ICMGICMG Co., Ltd

 企業について

THE NEXT STANDARD—経営が、つぎの次元を求めている—

ICMGはリクルート出身の船橋仁により2000年に設立されたコンサルティングファーム。
株式会社アクセルとして創業し、2011年10月に「株式会社ICMG」へ商号変更した。従業員数は約40名(2012年現在)。知的資本を可視化、測定し、それを向上させること(=知的資本経営)を軸に戦略コンサルティングを行っている。企業に内在する無形価値(=知的資本)を把握、マネジメントすることにより、富の最適な配分、永続的な価値創造を目指す「知的資本経営」こそが、これからの時代を牽引していくのだと考えている。
2010年にスウェーデンのインテレクチュアルキャピタル社を完全子会社化したことにより、20カ国22社に及ぶライセンスパートナーネットワークを保有する。
千代田区に構える本社にはライブラリや和室、バーなどを備えるが、これは長年の提携の末に買収したインテレクチュアルキャピタルとのパートナーシップに基づき、「フューチャーセンターコンセプト」という考えかたを取り入れたもので、単なる快適性に留まらず、同社の一つの理想を体現したものと言える。

ICMG
ICMG Co., Ltd
  • 代表者
    代表取締役社長兼グループCEO 船橋 仁
  • 設立
    2000年
  • 所在地
    東京都千代田区内幸町1-1-7 日比谷U-1ビル(旧NBF日比谷ビル)21階

理念

People Business

ICMGの理念を以下に引く。

ミッション

  • 知的資本経営の価値を説き、共に実践することで、知識社会への変革をリードする。
  • 企業は、経営者をはじめ、従業員、取引先企業、お客様、株主など企業を取り巻くステークホルダーの一人ひとりが、様々な価値を提供しあうことで成り立っています。ステークホルダーがもたらす価値とは、財務的価値のみならず、数字で表せられない無形な価値を多く含み、その価値の源泉は、人が生み出す様々な「知」にほかなりません。私たちはその企業に内在する無形な価値を「知的資本」と呼んでいます。企業は、この知的資本を把握し、それをマネジメントすることにより、将来に向けて富の最適な配分ができるようになり、永続的な価値創造のスパイラルを実現します。私たちはこの「知的資本」を可視化し、積極的に活用する「知的資本経営」の考え方を伝え、実践していくことで、新しい知識社会への変革をリードしていきます。

ビジョン

  • 知的資本経営が良識となる世界を導き、その第一人者として足跡を残す。
  • 私たちは知的資本経営の方法論を絶えず磨き上げ、同時に一人ひとりがそれを身につけることで、ICMGが企業変革の実践者の集団であると認知されるようになるでしょう。そして私たちの考えに共鳴し、志を同じにして動きたいという有志たちが集うようになり、お互いが刺激しあい、共に成長していくことで知的資本経営の輪は加速的に拡大していき、将来、知的資本経営で結ばれたICMGネットワークが世界中に張り巡らされるようになるでしょう。私たちは知識社会におけるこれまでにない経営支援ができる「社会的存在」となりたいと考えています。

コアバリュー

  • 知的資本経営は社会を変える。
  • 私たちの行動を支えている思い。それは、知的資本こそが企業経営において最も重要なものであるという強い信念です。私たちは企業が知的資本をしっかり把握し、継続的に活用し、有機的に統合していけば、永続的な価値創造が可能になることを、数々の実績によって確認しています。そしてまた、この知的資本経営こそが現代の資本主義をあるべき姿に導く本質的な考え方だと信じています。社会は、必ず正しい考え方に導かれます。私たちは、その変化の先頭に立つ変革者でありたいと考えています。

提供価値

  • 志のある経営の担い手が、自ら価値創造活動をリードし、実践することで、ステークホルダーに共感され、真の強みを最大限に生かせる事業体に生まれ変わることに骨心を注ぐ。
  • それは私たちが、プロフェッショナルとしての力を磨き続け、実践を通じて実証されたプログラムと最良のノウハウを提供することで実現されるものと信じます。 私たちがプロフェッショナルとして心骨を注ぐのは、主に4つの領域です。

    1.真の価値源泉(知的資本)を見い出すこと。
    2.持続的な価値創造の軌道を創り出す戦略を立案すること。
    3.価値創造活動をお客様と共に実践すること。
    4.ステークホルダーに対し、企業の真の価値を伝えること。

行動規範

  • 私たちは、期待を超える存在であり続ける。---Beyond Partner's Expectations---
  • 常に期待を上回る存在であり続けること。私たちは、全ての活動の指標をそこに置きます。パートナー(お客様や取引先をはじめ、ICMGで働く一人ひとりの仲間たちまで、共に働く全ての人)からの期待は様々ですが、根底を流れるものは、知的資本経営をリードする変革者としての期待です。自分自身が知的資本を語るに相応しい人間力を備えているか。ICMG自体はどうか。日々の行動で感動を与えられているか。全ての行動において、期待を上回ることを自分自身との約束とし、ここに掲げます。

私たちの約束

  • 自分の可能性を信じ、自分自身の期待を超える。
  • 自分の可能性を信じ、自らの経験、思考、目線の壁を超える高い成果基準を課し、自分自身の限界を超えていきます。強い倫理観を持ち自らを律し、社会、お客様、同僚から信頼される仕事人を目指します。〔 人的資本 〕

  • 仕事に誇りを持ち、志を貫く。
  • 自ら取り組む仕事の社会における意味と価値を十分に理解し、一人ひとりが志を貫き、同時に、ICMGという「知」で結ばれた場で働く一員であることに誇りを持ちます。〔 組織資本 〕

  • お客様の価値創造にこだわり続ける。
  • お客様に提供する価値とは何かを常に自らに問い続け、お客様の価値創造のために全ての力を注ぎ、ときには生じる軋轢や困難にもいとわずに挑戦します。〔 顧客資本 〕

  • パートナーを尊敬し、喜びをともにする。
  • 志を同じくしたパートナーを信頼し、共に変革の扉を開くことの喜びを分かちあいます。どのようなときも状況に左右されるのではなく、ポジティブな意思により自らが状況を変えることで協力関係を築き、共に価値を創り出します。〔 関係資本 〕

http://icmg.co.jp/company/vision/index.shtmlより引用

沿革

以下に同社の主な沿革を記載する。

2000年
リクルート出身の船橋仁により設立
2001年
知的資本の測定・向上コンサルティングを開始
2002年
経済産業省「知的資本研究会」参加
2003年
日立製作所と戦略的提携を行い、企業変革支援開始
2005年
経済産業省「知的資産経営開示のガイドライン」策定を支援
2007年
資本金を3億800万円に増資
2010年
Intellectual Capital Sweden AB(ICAB社)を買収。子会社化
2011年
「株式会社アクセル」から「株式会社ICMG」へ社名変更
2012年
インド バンガロールにICMG Consulting India設立
2013年
中国 北京に北京ICMG咨詢有限公司設立
2015年
米国 シリコンバレーにICMG USA設立
2017年
TEPCO i-フロンティアズ株式会社設立(東京電力エナジーパートナーとの合弁)

サービス

ファンクション

  • 知的資本評価
  • 人的資本評価
  • 顧客資本評価
  • 知的資本経営報告書
  • ビジョン策定と浸透支援
  • 知的資本経営戦略デザイン
  • 変革推進支援
  • 実践型能力開発
  • M&A・アライアンス支援
  • 事業/知的資本デューデリジェンス・シナジー創出PMI

求める人物像

  • 「自ら新たな機会を創造し、企業と社会の変革をリードする」というICMGの理念に共鳴し、高い志を持つ人。
  • 顧客への本質的価値を提供するコンサルタントとして活躍する人。

キャリアパス

お互いを大切な仲間として尊重し、切磋琢磨する環境

ICMGには、各々の個性を尊重し、高め合える環境がある。
ICMGの特長は実力主義を採用してはいるが、短期的、画一的な基準で評価しないことである。
身に付けた能力に応じて、段階的により広い役割を担う。それに応じてタイトルも変化してゆくが、タイトルの違いは「上下関係」ではなく、すべてのコンサルタントはフラットな関係の中にある。

トレーニング

組織変革を担う人間力が備わるシステム

ICMGのトレーニングは、OJTであり、実際の業務を通してコンサルタントの基礎を身につける。OFF‐JTも充実したプログラムが用意されている。

入社時集中研修

  • コンサルタント行動規範
  • データ分析の手法
  • ファシリテーションの手法
  • 問題解決の手法
  • インタビューの手法
  • ロジカルコミュニケーション

入社後研修

外部講師セミナー

海外パートナー企業との交流会

キャリア形成促進プログラム制度

語学教育制度

社外合宿研修(国内/海外) 等

社員の声

ICMGの社員の声を以下に引用する。


夢の実現に向けた道筋を描くことが可能

転職したことによってワークライフバランスに変化がありました。弊社はフレックス制ですし、自分の裁量次第で働きやすい状況を作れます。もちろん担当するプロジェクトによるところもありますが、私の場合は以前より快適に仕事ができるようになりました。
また、将来的な話をすると、前職での経験とICMGでの経験を生かして、自ら経営というものに挑戦してみたいと思っています。直近では、立ち上げた M&A新会社の展開において、自分の能力を試してみたい。一般に、コンサルティングはキャリアチェンジがしづらい業種と言われていますが、 ICMGではコンサルティングを超えた可能性を追求できるという点も、大きな魅力の一つとして挙げておきたいところです。

プロジェクトの種類に合わせて柔軟な対応を

コンサルタントとして、業界や業務にかかわる専門的な知識を持っているのにこしたことはありません。ただ、小さい会社であるがゆえ担当するプロジェクトの業界、内容は千差万別。自らが保持する知識だけで対応することが難しいことも多々あります。そのため、弊社のコンサルタントに求められる資質は、時流やクライアントの状況に適した、臨機応変な対応ができること。そうした方々と共に歩み、盛り立てていければ、ICMGの可能性はまだまだ広がっていくものと思っています。

http://icmg.co.jp/careers/interview/003.shtmlより引用

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

セミナー情報Seminar

転職コラムColumn

コンサルティングファームのインタビューInterview