「起業か転職か?」視点を変えることで引き寄せた人生の転機

Aさん 35歳(女性) 専門学校卒事業会社(兼プロコーチ) ⇒ 組織開発コンサルティングファーム

初めて竹端さんに相談させて頂いたのは約3ヶ月前のことになりますが、その頃には全く想像もしなかったような今の環境に驚きを感じています。
竹端さんに伴走いただかなければ成し遂げられなかった結果でした。

相談のきっかけ

起業意志はあるものの、会社員として働く日々に充実感も感じており、起業か転職かを決断できないまま、退職しました。
コロナ禍もあり、退職後はゆっくりと時間を使って自分のこれからについて検討したのですが、やはり起業もしたいし会社にも属したい。しかし、働き方改革という言葉が浸透した今でも、なかなかそうした働き方を実現できる場は見つかりません。
それならいっそ起業を諦めて転職活動に専念しようかと思い、相談させて頂きました。

人生の転機となった面談

竹端さんとの面談の中では、コーチングの資格を持っていらっしゃるだけあって、起業か転職かということよりも、私がやりたいと思っていることや、最終的に実現したいと考えている世界をしっかりとヒアリングして頂きました。
そうしたヒアリングを経て、「組織開発コンサルタント」のご提案を頂き、さらに具体的な求人情報も頂けたことが転機だったと今では思っています。
人材開発や組織開発の分野に憧れはあったものの、経験も知識も無いに等しい自分には絶対に無理と思い込んでいたため、ご提案を頂いた時は衝撃を受けたことをはっきりと覚えています。
未経験の分野に飛び込むことには怖さもありましたが、丁寧なヒアリングをして頂き、十分に理解をして頂いたうえでのご提案であると信頼できたため、思い切って挑戦することにしました。

活動を終えて

結果として、最初の面談でご提案頂いた会社で業務委託として内定を頂くことができました。
フルタイムではないため、起業も諦めずに挑戦することができ、理想的な環境を実現できています。
大手転職エージェントにも並行して登録をしておりましたが、単に希望を聞いたり職務経歴から判断するだけでなく、一歩踏み込んだヒアリングをして頂いた上で、想像もつかなかったような道を提案して頂くコンコード様のような体験は初めてでした。
大袈裟でなく、人生の転機だったと感じ、心から感謝しております。

担当キャリアコンサルタントより

Aさんから最初にお話を伺った時、「仕事ポートフォリオ」という考えが頭をよぎったことを覚えています。その視点から頭に浮かんだファームをご提案したことで、Aさんの視点が変わり、転機になったことを喜ばしく思います。
未経験分野に飛び込む怖さを乗り越えて挑戦いただけたことは、Aさんの仕事ポートフォリオに大きな意味を持つと思います。
そして、挑戦を決めてからの3ヶ月間、ご提案したファームだけでなく、様々なご縁によって点と点がつながる様子は、聴いていてとても楽しかったです。
挑戦のご意志がシンクロニシティを引き寄せましたね。
これから新しい分野で吸収し、実現したい世界を創ることを応援しています!!

エグゼクティブコンサルタント 
竹端 直弥 略歴

東京大学工学部・同大学院工学系研究科卒業。鹿島建設、ブーズ・アンド・カンパニー(現PwC Strategy&)、ヘイ・グループ(現コーン・フェリー)等で新規事業開発、リーダーシップ開発、組織変革等のプロジェクトをリード。その後、コンコードに参画。米国CTI認定プロフェショナルコーチ。

コンサルタント詳細ページへ

コンサルティングファームの転職体験談Story

転職体験談一覧へ

組織人事・チェンジマネジメント系コンサルの求人情報Recruit

求人一覧へ

転職支援の流れFlow

コンコードエグゼクティブグループでは、以下の流れでキャリア支援サービスを行なっています。
専任の担当キャリアコンサルタントが、一貫してサポートをさせて頂きます。
キャリア支援サービスは、全て無料です。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。