ローランド・ベルガー Roland Berger Strategy Consultants

 企業について
『コンサル業界大研究』抜粋
概要

欧州の知見をベースに、日本企業・業界の革新を導く未来のナビゲーター

製造業やBtoC、デジタル領域に強み。企業と社会のサステナブルな成長戦略を支援する

ローランド・ベルガーは、ドイツ・ミュンヘンを本拠とする、欧州最大の戦略ファーム。現名誉会長のローランド・ベルガー氏が1967年に設立し、2021年現在、世界34カ国に50のオフィスを構え、2400名超の従業員を擁する。欧州最先端の工業国であるとともに、Adidas 、PUMA、Henkelなど身近な製品の出自でもあるドイツで誕生したこともあり、産業財・消費財問わず幅広い知見を備え、またBtoC領域にも独自の強みを有する。とりわけ、IoT活用などのデジタル領域でグローバル全体の豊富な知見・ノウハウをもち、2011年にドイツ政府が提唱した「インダストリー4.0※1」の策定にも関わっている。

短期的成果を追求しがちな米系ファームとは異なり、同社は長期的なリレーションシップ構築を重視。株主だけでなく従業員や地域社会など多様なステークホルダーを重視し、欧州企業の持続的成長を支援し続けてきた経験をもとに、中長期の変化を踏まえたサステナブルな成長戦略を追求する。この姿勢は日本企業からも高く評価され、多くの信頼を勝ち取っている。

日本企業・業界の革新をめざす。「動く戦略」と「プロデュースする力」

同社は、クライアントの持続的成長への道筋を示すだけでなく、経営から現場までクライアントがその道筋を自ら進んでいける「動く戦略」の策定に定評がある。「クライアントが自ら実行できない戦略提案は不適当」という創設者の信念が深く浸透しており、すべてのコンサルタントが「動く戦略」に徹底的なこだわりをもつ。そのため、プロジェクトの初期段階でクライアントに深く入り込み、実情を正確に把握することを重視。経営から現場までが納得する生きた戦略にこだわり、分析と議論を繰り返しながら戦略を組み上げていく。

複雑性が増し、将来の見通しがきかない世の中のナビゲーターとして、同社は業界全体の変革をも視野に入れたクライアントの持続的成長をサポートしている。戦略の立案だけにとどまらず、さまざまな能力を有している企業を発掘し、つなぐなど、全体をプロデュースすることで新しい価値を創出することに注力している。

同社東京オフィスは、グローバルオフィスの中でも高い自立性を認められており、グローバルに先駆けて新しい取り組みを率先していることから、注目度も高い中核オフィスである。近年では、スタートアップ企業との業務提携を積極化※2。2021年現在、アスタミューゼ、ABEJA、エクサウィザーズ、カブクなどといった有力スタートアップ企業とのアライアンス「価値共創ネットワーク」を構築し、オープンイノベーションや新商品開発、AIを用いたソリューション提供などの領域で自らのコンサルティングを進化させている。

海外メンバーとの混成も。少数精鋭のチーム

多くの企業は、成熟した市場環境で、構造変化を迫られている。そうした中、ローランド・ベルガーは中長期的な競争優位を築くために「デジタルトランスフォーメーション」「クロスボーダーM&A」「バリューチェーン変革」「事業ポートフォリオ最適化」の4つを重点テーマと捉え、日本企業の変革を支援している。

また、海外案件の増加に伴い、同社では東京・海外オフィスの混成チームを組むケースも多い※3。例えば、ドイツ進出を考えている日本企業があった場合、日・独から各2名ずつをアサインし、日本のマネジャーがチームを指揮する。こうした混成チームを組むことで、クライアントとの意思疎通と現場での実行力を両立する。プロジェクト期間は2カ月間程度、人数は4、5人と少数精鋭で実行するのが一般的だ。

若手から裁量権をもち、クライアントとともに成長戦略を描く

コンサルタントにとって、ローランド・ベルガーの最大の魅力は、「裁量権の大きさ」にある。若手でも、自身でプロジェクトを提案し、リーダーとして遂行する機会を与え、挑戦を応援する風土がある。

ある20代の若手コンサルタントは、総合商社のエネルギー関連の新規事業開発の案件にアサインされ、3カ月で新規事業戦略を策定後、1人でクライアント先に1年間常駐。クライアントとともに戦略の実行を担い、世間でよく知られるビッグビジネスの実現を主導した。

また、ある若手コンサルタントは自ら手を挙げて価値共創ネットワークの1社のスタートアップ企業に1年間出向して、同社の成長をハンズオンで支援するという機会を勝ち得た。その中で資金調達や大企業との提携など、有力スタートアップ企業の中にいないとできない貴重な経験を積んだ。

このように若手が裁量の大きな仕事や貴重な機会を任され、ハイパフォーマンスを出して新たな成功事例を生む、というエピソードが同社では山のようにある。

同社のコアバリューの1つに「アントレプレナーシップ(起業家精神)」がある。自らがクライアント企業の経営者であるという当事者意識を強くもち、ビジネスの特性を踏まえたうえで、創造的で革新的なアイデアをもとに成果を生むソリューションを提供しようというものだ。

この考えは、コンサルタントのキャリア構築の考え方にも通じており、業界軸や機能軸で組織を分けず、コンサルタント自身が自分の専門領域を決定し、自分がなりたいコンサルタント像をめざすことができる。

また、同社のブランドで仕事をするのではなく、個々人がブランドになることを奨励し、成長のための環境整備に力を入れている。実際、スタートアップ企業への出向、海外エクスチェンジや留学支援制度など、充実したプログラムを主体的に享受し自らの成長を志向することができる。まさにクライアントとともに成長し、常に挑戦を続けていくことができるファームだ。

※1 インダストリー4.0:ドイツ政府が推進する製造業の高度化をめざす戦略的プロジェクト。生産工程のデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも大幅に高めることにより、コストの極小化と付加価値向上をめざす。

※2 スタートアップ企業との業務提携において、ローランド・ベルガーのパートナーやプリンシパルが各社のアドバイザー・顧問に就任。各社との連携を加速・深化し、日本企業の革新を支援している。

※3 2021年現在、同社の海外案件は全体の3割強を占める。大企業を中心に、クロスボーダーM&Aや海外進出における展開戦略から実行支援など、幅広いテーマに取り組んでいる。

ローランド・ベルガーが業務提携している企業 ローランド・ベルガーのコアバリュー

欧州最大の経営戦略コンサルティングファーム

ローランド・ベルガー(Roland Berger Strategy Consultants)は1967年にドイツで設立されたコンサルティングファーム。主にマネジメントコンサルティングに特化したコンサルティングサービスを提供している。
2013年8月現在は世界36ヶ国に約51のオフィスを展開、2700人に及ぶコンサルタントを抱えており、マッキンゼーやBCGと並ぶ巨大ファームである。また、長期的視点での成長志向、企業分化や社員の意思を尊重するなど、多くの米国系ファームとカルチャーを異にする点が多いと言われている。1991年に日本法人を設立、現在は約100名のコンサルタントを擁する。
社名は創業者であるローランドベルガー氏の名前による。ローランド・ベルガー氏は2012年現在も同社の会長を務めており、EU経済圏において、強い影響力を持つことで知られる。近年、目覚ましい成長を遂げている経営戦略コンサルティングファームの一つであり、グローバルでの5大ファームの一つに数えられるようになった。

株式会社ローランド・ベルガー
Roland Berger Strategy Consultants
  • 代表者
    代表取締役社長 シニアパートナー:長島 聡
  • 設立
    1991年(日本法人)
  • 所在地
    東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル23階(日本オフィス)

理念

Creative strategies that work~成果を生む、創造的戦略策定~

ローランド・ベルガーの理念を以下に引く。

ミッション

創造性

これまでの戦略や事業運営では限界を感じるからこそ、クライアントは私たちに依頼します。
クライアントの更なる成長を実現するためには、既存概念や前例にとらわれない、創造的で革新的なアイデア・視点、時代の先を読む高度な先見性が求められます

ビジョン

成果

「成果を生む」解決策を常に提示することが重要です。
いくら創造的、革新的なアイデアであっても、実現不可能であったり、クライアントの理解を得られないものでは意味がありません。戦略は実行されてこそ成果を生み出します。私たちは常に戦略の実現可能性やクライアントの納得感を大切にしています。

http://www.rolandberger.co.jp/Mission.htmlより引用

コア・バリュー

Entrepreneurship

---Taking on responsibility
我々は企業家たるべき経営トップの意志決定のお手伝いをいたします。それは我々の重要な使命です。自ら企業家ネットワークであるよう意識しています。だからこそ、客観的な考え方を提案できる、信頼に足る自律したビジネスパートナーとして認められるのです。市場動向や市場推移に対応できるようクライアントをサポートするのも我々の役目です。我々は2005年よりスタートしたBest of European Business (BEB)という場で世の企業家たちに賛辞を送り続けます。
企業家たるベストプラクティスの継続的発展のために、我々は政治、ビジネス、業界団体、教育機関や関連メディアにおける論客(発展的な思想の持ち主)との緊密な関係を構築しています。これにより、国際的な経験や専門的な知識に基づくグローバルな視点を持つことができるのです。それが、革新的でありながら、市場の現状に合った実用的なソリューションを実現するのです。

http://www.rolandberger.co.jp/Mission.htmlより引用

Partnership

---Partnering with clients
我々はクライアントのパートナーとして共に働きます。一貫して献身的に働きます。我々はクライアントにソリューションを提案するだけでなく、その結果が出るまで満足することはありません。全てのプロジェクトのどの段階においてもクライアント側と綿密にすり合わせが行われています。クライアントとの定期的、かつ徹底的な話し合いにより、クライアントが提案したソリューションを理解し、実行に移すことができるのです。

http://www.rolandberger.co.jp/Partnership.htmlより引用

Excellence

---Going the extra mile
我々は、成長戦略、ポートフォリオの最適化、グローバル化、クロスボーダーM&A、合併後の統合、マーケティング、ブランド戦略、アライアンス提携支援、業界再編や企業再生など、クライアントの成功に繋がる重要な戦略項目を全て網羅しています。うち76%は国際的なプロジェクトであることから、グローバルな視野とローカルの専門性を組み合わせた提案を行っています。どのプロジェクトにも対象国に精通したローカルのエキスパートを参画させ、プロジェクト期間中およびその後も厳しいクオリティコントロールを行い、我々のExcellenceを保つようにしています。クライアントの満足するまでは、我々は満足することはないのです。

http://www.rolandberger.co.jp/Excellence.htmlより引用

沿革

ローランド・ベルガーは、1967年の設立以来、40年にわたり自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業を代表とするグローバル企業にソリューションを提案し、優れた成果を上げてきた。
1991年に日本法人である株式会社ローランド・ベルガーを発足。グローバルポイントのアクセスポイントになるべく、活動を続けている。

1967å¹´
現会長、ローランド・ベルガーによりドイツにて設立。
1991å¹´
日本法人設立。東京にオフィスを開設。

サービス

インダストリー

  • 自動車
  • 機械・電機・素材
  • 金融
  • 建設・不動産・住宅
  • 公共
  • 通信・IT
  • 医薬・医療機器
  • アパレル
  • 化粧品
  • 食品・飲料
  • トイレタリー
  • 百貨店
  • ドラッグストア・調剤薬局
  • GMSï½¥SMï½¥CVS
  • 鉄道
  • 航空
  • 電力・ガス
  • 石油
  • 環境・新エネルギー

ファンクション

  • 企業戦略
  • マネジメント体制
  • R&Dマネジメント
  • オペレーション戦略
  • ブランドマネジメント
  • マーケティング戦略
  • 企業・事業再生
  • 富裕層マーケティング
  • 現場力強化
  • ビジョン・企業ブランド構築
  • M&A・PMI支援
  • ITマネジメント
  • コスト削減
  • 営業戦略
  • ポートフォリオマネジメント
  • 商品開発能力強化

求める人物像

クライアントの成功と自身の成長を達成したいという想いを持つ人材

ローランド・ベルガーの求める人材像は、これまでの経験を最大限コンサルティングに反映できる人材である。コンサルタントになるにあたっては今までの常識が通用しないこともあるかもしれない。しかし、ビジネスパーソンとしての経験は、ハイパフォーマンスには必須である。加えて、自分自身をコンサルタントとして、強く成長させたいという思いも重要である。
コンサルタントのタイムラインは普通の社会人の何倍も速い。その中で価値を発揮するには柔軟性とスピード感と同時に心身のタフさも重要になってくる。

キャリアパス

ローランド・ベルガーにおける一般的なキャリアパス、および各ポジションの業務内容などを紹介する。

ジュニアコンサルタント

ジュニアコンサルタントは、プロジェクトメンバーの一員として、基本的な調査、分析などを行う。

【主な役割】

  • 2次情報(新聞記事、雑誌記事、調査レポート等)の検索・収集、まとめ
  • 各種数値(マクロデータ、クライアントの財務情報、業績等)の収集、分析
  • クライアント等関係者へのインタビュー、議事録作成
  • シニアコンサルタント、コンサルタントの指示に基づいた資料作成
  • クライアントのプロジェクトメンバーへの対応など

コンサルタント

コンサルタントは、ジュニアコンサルタントを活用しつつ、プロジェクトの担当モジュールのプランを策定し、実行する。

【主な役割】

  • 担当モジュールのワークプランの設計
  • 担当モジュールに関連する調査結果や分析結果の取りまとめ、資料作成
  • ジュニアコンサルタントに対する指示・指導
  • 2次情報(新聞記事、雑誌記事、調査レポート等)の検索・収集、まとめ
  • 各種数値(マクロデータ、クライアントの財務情報、業績等)の収集、分析
  • クライアント等関係者へのインタビュー、議事録作成
  • クライアントのプロジェクトメンバーへの対応など

シニアコンサルタント

シニアコンサルタントはプロジェクトメンバーのリーダーであり、プロジェクトの運営に責任を持つ。

【主な役割】

  • プロジェクト全体、もしくは担当の複数モジュールのワークプランの設計
  • 担当モジュールに関連する調査結果や分析結果、成果物の取りまとめ
  • 報告書の作成(ストーリーライン、構成なども含む)
  • コンサルタント、ジュニアコンサルタントに対する指示・指導
  • 2次情報(新聞記事、雑誌記事、調査レポート等)の検索・収集、まとめ
  • 各種数値(マクロデータ、クライアントの財務情報、業績等)の収集、分析
  • クライアント等関係者へのインタビュー、議事録作成
  • クライアントのチームリーダー、メンバーへの対応 など

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの統括者としてパートナーと連携し、アウトプットの質に責任を持つ。

【主な役割】

  • プロジェクト全体の設計(論点整理、フレームワーク作成、ワークプラン作成)
  • 報告書の構成、メッセージの検討、作成
  • より大きな視点からの洞察やクライアントに対する提言の検討
  • プロジェクトの進捗状況、品質の管理
  • プロジェクトメンバーの管理、教育
  • クライアントとの窓口として、日々のコミュニケーションの実施最終報告の実施 など

プリンシパル

プリンシパルは、ローランド・ベルガーの代表として担当クライアントとのリレーションシップマネジメントを行う。関係を維持しつつも、そこから新規ビジネスを開拓していく必要がある。

パートナー

パートナーは、実質的な事業責任者である。オフィスやチームのディベロップメントを行っていくこともパートナーの主な業務のひとつである。各パートナーは、担当の業界やテーマについて業方針を策定する。必要な組織やチームの構築、スタッフの採用・管理、社内制度の構築など、ベルガーの経営全体にかかわっていく。

トレーニング

クライアントに対して価値を提供し続けるための投資

ベルガーのトレーニングはまずは「コンサルタントとしてのベーシックスキルの習得」だけでなく、コンサルタントとして信頼を勝ち取るための「人間性」を養うことから始まる。
ローランド・ベルガーはこの2つの狙いを忠実に実現するためのトレーニング・プログラムおよびサポート体制を提供している。

共通プログラム

1.アドバンスド・トレーニング
---月に2、3回プレゼンテーションや財務・会計、ロジカルシンキングなど様々なテーマに沿ったスキル向上トレーニングを行っている。

2.オープンアイズ
---視野を広げ、より深く考える力と人間力を向上させるプログラムが用意されている。

3.グローバル・トレーニング
---グローバルファームである特徴を活かしヨーロッパでのグローバルトレーニングに参加する機会が用意されている。

4.サポートプログラム
---コンサルタントとしてのキャリア構築に必要なスキル習得をサポートする体制が整っている。
・語学研修サポート
・MBA留学支援
・海外エクスチェンジ・プログラム

社員の声

ローランド・ベルガーの社員の声を以下に引用する。

入社の動機

2000年、コンサルタントがまだ10人程度で全く無名だったころのローランド・ベルガーに入社しました。当時ローランド・ベルガーに代表として来たばかりの遠藤(現会長)と出会い、「これまでのコンサルティングファームではやれなかった本当に地に足ついた泥臭いコンサルティングをやりたい。一緒にコンサルティングベンチャーをやろう!」という言葉に共感し、入社を決意しました。
まずは、生半可な気持ちでは来てほしくないと思います。本当に大変な仕事です。決して逃げず、クライアントと悩み苦しむことができる気骨ある方に来てほしいと思います。
そして「本当にクライアントを愛せること」、これがこの商売をやっていくにあたっての絶対条件です。ローランド・ベルガーはまだ社員数が100名前後のベンチャーですし、業界ではチャレンジャーです。一緒に会社を作ってくれる同志は大歓迎です。絵を描くだけのコンサルティングはしたくないと思っているガッツのある人には最高の場と自負しています。

ローランド・ベルガー コーポレートサイトより引用

プロボノ

ビジネスと社会貢献の両立

現在、ローランド・ベルガーの東京オフィスでは、プロボノ活動の実施に向けての準備を進めている。
また、世界各地のBCGオフィスと連携したグローバル・プロジェクトに加え、日本のNPO等を支援する日本独自の取組みにも注力している。

■対象:グローバルに事業を展開するクライアント
■内容:「コアビジネスを通じた人類全体の豊かさの創造」に寄与するためのアクションプラン策定を支援。

最貧国バングラデシュでの現地動向調査を実施し、ビジネスと社会貢献を両立させるための事業モデル、組織体制、展開ステップなどを検討。

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

コンサルティングファームのインタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column

コラム一覧へ