シンギュラリティ

シンギュラリティ(singularity)とは、人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点(技術的特異点)、または、それにより人間の生活に大きな変化が起こるという概念のこと。技術的特異点と訳される。

人工知能研究の第一人者であり、シンギュラリティを提唱したカーツワイル博士は、シンギュラリティが起こる時期を2045年と予測したが、進化スピードは年々加速しており、さらに近未来で起こってくるという見解も広がっている。

シンギュラリティは、人間の環境に甚大な変化をもたらすものと考えられており、特に人工知能が雇用環境に及ぼす影響は既に認識が広がっている。
特に工場のライン作業などの単純業務、比較的単純な処理を行う事務や経理などのデスクワーク、法律や過去の判例から最適な判断を下す弁護士の仕事などは、AIが担うことのできる仕事の代表例である。
企業や労働者にとっては、この大きな変化に対する備えとともに、シンギュラリティを、自社や業界の発展のためにどう活かしていくかが問われることとなる。

価値を生み出し社会に提供し続けることが、企業の存在価値と意義をもたらす。
しかし、開発自体を人工知能が実現できるようになれば、(=シンギュラリティが起きれば)、労働自体が不要になるとも考えられている。
そうなると、人々の生活や過ごし方は一変し、人類や社会の在り方や思想、哲学にも影響を及ぼすことになるだろう。

シンギュラリティは近年バズワードとして耳にする機会が増えているが、その意味するところを正確に理解できている人は少ない。
コンサルファームの面接では未来予測に関する議論が行われることが多く、シンギュラリティ後の世界も対象外ではない。
シンギュラリティが起こることでどんな世界になりうるのか、大枠を理解しておくことは重要だろう。

用語集一覧へ戻る

関連する用語Related Consulting Glossary

関連する求人情報Related Recruit

求人一覧へ

関連する企業情報Related Industry