップにてAIコンサルタントを募集 [017200]

会社概要
最先端技術を扱うスタートアップ企業。 高齢社会などの日本が抱える様々な社会課題に対し、AIやPlatFormの提供を通じた解決をミッションに掲げています。
募集ポジション
AIコンサルタント(コンサルタント・中堅クラス)
年収
500万円~1200万円程度 ※別途ストックオプションを付与
ポストコンサル 社会に貢献できる 未経験可 注目

2022.11.20

ロボットAI事業 事業開発責任者候補

ロボットAI事業 事業開発責任者候補

AIを用いた社会課題解決に携わるスタートアップにてロボットAI事業開発責任者候補募集 [11665]

会社概要
最先端技術を扱うスタートアップ企業。 超高齢社会などの日本が抱える様々な社会課題に対し、AIの教育やPlatFormの提供を通じた解決をミッションに掲げています。
募集ポジション
ロボットAI事業 事業開発責任者候補(マネージャー・管理職クラス / パートナー・経営幹部クラス)
年収
500万円~1200万円程度 (ポテンシャル:500万円~700万円程度/即戦力:700万円~1200万円程度)
ポストコンサル 社会に貢献できる 研修が充実 注目

2022.11.02

新規事業開発

新規事業開発

ドローンソフトウェアスタートアップにて新規事業開発募集 [14808]

会社概要
テクノロジーの社会実装による社会課題解決を標榜する注目のスタートアップ。 ドローン×建設等での実績を基に、既存巨大産業に先端テクノロジー(ドローン、AI、IOT、xRなど)によるイノベーションを起こすことを目指しています。
募集ポジション
新規事業開発(ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス)
年収
【400万円~1000万円程度】第二新卒:400万円程度/ メンバー:500万円程度 / リーダー:600万円程度 / マネージャー・部長:700万円~800万円程度 / 事業部長・執行役員:1000万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる 注目

2022.11.06

事業リーダー候補

事業リーダー候補

AIで社会課題解決を行うスタートアップにて社長直下の事業リーダー候補募集 [9411]

会社概要
最先端技術を扱うスタートアップ企業。 高齢社会などの日本が抱える様々な社会課題に対し、AIの教育やPlatFormの提供を通じた解決をミッションに掲げています。
募集ポジション
事業リーダー候補(マネージャー・管理職クラス)
年収
600万円~2000万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる グローバルに活躍 注目
求人一覧へ

インタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column