バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアとは、WEBサイトなどWEB上のコンテンツ制作にあたり、ユーザーの目に触れない部分を扱うITエンジニアの職種の一つである。

WEBサイトの内側の動きに関わるデータベースやサーバーの処理、それらに関わる基幹システムの要件定義や設計・開発などを行う。
サーバー側の処理を担うことから、サーバーサイドエンジニアと言われることもある。

バックエンドエンジニアがコーディングで扱う言語は、コンパイラ型言語とインタプリタ型言語に分類される。いずれもフロントエンドエンジニアとは異なる。

コンパイラ型言語には、Java、C、C++などがある。
インタプリタ型言語としては、Perl、PHP、Ruby、Pythonなどが挙げられる。
また、それぞれの言語には効率化を図るためのフレームワークも生まれており、フレームワークを活用するスキルがあれば作業効率も高まる。

業務の位置づけとしては、バックエンドエンジニアが用意するサーバーの基盤システムの上に、フロントエンドエンジニアが顧客の依頼に沿って、見える部分のシステムを構築する。
フロントサイドのプログラミングとの連携も必要となることから、フロントエンドエンジニアが主に扱うjavascriptやhtmlなどの言語知識も必要となる。
新たな言語、最新情報やスキルのキャッチアップも欠かせない専門職種である。

企業や案件の規模によっては、フロントエンドとバックエンドを兼任するケースも多い。
社会のインターネット使用率の増加により、ユーザーの利便性の重要性はさらに高くなっている。その状況を受け、フロントエンド領域でも、バックエンド領域を意識した開発が欠かせなくなってきている。

このことから、両方の知識・スキルと経験があれば、この先も伸びると予測されているWEB制作の分野でキャリアを築く際のアドバンテージとなる。

コンサルタントを目指す場合にプログラミングが出来る必要はないが、IT分野の案件が重要となってきているなか、フロントエンドとバックエンドの違いなど、基本的なシステムの構造は理解しておくに越したとことはないであろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry