リテイナーフィー

リテイナーフィーとは、M&Aに際し、仲介業者やアドバイザリーを活用する場合、M&Aのプロセス上の業務やサービスに対して支払う料金を指す。
一か月単位など、一定期間ごとの料金体系が一般的である。

M&Aは、業績不振が続いている企業の救済策として行われるだけではない。
近年では、市場における競争力の向上や、一体化によって開発力や技術力を高め、新たな価値を生み出すというポジティブな意図による実施も増えている。

M&Aにかかる業務は、法務、労務、人事、税務、財務・会計など高度で詳細な専門知識を要する。
市場をグローバルに広げるために、海外企業をM&Aの相手とすることも多い。そうなると、各国の法律や規制など内容はさらに複雑さを増す。

M&Aの仲介業者やアドバイザリーの料金体系は、各社で異なってくる。
支払う料金の種類には以下のようなものがあり、リテイナーフィーもそのひとつである。
実際には業者によって、発生/不要の設定があるため、仲介業者やアドバイザリーを活用する際には注意すべき点である。

【相談料】
M&Aサービス市場の競争も激しくなり、無料としているところも多い

【着手金】
依頼発生時に支払う料金。M&Aが成功に至らない場合も発生し、多くの場合返金はない。不要とする業者も増えている。

【企業価値算定料(デューデリジェンス費用)】
M&Aの相手企業について調査し、その査定にかかる費用。
ビジネス、財務、人事などさまざまな角度から相手企業の価値を確認できるが、調査要素が増えるほど費用は嵩む。

【リテイナーフィー】
定額で一定期間ごとに顧問料として支払う費用。

【中間報酬(マイルストーンフィー)】
マッチング後に相手企業とミーティングに至ったときや、双方で基本合意が得られたときなど、中間で発生する費用。
費用発生の中間ポイントや金額は契約ごとに異なる。
また、成約に至った場合は、成功報酬に含まれる場合もある。

【成功報酬】
ほぼすべての仲介業者が設定している費用。
業者によっては、この成功報酬のみの料金体系を取っているところもある。

戦略ファームやFAS系のコンサルファームを受ける場合、それらではM&Aに関連するプロジェクトも多いため、M&Aに関する基本的な知識はしっかりと押さえたうえで受検したい。
リテイナーフィーという用語そのものをきっちり暗記しておくというより、どのようにM&Aのフィーが生じるのか、といったプロセスについて理解しておく必要があるだろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry