フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、WEBコンテンツ制作にあたり、ユーザーの目に触れる部分の構築、実装、カスタマイズを行うITエンジニア職のひとつである。
もともとWEBデザイナーなどが行っていた業務だが、IT技術の拡大、多様化により区分された新しいポジションである。

フロントエンドエンジニアがよく使う言語は、JavaScript、HTML、CSS、PHPなどである。
これらの言語を用いて、WEBサイト、CMS、アプリを構築、実装する。
クライアント要件を基に、デザイナーがデザインするものを、サイトやシステム、もしくはアプリとして実際に再現する。
使いやすいインターフェース、レスポンシブ対応、連携可能なAPIの実装、提案、SEOへの考慮なども仕事の範囲に含まれる。

このフロントエンドに対して、バックエンドエンジニアがいる。
バックエンドとは、いわゆるサーバーにあたる部分の設計・構築を行う。フロントエンド要素からの指令(入力やクリック)によって、動いていくサーバー側のデータ管理や保守を担う。ユーザーからは見えない部分である。

フロントエンドエンジニアは、コーダーやマークアップエンジニアと比べてより高レベルなプログラミングスキルが必要となる。
加えて、サーバー側の知識やチーム開発におけるノウハウなど求められるスキルが広がる。

それぞれに業務内容の特徴はあるものの、企業によって、同じポジション名でも業務範囲が異なることが多い。
特に中小企業やベンチャーなどの場合は、兼務するエンジニアも少なくない。委託契約や転職の際には、細かな点までの確認が必要となる。

フロントエンドエンジニアのキャリアステップとしては、ITやWEB業界での自分の方向性によって分かれる。
対応できる範囲を広げるという意味では、多職種、他業種のビジネス知識を増やしていくのも有効である。
プログラミングをさらに極めたいのであれば、バックエンドにも対応するスキルを身に付けるという方法もある。将来性があり、高い需要が続くことが見込まれている職種である。

フロントエンドは、UI(ユーザインターフェース)にかかわることも多い。
現代では、UIの優れたサイトが集客上有利なことから、独自の分析手法を用いて効果的なUIを提案するコンサルファームなども存在する。
現代のマーケティングを行う上で、フロントエンドエンジニアが扱う領域は非常に重要なため、「コンサルファームを受ける自分は関係ない」と思わずに、基礎的な知識は習得しておくと良いと言える。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry