カーライル・グループThe Carlyle Group

 企業について

圧倒的な専門知識の深さを誇る、世界最大級の投資会社

カーライル・グループ(以下、カーライル)は、世界最大級のプライベート・エクイティ投資会社。ウィリアム・E・コンウェイ ジュニア、ダニエル・A・ダニエロ、デイビッド・M・ルーベンシュタインにより1987年に設立された。
社名の由来はニューヨーク市セントラルパーク付近の高級ホテルThe Carlyle Hotelである。

本拠はアメリカ合衆国 ワシントンD.C.。
2014年現在、北米、南米、欧州、中東、北アフリカ、サブサハラ(サハラ以南)アフリカ、日本、アジア、オーストラリアなど21か国に34の拠点と、1400名以上の投資プロフェッショナルを擁し、世界74カ国、1550名以上の投資家(富裕層個人投資家、企業、公的・民間年金基金から、政府系ファンド、組合にまで及ぶ)のために資産価値の最大化を目指している。

事業区分はコーポレート・プライベート・エクイティ、リアルアセット 、グローバル・マーケット・ストラテジー、グローバルソリューションの4つ。
2014年現在、118のファンドと81のファンド・オブ・ファンズにより1800億ドル以上を運用しており、全世界で200以上の企業に投資、700件近くの実績を持つ。

カーライルの特徴のひとつに各業界への専門知識に基づく投資がある。

浅く広い知見よりも深い専門性を重視し、深い知見を有するセクターに投資を行うことが同社の強みであるが、その専門セクターは広範で、航空宇宙、防衛・行政サービス、消費財・小売、エネルギー・電力、金融サービス、ヘルスケア、製造業、インフラ、不動産、テクノロジー・ビジネスサービス、通信・メディア、運輸と多岐に渡る。

日本でのカーライル

2000年に日本オフィスを開設。外資系プライベート・エクイティであるにもかかわらず、社員はすべて日本人という珍しい構成で、日本流スタイルで投資を行うのが日本拠点の特徴である。バイアウトと不動産投資をメイン事業としており、同社が運営する対日投資ファンドの機関投資家は、日本の銀行、保険会社、年金基金、政府系機関などで構成されている。

カーライル・グループ
The Carlyle Group
  • 代表者
    山田 和広
  • 設立
    2000年(日本法人設立)
  • 所在地
    東京都千代田区丸の内1-5-1
    新丸の内ビルディング35階

理念

カーライルの理念を以下に引く。

カーライルの目的

最適な投資を行い、価値を最大化します

カーライルの使命

高い投資収益還元を実現します
投資家の皆様の信頼と辛抱を得られるよう尽力します
人材の高い水準を維持します
信念をもって業界リーダーシップを発揮します
責任感を持ち尊敬される国際社会の一員をなることを目指します

カーライルの価値

SERVICE

投資家の皆様の利益のために行動します

INTEGRITY

最高基準の職業倫理、プロ意識、守秘義務を保持します

QUALITY

最高レベルの投資活動とサービスを投資家の皆様に提供します

STEWARDSHIP

投資家の皆様の資金を、リスクとリターンのバランスを保ちながら、責任を持って運営します

ACCOUNTABILITY

個々人が責任をもって、コミットメントを実現します

TEAMWORK

“ONE CARLYLE”の精神の下、相互に協力します

RESPECT

互いを尊重し、各自の成長を後押しし、個人による貢献を重視します

CITIZENSHIP

共生する地域社会の一員として、責任を負います

ENTREPRENEURSHIP

想像力に満ちた発想と構想により他社と一線を画します

DETERMINATION

カーライルの事業があらゆる面で成功するよう、決意表明します

http://www.carlyle.com/ja/about-carlyle/purpose-mission-valuesより引用

沿革

1987年
創立
2012年
国際的なビジネスコンサルティングパートナーシップ「Cordence Worldwide」と提携

日本におけるバイアウトの実績

2003年
産業機械大手のキトーを株式公開買い付け(TOB)によりMBO(マネジメント・バイアウト)
→非上場化による海外展開の推進など戦略転換を行い、2007年東京証券取引所第1部へ再上場へと導く。2011年には全保有株を売却し、資本関係を解消。
2004年
大手通信事業者ウィルコムを2200億円で買収。
→会社更生法を適用、ソフトバンク傘下で2013年7月に経営再建。ソフトバンク連結子会社となった後に、イー・アクセスと合併。ワイモバイル株式会社となる。
2005年
医療用カプセルメーカー シオノギクオリカプス(現:クオリカプス)を買収。親会社の塩野義製薬から切り離し。
→2013年 三菱ケミカルホールディングスが558億円でクオリカプスの全株式を取得、子会社化。
2006年
東芝セラミックス(現:コバレントマテリアル(株))を MBOにより株式非公開化、親会社の東芝から切り離し独立。
2008年
チムニー (居酒屋チェーン)のMBOによる親会社米久より独立を支援。
→2012年東証2部再上場、2013年にイオン(旧ジャスコ)の関連会社である酒類専門店チェーンやまやがチムニーに対するTOB(株式公開買い付け)実施を発表。
カーライルがこれに応じ、やまやの子会社となる。

サービス

以下の4つの事業区分への投資

コーポレート・プライベート・エクイティ

バイアウト、グロース・キャピタル

リアルアセット

不動産、インフラ、エネルギー・再生可能資源

グローバル・マーケット・ストラテジー

再生案件、コーポレートメザニン、エネルギーメザニン、ヘッジファンド、ストラクチャード・クレジット

グローバルソリューション

プライベート・エクイティ・ファンド・オブ・ファンズプログラムおよび関連する共同投資、セカンダリー市場への投資活動

求める人物像

カーライルでは、毎年グローバルニーズを先読みし、市場が必要とするであろう人数のアソシエイトやシニア・アソシエイトを採用している。
アソシエイトとしては、GPA(Grade Point Average)で好成績を残して学士号を取得した人、または少なくとも2年の投資コンサルタントとしての経歴を持つような人が求められている。
シニア・アソシエイトとしては、MBAを持ち、少なくとも3~4年のプライベートエクイティや投資銀行での実務経験を持つ人が求められている。
また、人物面では、経営陣、弁護士や会計士などの専門家、投資先と信頼関係を築ける人間性が必要とされるため、相応のコミュニケーション能力も求められる。
ビジネスの本質を見る目を重要視している点では、投資銀行やコンサルティングファームでの経験を持つ人がが有利であるともされる。
さらに、投資期間が数年単位となる場合が多く、相手企業と付き合う時間が長いことから、体力も重視されている。

トレーニング

カーライルでは、2年間のアソシエイトプログラムを用意している。

プロボノ

カーライルでは、優良な企業市民であることが、よいビジネスを実践することとつながっており、それによって投資家への長期的な価値創出が可能になると考えている。そのためグローバルにおけるさまざまな企業市民活動を行っている。

One Community

カーライルの従業員が1年に2日、各自の居住地、勤務地、投資地域にてボランティア活動を行うプログラムを実施

Wealth Sharing Program

カーライルの従業員が教育機関や社会貢献活動を行う組織へ寄付した際、同社が毎年最高2000米ドルまでを同額拠出し、サポートするプログラムを準備している。

Global Volunteer Month

2012年9月には、ワシントンD.C.、ニューヨーク、ロンドン、北京、香港にて街のクリーンアップやホームレスへの食糧支援、恵まれない子どもたちへの資金支援などを行った。

その他、

  • 中国への食糧支援
  • 韓国やシドニーでのエネルギー消費量の削減
  • なども行っている。

    金融機関の求人情報Recruit

    求人一覧へ

    金融機関のインタビューInterview

    セミナー情報Seminar

    転職体験談Story

    転職体験談一覧へ

    転職コラムColumn