フーディソン foodison, Inc.

 企業について

株式会社フーディソンは「世界の食をもっと楽しく」をミッションに、食の領域に変革をもたらす事業を創発しているベンチャー企業である。
これまで、アナログな状況で停滞していた生鮮流通業界にIT技術を導入し、業界における人と食両面の流動性を活性化させるプラットフォームを構築、包括的な事業展開を行っている。
SNSをはじめとした若者受けするマーケティング施策の活用を特長のひとつとし、オンラインとオフライン両面で「身近に魚に触れる機会」を提供。これにより食における魚の需要拡大を後押し、生鮮流通業界の発展に寄与している。

なかでも、サプライヤーと飲食店を結びつけるプラットフォーム「魚ポチ(飲食店専用の鮮魚・生鮮品の仕入れサイト)」の総顧客数は20,000店を超え、日々2,000種類以上の鮮魚・水産品を販売(2021年6月現在)する程に成長している。
また個人向けには「sakana bacca」というブランドの鮮魚専門店を7店舗、「perrot」ブランドでこだわりの生鮮食品を中心に販売するネットスーパーを運営している。
さらに関連事業として、飲食店・食品小売店など飲食業界に特化した人材紹介サービス「フード人材バンク」も展開している。

参入の難しいと言われる水産業だが、豊洲市場水産部での競売への参加資格取得を皮切りに、よりいっそうの「食全体に最適化されたプラットフォーム」の構築を標榜する。

また、同社は、2013年の創業以来、売上は年平均500%以上の成長を記録、従業員も100人を超える急成長企業であり、VC等から10億円のファイナンスを行うなど高い注目を集めている。
SMS創業メンバーの一人である山本徹氏が創業者兼代表を務め、SMS創業者の諸藤 周平氏、M3社長の谷村 格氏(ともに社外取締役)がなど、有名起業家が参画していることでも知られる。

株式会社フーディソン
foodison, Inc.
  • 代表者
    山本 徹
  • 設立
    2013年4月1日
  • 所在地
    東京都中央区勝どき3-3-7 ケンメディアビル5階

理念

ミッション

世界の食をもっと楽しく

ビジョン

生鮮流通に新しい循環を

バリュー

– Think Big – 型を破ろう
挑戦する気持ちを忘れず、社会に変化を起こそう

– Full Commitment – 全力でコミットしよう
情熱を持ち、高い当事者意識でやりきろう

– Team Means More – チームでやろう
多様性を活かして、最高の仕事を生み出そう

– With Integrity – 誠実であろう
自分を見つめ、いつも人に誇れる行動をしよう

https://foodison.jp/about-us/より引用

沿革

2013年4月
山本 徹氏により株式会社フーディソンを設立
2014年3月
「魚ポチ」を飲食店向け生鮮食品仕入ECとしてスタート
2014年12月
鮮魚小売店の「sakana bacca」の一号店を設立
2015年10月
100%子会社として株式会社フーディソン大田を設立
2017年4月
飲食業界特化の人材紹介サービス「フード人材バンク」サービス開始
2020年8月
こだわり生鮮食品を扱うネットスーパー「perrot」サービスを開始
2021年2月
豊洲市場水産部での競売への参加資格を取得

サービス

生鮮流通事業において以下のサービスを展開

  • 魚屋『sakana bacca』の運営
  • 飲食店向けの生鮮品仕入ECサービス『魚ポチ』の運営
  • フード業界に特化した人材紹介サービス『フード人材バンク』の運営
  • ネットスーパー『perrot』の運営

求める人材

定期的な1on1ミーティング等によりマネージャーと相談の上、実績や能力に応じて柔軟に管理職や専門職等にキャリアを積むことが可能。

トレーニング

学習用の書籍購⼊やセミナー受講費用及び資格受験の費用を会社にて補助。

採用後に店舗やロジスティクス部門、カスタマーサービス部門で実地研修を行い事業の全体像をつかみ、その後に採用された各部署に配属となる。
配属後はメンター制度といった先輩社員によるマンツーマン指導によるOJTで手厚く指導を実施。
未経験でも安心して職務を覚えることができる環境を整備している。

また同社では、フレックスタイム制やリモートワークの導入など、従業員一人ひとりにあった働きやすい組織体制構築にも注力しており、ベンチャー企業特有の組織の柔軟性と風通しの良さも魅力のひとつである。

社員の声

常に生じる課題や事業の変化の中でPDCAを回すことや課題を突破する醍醐味、フラットな組織での意思決定の速さや成長への支援など、ベンチャー企業ならではの魅力を感じている社員の声を紹介する。

フーディソンはまだまだ発展途上です。一度改善しても、まだ改善すべきところがあったり、もう一回考え直さなければならないことが発生したり、次から次へと課題が発生します。だからこそその変化を楽しめたり、自ら考え行動できる人が活躍していると思います。

https://foodison.jp/recruit/matsumoto/より引用

これはチームというより会社全体にもいえることなのですが、フーディソンってとてもフラットな組織だと思っています。いろいろな年代の人がいるけれど縦割り感がないんですよね。トップダウンでないから意思決定も早い。スピード感をもって業務を進めることができています。

https://foodison.jp/recruit/matsutani/より引用

あとはやっぱり成長性ですね。とにかくチャレンジできる環境が整っています。自分がこれをやりたい!っていう思いに周囲が親身になってくれる環境があります。困ったときは手を差し伸べてくれる、フーディソンはそんな組織です。成長したいっていう人は安心して飛び込んできてほしいです。

https://foodison.jp/recruit/matsutani/より引用

鮮魚を流通させることの難しさや改善すべき非効率な業務など、入社して初めて見えてきた課題はたくさんあります。日々何かを解決したくてウズウズしているエンジニアという人種にとって、こんなにワクワクできる環境はなかなか無いかと思います。これからよりいっそうギアを上げて新しいことに挑戦していきたいです。

https://foodison.jp/recruit/matoba/より引用

事業会社の求人情報Recruit

求人一覧へ

インタビューInterview

セミナー情報Seminar

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

転職コラムColumn

コラム一覧へ