MR(Mixed Reality)

MRとはMixed Reality(ミックスドリアリティ)の略で、日本語では「複合現実」と訳される先端技術。仮想世界と現実世界を組み合わせて映し出す技術で、VRARをさらに発展させたものである。

Medical Representative(医薬情報担当者)の「MR」はこちら

MRは、VRと同様にゴーグルやヘッドセットなどを用いて映像を映しだすが、その映像すべてが仮想空間であるVRとは異なり、MRでは現実空間の上に仮想現実が映し出される。
また、MRは、ARより更に発展し、カメラやセンサーにより、映し出された映像を操作することができたり、ひとつのMR空間を複数人で同時に体験することができたりもする。
たとえば、医療現場では、3D表示させた臓器に対して、手術と同じ工程を行って手術のシミュレーションを行うなど、既にMRが活用されている。

MRは、医療現場、教育現場、建築現場のほか、営業や小売りなど、様々な業界で発展が期待されており、様々なテクニカル企業の参入も予測される。

MRの代表的な製品としては、マイクロソフト社のMicrosoft HoloLens、キャノンのMREAL(エムリアル)などがある。

MR・ARVRなどの最新テクノロジーは、コンサルファームにおけるケース面接でのトピックとなることも多い。
特に、既存のビジネスにMR・AR・VR等を活用して新しい収益源を得ることはできるか?という観点で議論が進められることが多い。
それぞれのテクノロジーについての理解はもちろんのこと、それらを活用したビジネスチャンスがどんなところにあるのか、といった点についても事前に考えておきたい。
尚、MR、AR、VRなど、すべての空間拡張技術を総称して「XR」とも呼ぶ。
それぞれの違いもあわせて押さえておきたい。

用語集一覧へ戻る