プロレド・パートナーズ Prored Partners

 企業について
『コンサル業界大研究』抜粋
概要

完全成果報酬型コンサルティングのパイオニア

「成果」にコミットした完全成果報酬型の経営コンサルティング

プロレド・パートナーズの最大の特徴は、国内で唯一、完全成果報酬型コンサルティングを提供している点だ。同社のプロジェクトでは「成果」が出ない限りコンサルティング報酬を受け取らない。つまり、提供する各種経営コンサルティングを通して、クライアントの売上アップやコスト削減を成し遂げ、利益が生まれたときに初めて報酬を得るのだ。この報酬体系は、プロレド側がリスクをとることで、成果にこだわった質の高いサービスを展開することができ、クライアント側にとってはリスクなしでコンサルタントとプロジェクトを進めることができる、いわばwin-winのビジネスモデルと言える。

同社はアクセンチュアやブーズ・アンド・カンパニー(現PwC Strategy&)など外資系戦略ファーム出身者らが創業し、経営に関する専門的な知識と手法を組み合わせて最大の成果を出している。

コンサルティングを完全成果報酬型で提供する背景には「価値=対価」の世の中を実現したいという同社のビジョンがある。
外資系の経営コンサルティングファームは非常に高額な固定報酬でサービスを提供していることから、これまで、中小・中堅企業(売上規模:1000億円未満の企業)は高いクオリティのコンサルティングを依頼することが難しいという課題があった。この課題を解決し、自社サービスにおいても「価値=対価」を追求したいという想いから、成果報酬型の経営コンサルティングを根づかせるべく、日々新たなサービス開発に取り組んでいる。

現場に深く入り、現場を動かし、成果を分かち合う

クライアントは、PEファンド※1やメーカー、自治体や銀行などさまざまな業種にわたり、上場企業や大手企業から中堅中小企業まで幅広くクライアントをもつ。PEファンドの投資先企業に対しては中長期的な企業価値向上を実現するポストM&A(100日プラン)、マーケティング・コストマネジメントのトータルコンサルティングを、メーカーや商社にはセールス・マネジメント(売上アップ)を、流通やサービス企業にはコストマネジメントを提供することが多い。最近では、IoTやビッグデータによって、従来難しかった「コンサルティングの成果の定量化」が可能となってきていることから、同社が提供する成果報酬型コンサルティングに対するニーズは増え続けている。

1つのプロジェクトには2~7名のコンサルタントが参画し、早くて3カ月、基本的には6カ月~3年程度の期間で成果を出す。またコンサルタントは、2~4つのプロジェクトに並行して携わることが多く、新規案件の遂行と既存案件のフォローを両立している。

経営層と現場の双方に深く入り込み、提案から実行まで一貫して手がけるのが同社のコンサルティングの特徴だ。一般的な経営コンサルティング会社では調査・分析、提案までを主な領域とするのに対し、プロレドでは実行の結果を最後まで見届けることができる。プロジェクトの成果をクライアントと分かち合えるのは同社の仕事の醍醐味だ。

PEファンドビジネスなど新たな事業創造に取り組む

2009年12月の創業から飛躍的な成長を遂げているプロレド・パートナーズ。2018年77月には東証マザーズ上場、2020年4月には東証一部への市場変更を果たした。
8年強で上場まで実現する成長力は、成果報酬という世の中のニーズにマッチしたビジネスモデルと成果にこだわる品質の結果と言える。

会社の成長に伴い、コンサルティングの多様化やIT領域などのサービスラインの拡張を進めている。2020年8には、100億円規模の投資をする運用会社「ブルパス・キャピタル」を設立した。

また同社はCSRの一環として、2017年より自治体向けサービス「SIB(ソーシャルインパクトボンド)」を開始※2。コンサルティング業界初の試みとして、成果報酬型の行政サービスに挑戦している。2019年、日本で初めての成果報酬型のコンサルティングの実施を鎌倉市にて実施し、現状も複数のプロジェクトに取り組んでいる。

さらに、知識経営研究所の子会社化により、官公庁・地方自治体を対象としたシンクタンク事業、環境・食品安全衛生領域のコンサルティングが加わることで、グループとしてのサービス範囲を広げ続けている。

加えて、同社はコンサルティングのDX化も並行して推し進めている。労働集約からの脱却を目的として、アナリスト作業などの低付加価値業務をDX化するなど、最先端のテクノロジーも活用し、さらなるコンサルティングサービスの拡充をめざしている。

現場を動かす人間力をもち「スター」として活躍してほしい

プロレド・パートナーズではチームワークを重視している。縦横の関係も非常にフラットで、新卒のコンサルタントがパートナー(役員)に臆することなく意見できる雰囲気がある。採用においても、クライアントやチームメンバーを敬い、思いやりをもって行動できるパーソナリティを能力以上に重視している。これは、会社を代表するコンサルタントとして「この人だったら一緒に改革に取り組める」と現場をやる気にさせるような、プロジェクトを動かすうえでも極めて重要な人間力を評価しているためである。

また同社は専門誌での連載や書籍の執筆、セミナーでの講師など、コンサルタント個人の付加価値を高める機会を新卒1年目から積極的に設けている。同社は、経営陣の力量だけで経営がうまくいく会社ではなく、メンバー1人ひとりがスターとして活躍し、他社が模倣できないクオリティのコンサルティングを提供し続ける「スター集団」をめざしている。

※1 PEファンド:プライベート・エクイティ・ファンド。機関投資家や年金基金、事業会社、個人投資家らから資金を集め、投資先を発掘し、事業支援を行うことで投資先の企業価値を高め、IPO(新規公開株)やM&Aにより売却益を得ることなどを目的とする。

※2 SIB(ソーシャルインパクトボンド):2010年にイギリスで始まった民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の仕組み。投資家から資金を調達したサプライヤーが行政サービスを提供し、当該サービスの成果に応じて行政がサプライヤーに対価を支払うという成果報酬型のスキームである。税金の透明化および社会的な利益(社会課題解決など)を第一の目的とし、経済的な利益も同時にめざすものとして注目を集めている。

プロレド・パートナーズの成長性 プロレド・パートナーズのポジショニングマップ

プロレド・パートナーズは、佐谷進氏(ブーズ・アンド・カンパニー(現PwC strategy&)出身)と 山本卓司氏(アクセンチュア出身)らにより設立された国内最大規模の日系コンサルティングファーム。2008年4月設立、2009年創業。
成果報酬型でのコンサルティング提供が特徴である。

成果報酬というスタイルでのコンサルティングのため、顧客満足度は高く、クライアントのリピート率は90%以上を誇る。
クライアントは企業再生ファンドや銀行からの紹介も多く、上場企業、大手企業の顧客を多く抱えている。
業種としてはメーカー、小売、サービスが多く、特に再生絡みのプロジェクトを得意とする。

2018年7月、東証マザーズ上場、その後2020年4月、東証一部に市場変更。

株式会社プロレド・パートナーズ
Prored Partners
  • 代表者
    佐谷 進
  • 設立
    2009年12月
  • 所在地
    東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー7階

理念

Identity : Think Out

私たちは考え抜く
パートナーに対して、社会に対して、世の中に対して、 どのような価値を提供できるのか
現状のままで良いのか。 求めている以上の価値を生み出せないのか
何度も何度も、何度も何度も、何度も何度も、脳が擦り切れるまで考える

私たちの言動は、時に周りに負荷をかけ、迷惑をかけ、
成果をあげられないかもしれない

しかし、考えることを諦めない

誰よりも多く、諦めずに考え抜いた人たちが
革新的なものを生み出し、人を変え、世界を変えていった

私たちは誰よりも考え抜く集団で在りたい

think out

プロレド・パートナーズコーポレートサイトより引用

沿革

以下に同社の主な沿革を記載する。

2008年4月
株式会社プロレド・パートナーズを東京都港区高輪四丁目

2009年12月
株式会社プロレドパートナーズを創業、事業開始
2010年12月
業務拡張のため本社を港区芝へ移転
2012年7月
業務拡張のため本社を港区浜松町へ移転
2013年4月
資本金を10,000千円に増資
2013年12月
業務拡張のため本社を港区芝大門へ移転
2016年6月
名古屋オフィスを開設
2018年7月
東京証券取引所マザーズに上場
2020年4月
東京証券取引所市場第一部に市場変更
2021年5月
本社を東京都港区御成門へ移転

サービス

インダストリー

  • コンシューマービジネス
  • 製造
  • ライフサイエンス&ヘルスケア
  • パブリックセクター
  • 情報・メディア・通信
  • 資源エネルギー
  • 金融&不動産

ファンクション
【マネジメントコンサルティング】

(1)ターンアラウンド

  • マーケティング・営業戦略
  • CREマネジメント
  • BPO・BPR

(2)ローコスト戦略

  • 間接材・直材コスト・マネジメント
  • エネルギーコスト・マネジメント
  • コストマネジメント4.0

(3)AI×BPR LAB

  • AIソーシング
  • RPAコンサルティング
  • BtoBシェアリングエコノミー

求める人物像

プロレド・パートナーズに企業理念はなく、ロイヤリティも求めない。
しかしながら、各個人の価値観を持つことと、仕事に対するアイデンティティを強く求められる。
「Think Out(考え抜く)」というアイデンティティは、プロレドのすべての活動に強く求められる。
コンサルティングという仕事は考えるだけでは、足りない。他のコンサルティングファームより、優れたコンサルティングを提供するためには、深く考えただけでは足りない。クライアントが解決できない問題や感動するサービスを提供するには考え考え、考え抜くことが必要である。
「できた、これでいいよな」と思った後に、「本当にこれでいいのか」考え抜く。考えに考え、考え抜くことが求められる。
それはコンサルティング活動だけでなく、管理部門においても、新規事業においても、営業や投資先においても同様である。
プロレド・パートナーズのメンバーである以上、考え抜くことが求められる。

3つのValue

「Be Professional(情熱的に、そしてプロフェッショナルとして日々の仕事に取り組むこと)」
「Compassion(多様性を受け入れ、思いやりと敬意を持って人々に接すること)」
「Outside The Box(革新的なアイデアを生み出すための、枠にとらわれない様々な視点を持つ)」

キャリアパス

キャリアパスについて

  • コンサルティングファームの新卒入社の方は、アナリストからスタートする。
  • アナリストの期間は、調査・分析を中心としたコンサルタントの基本動作を学ぶ「修行期間」である。
    基本的に入社後1~2.5年でコンサルタントに昇格し、昇格スピードは本人の実力次第となっている。
  • 新規事業およびコンサルティングファームの中途入社の方はそれまでの経験と実力により入社時のポジションが決定される。

プロレドのキャリアパス

アナリスト

プロジェクトの調査・分析、データ収集

コンサルタント

ワンストリームマネジメント、プロジェクトマネジメント

マネージャー

プロジェクトマネジメント、クライアントリレーション

ディレクター

事業部門長、会社運営、新サービス立案

パートナー

会社運営、新規事業/新会社立案、業務提携、M&A

アサインメント(プロジェクトメンバーの配置)について

コンサルタントは、複数プロジェクトを担当するのが基本である。担当するプロジェクトは、ディレクター・プロジェクトマネージャーが集まる会議で決定する。各コンサルタントのスキル、経験だけではなく、育成の観点や本人の希望も考慮される。

評価について

評価はビジネススキルおよびプロジェクトにおけるパフォーマンスの評価が基本となり、年2回行う。
上席、プロジェクトマネージャーが、複数の評価項目を通じて、メンバーを評価する。
複数のメンバーから評価されるため、評価に大きな偏りが生じない仕組みとなっている。

報酬について

報酬は年俸制で、固定給部分と変動給部分とから成る。固定給部分は評価に連動し、年2回見直す。
変動給部分は、その年度の会社業績と各メンバーの評価の二つの要素で決まる。
昇格するにつれて年俸に占める変動給部分の比率が高くなる。
中途入社の方の初年度年収は入社時のポジションおよびその年の評価により決まる。

トレーニング

OJT(On the Job Training)

コンサルタントにとって最も重要なトレーニングは、クライアントの抱える問題と向き合うことである。
プロジェクトを通して先輩コンサルタントや同僚からアプローチ、調査・分析手法、スライド作成方法を学び取る。
マニュアルも正解も無い世界にチャレンジする我々にとって、自らの問題意識に従って必要な技を吸収するOJTが、トレーニングの基本ともいえる。

スキルトレーニング

人材はコンサルティングファームにとって唯一無二の財産である。
プロレドのコンサルタントとして身に着けるべき基本的なスキルについて、キャリアのステージに併せて体系的に学んでいただけるよう、研修プログラムが用意されている。

入社時トレーニング

ロジカルシンキング、情報収集、インタビュー、スライド作成、過去プロジェクトの紹介等

スキルトレーニング

アウトプットの質を高める手法など

ロールプレイング

プロジェクトマネジメント、顧客マネジメント、質問の方法など

その他の育成制度

外部の研修会社等も積極的に利用している。

メンター制度

先輩コンサルタントがメンターとしてアサインされ、仕事の進め方、成長に対するアドバイス、評価のフィードバックなど、細かなフォローを行う。新卒社員に対しては、社会人としての振舞い方、ビジネスマナーなどについても指導する。
また、役員陣がメンターになる成長型メンター制度もある。

勉強会・ケースシェアリング

プラクティス(業界/分野)毎に、新しい知見をシェアし、インサイトを深めるため、様々な勉強会が行われている。
また、新しい発見のあったプロジェクト事例からの学び、それぞれの得意なトピックなどを持ち寄り、共有およびディスカッションを行う。
各分野のプロフェッショナルである専門家にも参加いただいている。

書籍資料購入費補助

業務における分析・研究、スキルアップを目的とした書籍の購入費用は全額補助を行っている。

社員の声

プロレド・パートナーズの社員の声を以下に引く。


事前に「これだけの期間でこれだけの成果を出せます」という具体的な目標をクライアントに提示するため、我々は時間や数字に対するプレッシャーと戦いながらプロジェクトを進めていきます。
どうしたらクライアントのメリットを最大化できるのか?どうしたら最速でメリットを出せるのか?その答えの出し方はコンサルタントによって異なりますが、私の場合、まずは自分で考え道筋をつけた上で、偏りや、抜け落ちがないか、先入観にとらわれていないかの検証を行います。
経験豊富な上司や仲間、さらにその道のスペシャリストであるサプライヤー様へ「良いアイデアはないか?」ヒアリングし、知恵を拝借するなどして、最良の方法の模索・検証を行います。考える場面が多いため、コンサルタントは頭脳明晰であるに越したことはありませんが、それだけでは物足りません。チームのメンバーと連携を図る場面や、クライアントやサプライヤー様と条件について話し合う場面も多いので、コミュニケーション能力や商談力も必要となってくるでしょう。
そして、「絶対にやり抜いてやる!」という情熱も必要。実はこれがプロレドのコンサルタントに求められる最も大事な要素かもしれません。
社名の「Prored」は「プロフェッショナル+情熱(赤)」を意味する造語であるからです。

プロレドはどんな会社か? そう聞かれたら、「良い人が多い会社だよ」と答えますね。良い人というのは、「きちんと前提や事実を聞いた上で話をしてくれて、なおかつ個々に対するリスペクトがある人」という意味です。
そういう人々が集まっているだけに、固定概念にとらわれずに議論しようという雰囲気があります。
また、自由度が高い会社なので、結果さえ出していれば、勤務時間や仕事の進め方についてとやかく言われることもありません。
ただし、逆をいえば、それなりの思考力と行動力を求められる職場でもあります。
求められることを求められる水準でできるようになって、ようやく仕事が楽しくなってくるのではないでしょうか。
そこへたどり着くまでの過程で、挫折しない心構えが重要です。

https://www.prored-p.com/career/interview/より引用

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

コンサルティングファームのインタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column

コラム一覧へ