アーサー・ディ・リトル Arthur D Little

 企業について
『コンサル業界大研究』抜粋
概要

世界初のコンサルティングファーム-クライアントが自走する「終わりなき革新」を支える

経営と技術の融合。クライアントの主体的なイノベーション創出を促すパートナー

ADLは、1886年にマサチューセッツ工科大学のアーサー・D・リトル博士が設立した世界初の経営コンサルティングファームである。
設立以来、〝イノベーションの実現〟を軸に蓄積した知見をもとに、高度化・複雑化が進む経営課題を解決しクライアントから高い評価を受けてきた。

ADLの特徴の1つとして、経営と技術の融合に対する深い知見がある。
技術革新をドライバーとした社会の変化を広く深く洞察し、市場、競争環境とクライアントの本質的強みを徹底的に分析したうえで、経営がとるべき道筋を描き出すのがADLのコンサルティングだ。多様なバックグラウンドをもつメンバーが、日々経営と技術の融合に向き合っている。
もう1つの大きな特徴は、「Side-by-Side(常に顧客とともにある)」というADL固有のコンセプトである。
プロジェクト開始時にはプロジェクトチームを牽引しつつも、最終的にはクライアントの事業活動の自立化を促すことをめざしている。そのために、戦略策定にとどまらず、戦略に合わせたソリューション(打ち手、取り組み施策)を実行に移せる体制の構築や、成長の基盤となるケイパビリティ(企業がもつ組織的能力)の支援にも力を入れている。
時には組織改革や人材育成まで踏み込んで支援することで、クライアントが主体的に革新を追求し始めることを目標とする。

テクノロジーを競争力のコアに位置づける広範な企業に対し、多様な機能・価値を提供

ADLのコンサルティングは、グローバルに事業を展開するクライアントが直面する、多様かつ複雑な経営課題を対象にしている。
プロジェクト遂行に際しては、産業・機能別の各領域に精通した国内外のプロフェッショナルによる最適なチームを、国境を越えて組成し、問題解決にあたる。

産業別の領域では、自動車・機械、エレクトロニクス、テレコム・ICT、食品、製薬・素材産業などの経営課題の解決に大きな強みをもつ。ただし、近年ではほとんどの産業がデジタルなどの各種テクノロジーによる
ディスラプション(破壊)に晒さらされているため、支援先となるクライアント領域は交通・建設・不動産・総合商社・広告など多岐に拡大し続けている。

機能別の領域では、大きく「アンティシペイト/イノベイト/トランスフォーム」の機能を提供する。
アンティシペイトは、自社とエコシステムを取り巻く大きな潮流を予測し、長期ビジョンや自社が進むべき大方針をつくるような未来型機能である。
イノベイトは、大きな潮流の変化を前提とした際に、自社が実現すべきイノベーションやビジネスモデルを描き、それに必要なケイパビリティの過不足を踏まえ、具体的な戦略に落とし込んでいく機能である。
そして、トランスフォームは、戦略を実現するために、外部のエコシステムを巻き込みながら自社を継続的に改革していくための、変革支援機能である。

ADLでは、この3領域に継続して取り組みつつ、今後は徐々にトランスフォームの割合を増やし、個別企業のみならず産業全体、あるいは産業を超えた社会全体の課題解決にも取り組み、それを先導していきたいと考えている。
そのために、イノベーションそのものだけでなく、イノベーション創出の仕組みづくりにも取り組んでいる。
一例として、JR東日本のプロジェクトが挙げられる。
JR東日本は、モビリティ革命に対応するためのイノベーション創出の仕組みとして、他社と広く連携しながら鉄道事業者の視点にとらわれない新たなアイデア創出・実証実験を行うコンソーシアム組織を設立した。
その際に、ADLはコンソーシアム組織の戦略策定、設立、運営マネジメントの支援を一貫して提供。現在では150社近くの企業が参加し、社会実装をめざしてテーマ検討や実証実験が進められている。

こうした取り組みの結果、ADLのクライアントには10年以上継続的に多岐にわたる戦略案件を依頼する事例も多数見られる。
さらに、近年ADLでは、「オープンコンサルティング」を標榜し、ベンチャー企業・最先端の専門家・アカデミア(大学や研究機関)と協業しながら、社会やクライアントの課題を解決する活動も進めている。

経営コンサルティングは、太い木を切り倒すような地道な仕事

ADLで働く醍醐味の1つは、若手コンサルタントの頃から自ら仮説を立て、プロジェクトを推進していく経験が積める点だ。他の戦略ファームでは、シニアメンバーが仮説を立て、若手は仮説検証に向けた調査や分析に従事することが多い。
それに比べてADLは少数精鋭のファームであるため、シニアと若手の距離が近く、若手にも裁量を与えるカルチャーがある。若手であっても自分で仮説を立て、クライアントの経営層とディスカッションを行う機会が与えられる。
人材の観点では、かつては理系出身者が多数を占める印象が強かったが、近年はバックグラウンドが多様化しており、出身学部別で見ても文理がほぼ同数程度になってきている。
また、各人のキャリア開発の志向性を踏まえてアサインが決められるうえ、充実した社内トレーニングやフィードバック/メンター制度・ワークライフバランス改善施策などの各種の仕組みを、小規模組織の強みを活かして柔軟に運用している。
こうした継続的にコンサルタントを成長させるための組織的な仕組みに投資し続けてきた努力が実を結び、業界では「コンサルタントの立ち上げ・育成に強みをもつファーム」としての評判を確固たるものにしている。

ADLが求める人材は、未知の事象をゼロベースで考え、苦しい局面でも最後までやりきる力をもつ「ノコギリ」タイプだという。
カッターやナイフは鋭く小さなものは切れるが、太い木を切り倒すことには適さない。企業経営の根本に関わる経営コンサルティングは、太い木を切り倒すような地道な道程。企業の本質を捉え、ゼロベースで考え、高い壁があっても逃げずに実行し、成果を出す。ADLは、そんな強い意思をもつコンサルタントを求めている。

アーサー・ディ・リトル のコンサルティング領域(機能別)/アーサー・ディ・リトル が考える経営と技術の融合

「終わりなき革新」の支援

アーサー・ディ・リトル(ADL)は、1886年にサチューセッツ工科大学のアーサー・D・リトル博士により設立された世界最初のコンサルティングファームである。
日本法人のアーサー・ディ・リトル・ジャパンは1978年に設立されている。
「クライアントに真の変革が訪れるのはクライアント自身が変わったとき」という信念が同社にはあり、それがコンサルティングの原点となっている。“Side by Side”で常に顧客と共に、“腹に落ちる”提言を追求している。
製造業関連のコンサルティングに大きな強みを持っているのが特長である。

アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
Arthur D Little
  • 代表者
    マネージングパートナー 日本代表 原田 裕介
  • 設立
    1978年(日本法人)
  • 所在地
    東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター36階
      

理念

【目指すゴール】

ADLのミッションは、生産性重視の時代からクリエイティビティ重視の新しい時代へ、ビジネスや組織を導くことです。
私たちはイノベーティブなソリューションを通じ、クライアントが破壊的イノベーションに対峙するご支援をいたします。
私たちは情熱を持ち、時代の変化に機敏に対応しながら、正確かつ実際的なサービスを提供します。
"Side-by-side"の姿勢でクライアントに寄り添って仕事に取り組み、変化を起こします。
私たちは、ブレイクスルーを可能にします。

https://www.adlittle.jp/ja/about-us/missionより引用

沿革

Arthur D. Little Inc. 〜120年の歴史〜

1886 年、マサチューセッツ工科大学のアーサー・D・リトル博士により、ADLは世界最初の民間受託研究機関として、マサチューセッツ工科大学のキャンパス内に設立された。
設立当初は技術開発の委託研究を中心に活動していたが、1920年代のにゼネラル・モーターズ(GM)における新たな経営手法導入に関するプロジェクトを担当したことをきっかけに、経営コンサルティングファームとしての活動をスタートさせた。

ADLジャパン 〜40年にわたる活動〜

ADLジャパンは1978年に世界の重要拠点のひとつとして設立された。それ以後、40年以上に亘り、日本国内のトップマネジメントに対して、コンサルティング・サービスの提供を行っている。

1886å¹´
MITの学生であったArthur Dehon Little、Roger Griffinが”Grifin&Little”を設立。
1893å¹´
Griffin&Littleが独自の知見に基づき化学的製紙方法を記した「製紙の化学」という書物を出版、業界の標準参考書となる。
Griffinの死去によりArtuhr D. Littleに改称。
1899å¹´
MITの化学教授であったWilliam H. WalkerがArthur D. Littleに参加、社名をLittle&Walkerに改称。
1908å¹´
GM(ゼネラル・モーターズ)初の中央研究所設立の支援を行う。
本プロジェクトを皮切りに、マネジメントコンサルティングの領域へと活動領域を拡大。
1909å¹´
Arthur D. Little Inc.に改称、少数精鋭の株式会社として新たなスタートを切る。
1978å¹´
日本支社ADL Japan設立。山下義通氏が社長に就任。
1998å¹´
社長にグレン・F・フクシマが就任。
2000å¹´
社長にマイケル・サウスマンが就任。
2006å¹´
社長に原田祐介氏が就任。
2014å¹´
シンガポールに支社を設立、アジアへの展開を加速。
2016å¹´
汐留にオフィスを移転。

サービス

インダストリー

  • 自動車
  • 化学・素材(金属/紙/パルプ)
  • エネルギー・ユーティリティ
  • 医薬・ヘルスケア
  • 機械(産機/工機/建機/農機)
  • 食品/飲料・他消費財
  • IT/SI・通信
  • 流通・サービス

ファンクション

  • 事業戦略・ビジョン策定
  • 組織(制度/風土)・人材改革
  • 事業再生・デューデリジェンス
  • オペレーション・業務改革
  • 製造・物流革新
  • イノベーションマネジメント
  • 知的財産マネジメント
  • サスティナビリティ・RM

求める人材

「顧客と共に革新を実現するファシリテータ」

ADLは以下の資質をもつ人材を求めている。

  • 自立的思考力、クリエイティビティ、アントレプレナーシップ
  • グローバルな視野、海外で働くことへの積極性
  • アイデアを実行に移す能力
  • 専門領域が異なるメンバー間で効率的に仕事を進める能力
  • 新たな経験から素早く学ぶことのできる能力

優れた問題解決力や実行力に加え、クライアントの成長に熱意を持って携われる方が求められている。

キャリアパス

ビジネスアナリスト

主に、プロジェクトチームが構築した仮説の、真偽を検証する役割を担う。データ分析、課題発見、そしてソリューション構築までを行う。

コンサルタント

プロジェクトチームのリーダー的役割である。課題を深堀りし、解決のディレクションを示す。最終的な提言のとりまとめを行う。

マネージャー

プロジェクト全体の運営に責任を持つ。全体進捗を見つつ、最終的な提言のレヴェルを高める作業をする。また、クライアントの自律的革新への地ならしを行うことが求められる。

プリンシパル

業界で認められている経験豊富なプロフェッショナルとして、より大規模で複雑なプロジェクトを計画、管理、提供する。また、社内ビジネスの1つ以上の重要分野の専門リーダーとしてコンサルティング手法の開発や運用も行う。

パートナー

プロジェクトの総括責任をもつ。クライアントとの関係をマネジメントし、主体的な実行を促す。ファームのトップマネジメントとしてのADLの質を高め、成長させ続ける役割も担う。

トレーニング

ADLでは、各個人の成長や希望に合わせたトレーニングが受けることができる。
入社後には一人一人にメンターが割り当てられ、パートナーから組織文化やビジネスプロセスなどを学ぶ機会が設けられている。また、アサインされるプロジェクトはチャレンジングなものが多く、メンターやチームメンバーと議論を重ねながら実践の中で力をつけることができる。
グローバルスタッフが参加するトレーニングコース(ドバイ、アテネ、プラハ、バロセロナ等で行われる。)もあり、ネットワークの構築をすることができる。

プロボノ

ADLは、クライアント企業が持続可能性を事業戦略に組み込めるような支援を心がけている。

書籍

ADLへの転職を志す方へ、面接までに読むべきお勧めの書籍をご紹介します。

  • 世界が絶賛する「メイド・バイ・ジャパン」
    川口 盛之助

  • スローン・コンセプト 組織で闘う
    アリン・フリーマン (著)
    アーサー・D・リトル(ジャパン) (翻訳)

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

コンサルティングファームのインタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column

コラム一覧へ