エムスリーM3, Inc.

 企業について

エムスリー株式会社は、医療従事者や医療関係企業、医療施設などにオンライン上で各種医療関連サービスを提供する企業である。
マッキンゼー出身で、現在も代表取締役を務める谷村格が2000年に設立した。
谷村はマッキンゼー在籍時にヘルスケア領域で驚異的な成果を上げ、業界の内外で広くその名を知られたほどの人物であった。その手腕と経験とを生かして、医療業界改革のために創立したのがエムスリーである。
エムスリーはソニー株式会社の関係会社であり、設立当初の社名はソネット・エムスリーであった。設立からわずか4年後の2004年に東京証券取引所マザーズに上場し、2007年には東京証券取引所第一部に指定替えをした。創業以来急成長を続けており、ベンチャービジネスの成功例として取り上げられることも多い。2010年、現在のエムスリー株式会社に社名を変更。社名は「医療(Medicine)」「メディア(Media)」「変容(Metamorphosis)」の3つのMから取られている。
エムスリーが運営する代表的なサイトが、日本最大級の医療従事者専用の会員制サイト「m3.com」である。会員数は20万人以上、対象も医師、歯科医師、薬剤師、看護師、医学生、その他医療従事者と幅広く、最新の医療ニュースや海外の論文、データベース、医師同士の意見交換のための掲示板、転職情報、開業準備情報などまでを網羅的に提供している、医療ポータルサイトである。
「m3.com」の中でも中核をなしているのは、MR(Medical Representative:医薬情報担当者)が医者に対してマーケティングできる、第三者的な共通プラットフォームの「MR君」である。
「MR君」はコストパフォーマンスにも優れ、同等のビジネスモデルを展開する事業者がいないこともあって、エムスリーの収益の8割を稼ぐサービスとなっている。
海外でもまだこのような医師と製薬関係者とをニュートラルに繋ぐプラットフォームが存在していなかったため、海外でも高い評価を得て海外進出も進んでいる。
エムスリーが運営している各種医療サイトについては、【サービス】の欄を参照。
またその他のサービス展開として、「m3.com」上での広告・プロモーション支援、海外市場マーケティング支援、大規模臨床試験サービス、治験支援サービス、医療従事者対象の各種リサーチ、診療所向けのオンライン予約システムなども手がけている。
海外には米国、英国、韓国に子会社があり、2013年からは中国での事業も開始。
北京に子会社を置いている。

エムスリー株式会社
M3, Inc.
  • 代表者
    谷村格
  • 設立
    2000年
  • 所在地
    東京都港区赤坂1丁目11番44号 赤坂インターシティ10階

理念

「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを一円でも減らすこと」
ーーそれがエムスリーの願いであり、事業の目的でもあります。

http://corporate.m3.com/corporate/vision/より引用

沿革

以下に同社の主な沿革を記載する。

2000年
ソネット・エムスリーとして会社を設立。
2002年
医療情報サイト「WebMD Japan」をウェブエムディ株式会社から引き継ぎ、後に「so-net m3.com」に名称を変更。
2003年
医療情報サイト「MediPro/MyMedipro」をソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(現 ソネットエンタテイメント株式会社)から営業譲渡。
「MyMedipro」と「so-net m3.com」を統合し、医療専門サイト「m3.com」の運営を開始。
2004年
医療情報サイト「MediPro/MyMedipro」をソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(現 ソネットエンタテイメント株式会社)から営業譲渡。
「MyMedipro」と「so-net m3.com」を統合し、医療専門サイト「m3.com」の運営を開始。
2005年
韓国のMedi C&C Co.,Ltd.を子会社化。
2006年
米国のMDLinx, Inc.を子会社化。
2007年
東京証券取引所第一部に指定替え。
2008年
アイチケット株式会社を子会社化。
2009年
So-net M3 USA Corporation が、MDLinx, Inc.を吸収合併。
メビックス株式会社を子会社化。
エムスリーキャリア株式会社を設立。
2010年
現在のエムスリー株式会社に商号を変更。
2011年
英国のDoctors.net.uk Limitedを子会社化。
2012年
株式会社MICメディカルを子会社化。
株式会社シィ・エム・エスを子会社化。
2013年
中国での事業開始。
2014年
株式会社メディサイエンスプラニングを子会社化。
2016年
インドにて事業をスタート。
2016年
フランスの医薬品情報企業、Vidal Groupを子会社化。同社が事業を展開していたフランス、ドイツ、スペインでの事業を開始。
2017年
北欧最大の医師調査パネルQQFSを子会社化
2018年
Wake Research(米)を子会社化、治験事業に参入

サービス

ファンクション

  • インターネットを利用した医療関連

運営している医療サイト

  • m3.com:エムスリー社を代表する会員制の医療ポータルサイト
  • エムスリーキャリアエージェント:医師向けの転職支援サービスサイト
  • ファーマ人材バンク | m3.com Pharmacist:薬剤師向け転職支援サービスサイト
  • | MDLinx:アメリカの医療従事者向けに、英語で発信される医療情報サービスサイト
  • MEDI:GATE:韓国の医療従事者向けに、韓国語で発信される医療情報サービスサイト
  • AskDoctors:身体や病気の事などについて、医師に相談できる一般向けのサイト
  • AskMoon:女性の医学について情報提供や便利なツールなどを提供する一般向けのモバイルサイト

求める人物像

エムスリーは個人の成長と会社の発展をリンクさせて、社員の活力や創造性、チャレンジを会社の発展、業容拡大の原動力にしたいと考えている。
したがって求められているのは、現状に満足せず、ビジネスプロセスを改善していくクリエイティブな発想と、高いプロ意識を持った者、という人物像である。エムスリーのビジネス基盤を生かして、独創的なサービスに挑むチャレンジ精神を持って、専門性やスキルを高めながら、自分の成長によって会社も成長させる、といった意欲も強く求められている。
またエムスリーは医療系の業界に特化したサービスを提供している会社ではあるが、必ずしも医療業界や製薬業界などのキャリアが必須ではない。
知識は後からでも身につけることができる。
むしろ人としての誠実さや、主体性をもって行動できる当事者意識、コミュニケーション能力、ビジネスのセンスなどを重視する、と言われている。

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

コンサルティングファームの求人情報Recruit

セミナー情報Seminar

転職コラムColumn

コンサルティングファームのインタビューInterview