インフラ構築

インフラ構築とは、主にIT分野において、特定のシステムを稼働させるためにコンピュータやネットワークの環境の基盤を作り上げることを指す。
英語ではInfrastructure Construction。

インフラとは、インフラストラクチャー(Infrastructure)のことで、経済活動を営むうえで不可欠な基盤を意味する。
様々なモノを対象にして活用される言葉であり、たとえば、社会インフラ、交通インフラなどもある。社会インフラ(人の生活の基盤)としては、水道・ガス・電気などの環境を指す。

ITインフラ構築では、ハードウェアとソフトウェアの環境を整える必要がある。
ハードウェアとしては、パソコン、サーバ、ストレージ、ネットワーク、テープなどがある。ソフトウェアとしては、OSやミドルウェアが基盤要素となる。

ITインフラ構築にあたっては、自社で必要なシステムを構築する場合と、アウトソーシングによって構築する方法がある。
また、それぞれのシステムの導入形態としては、自社サーバに構築するものと、クラウド上に構築、もしくはクラウド上で、すでにできあがったシステムを活用できるものもある。

これらの業務に携わる職種をインフラエンジニアという。
インフラエンジニアは、ITインフラの設計、構築、テストを経て導入、運用、モニタリングやメンテナンスまでを担う。
広範囲の業務となることから、サーバエンジニア、ネットワークエンジニアと工程が分けられていることもあり、キャリアパスとしては互換性が高い。
また、キャリアを積めば、インフラ構築チームを統括するプロジェクトマネージャーへの道も開ける。

使用する機器、ネットワークやサーバに関する専門知識やスキルが必要となる。
また、インフラ構築をする依頼者のニーズや要望に応えるための応用的な知識の幅がモノを言う職種である。
高度な専門性を要する業務となるが、依頼者とのコミュニケーションにおいては、その知識を素人にも理解できるようわかりやすく説明する能力も重要となってくる。

ITコンサルファームなどでは、インフラ構築に対するサポートを行っている企業も多い。
SEやプログラマー出身で、ITコンサルタントを目指す場合、ハードおよびソフトウェアに対する広範な知識が求められるが、インフラも例外ではない。ITコンサルタントと一緒に働いたことがある、というのがベストではあるが、その経験がない場合、コンサルタントがクライアント企業とどのように関わっているのか、プロジェクトのスコープはどのようなものなのか、ということについて大まかな知識を持っていたほうが良いだろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry