要件定義

要件定義とは、発注者の望む機能や仕様などをまとめたもの、または一連の作業自体を指し、開発作業開始前に行うべき重要なプロセスである。主に情報システム、ソフトウェア開発、スマホアプリ、WEBサイト構築など、ITの世界において用いられる専門用語。

例えば、システム開発プロジェクトをいくつかの工程に区分すると、要件定義、設計、製造、テストの流れで行われるが一般的である。失敗するシステム開発プロジェクトの大半は、要件定義が不十分であることにあるとも言われ、要件定義はプロジェクトの成否に大きな影響を与える。

要件定義を成功させるためには、まずゴール設定が必要である。ゴール設定は要求定義とも呼ばれる。発注側が、どのようなシステムが必要なのか、システムを用いて何をしたいのか、目指すものは何なのかなどの目的、つまり要求の定義を行う。要求定義書を基に、技術、コスト、期間面などを考慮した上で実現可能なシステムの仕様を定義し、発注側と協議、合意した後に開発を開始する。

つまり、システム開発を成功させるためには要件定義が重要になり、要件定義を成功させるためには、要求定義が必要になるということである。

なお、システム開発で用いられることが多い手法にウォーターフォール開発とアジャイルソフトウェア開発がある。前者は要件定義を細かく行うことに重点をおき、後者はその特徴であるイテレーション単位の短さから、実際のテストを重要視することから、要件定義に対する考えは異なる。

上述の通り、要件定義の甘さがそのままプロジェクトの失敗につながることもあり、特に大規模開発などにおいては、コンサルティングファームが要件定義の支援を行っていることも多い。そのため、コンサルティングファームの面接を受けるにあたっては、要件定義がどういったものであるのか、システム開発がどのような流れで進んでいくのか、といったことに関してイメージできるように事前準備をしておくことが望まれる。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry