デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、集積するさまざまなデータを活用し、電子デバイスやインターネットを用いて商品の購入やサービス利用につなげるまでのマーケティング活動のことを指す。

世界的なIT技術の発展によるビジネスのグローバル化、消費者やユーザーとなる世界の人々のパソコンやスマートフォンの使用率上昇から、現代企業の利益創出には欠かせない要素となっている。

WEBサイト、SNS、アプリなど、インターネット媒体を通して蓄積されるデータが活用される。
WEBサイトの作成やアプリの開発なども、デジタルマーケティングを行っていくための一要素となるが、その作成や活用自体がデジタルマーケティングというわけではない。

それらの利用状況や反響、購買状況、アクセス数や閲覧状況などのデータを集め、消費者の行動から心理までの動向を捉えていく。
それらのデータをもとに分析・検証を行い、自社や自社商品の認知度や売上向上に向けた戦略を立て、迅速に実行していく。
この一連の活動がデジタルマーケティングである。

そのための施策として、WEB上でさまざまなコンテンツやツールを連動させていくこともある。
インターネット上の媒体をうまく活用し、「タイミングよく」各タ―ゲットとの接点を創出することが重要である。
ITの専門知識や最新情報が必要になることから、デジタルマーケティングのコンサルティングやアウトソーシングも増えている。

人々のニーズは刻々と変わっていくため、そのニーズをとらえられるよう即座に対応しなければ、顧客を得ることが難しくなっている。
デジタル技術の発展が、それらの情報のキャッチアップを助けているのである。

AI技術も加わり、膨大なデータからの分析結果も即座に手に入るため、マーケティングプロセスのPDCAサイクルを迅速に回すことができる。
この環境がデジタルマーケティングの浸透・進化をさらに加速させている。

上述の通り、企業活動においてデジタルマーケティングは非常に重要になってきていることから、戦略系・総合系をはじめとして、各コンサルファームの提供メニューにおいてもデジタルマーケティングはますます重要性が高くなっている。
今後コンサルタントとして企業のマーケティングをサポートするのであれば、デジタルマーケティングは避けては通れない。
デジタルマーケティングに関する本をまずは一冊通読してみるなど、事前準備を怠ってはならないテーマと言える。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry