プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)P&G Japan Limited

 企業について

革新的な技術とアイデアで「暮らし感じる、変えていく」

プロクター・アンド・ギャンブル(以下P&G)は、世界180か国、約50億の人々に信頼と高品質の製品を届ける世界最大の日用消費財メーカー。

「暮らし感じる、変えていく」という企業メッセージのもと、時代とともに変化する消費者ニーズの深い理解に努め、革新的な技術とアイデアによって、よりよい暮らしを追求。人々の価値観や暮らしを見つめ、“生涯のパートナー”となりうる製品を生み出し続けている。

アリエール、ジレット、パンテーン、ウエラ、SK-II、ブラウンなど、世界の人々から愛される主力製品を持ち、暮らしと密接につながった製品とサービスが特徴。
紙おむつ「パンパース」は育児事情を大きく変え、「ウィスパー」は女性の生理用ナプキンに革命を起こしたと言われる。「ファブリーズ」など、新しい生活習慣を生む製品も次々に開発している。

マーケティングにも「革新」を起こしたP&G

1837年、ローソク職人ウィリアム・プロクターと石鹸職人ジェームス・ギャンブルがビジネスパートナーとして手を組み、米国オハイオ州シンシナティにてプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)を設立。

P&G製品への需要が増した1890年代、シンシナティ外へも工場設備を設ける。
「革新」を礎にした企業風土からフレーク状洗濯・食器用石けん「アイボリー フレークス」、初の家庭用合成洗剤「ドレフト」などが誕生。ラジオドラマの提供、製品サンプリングなど、マーケティング手法においても革新を生んだ。

グローバルな研究開発ネットワークで世界中へ製品を届ける

1946年に発売の洗濯用洗剤「タイド」のヒットから、新製品や新たな市場への投資を実現。メキシコ、ヨーロッパなど海外進出への道を踏み出すこととなった。

1973年には日本へ進出し、現在もプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社として販売戦略の重要な役割りを果たしている。

ビジネス拠点が世界23か国に達した1980年、売上高は110億ドル近く、利益は1945年当時の35倍となり、米国で有数のグローバル企業へと成長。現在のビジネスの柱であるヘルスケア事業と化粧品事業に参入した。

米国・ヨーロッパ・日本・ラテンアメリカにハブ機能をおいたグローバルな研究開発ネットワークも構築し、後に「パンテーン」、「ウィスパー」、「アリエール」などの主力グローバルブランドを開発する基盤が整った。

2000年代以降も「消費者がボス」という考えを貫き、世界180か国46億人の消費者へ製品やサービスを提供するメーカーへと成長。
現在の事業拠点は約70か国に及び、ビューティー、グルーミング、ヘルスケア、ファブリック&ホームケア、ベビーケア&ファミリーケアと、幅広く事業展開している。

P&Gは、社員一人ひとりが消費者の暮らしをよりよいものにするために、日々努力することを誓っており、革新的な製品を世に送り出し続けている企業である。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン合同会社(P&Gジャパン)
P&G Japan Limited
  • 代表者
    スタニスラブ・ベセラ
  • 設立
    2006年
    (1973年にプロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム株式会社として、日本で営業開始)
  • 所在地
    本社:〒651-0088
    神戸市中央区小野柄通7-1-18
    東京オフィス:〒104-0031
    東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン

 

 

理念

以下にP&Gの理念を引く。

世界の人々の、より良い暮らしのために

P&G社員のすべての活動の原点になるものが「企業理念」です。
社員一人ひとりが誠実であること、すべての個人を尊重すること、そして、常に正しいことを行うという当社の伝統は、175年以上続くP&Gの長い歴史を通じて脈々と受け継がれてきました。
世界中のP&G社員が、世界中のお客様の信頼に応えて、より優れた品質と価値をもつ製品とサービスを提供するため、日々、最善を尽くしています。

企業目的 PURPOSE

私たちは、現在そして未来の、世界の消費者の生活を向上させる、優れた品質と価値をもつP&Gブランドの製品とサービスを提供します。
その結果、消費者は私たちにトップクラスの売上と利益、価値の創造をもたらし、ひいては社員、株主、そして私たちがそこに住み働いている地域社会も繁栄することを可能にします。

共感する価値 VALUES

P&Gは、社員とその生き方を導く価値観(バリュー)とから成ります。 私たちは、世界中で最も優秀な人材を引きつけ、採用します。 私たちは、組織の構築を内部からの昇進によって行い、個々人の業績のみに基づき社員を昇進させ、報奨します。 私たちは、社員が常に会社にとって最も重要な資産であるという信念に基づき、行動します。

行動原則 PRINCIPLES

以下は、企業目的および共有する価値観から派生する、社員の行動原則です。
・私たちは、すべての個人を尊重します。
・会社とその個人の利害は分かち難いものです。
・私たちは、戦略的に重要な仕事を重点的に行います。
・革新は、私たちの成功の礎です。
・私たちは、社外の状況を重視します。
・私たちは、個人の専門能力に価値をおきます。
・私たちは最高を目指します。
・相互協力を信条とします。

http://jp.pg.com/about/policy/index.jspより引用

Our Foundation

Taken together, our Purpose, Values and Principles are the foundation for P&G’s unique culture. Throughout our history of nearly 175 years, our business has grown and changed while these elements have endured, and will continue to be passed down to generations of P&G people to come.

Our Purpose unifies us in a common cause and growth strategy of improving more consumers’ lives in small but meaningful ways each day. It inspires P&G people to make a positive contribution every day.

Our Values reflect the behaviors that shape the tone of how we work with each other and with our partners.

And Our Principles articulate P&G’s unique approach to conducting work every day.

Our Purpose

We will provide branded products and services of superior quality and value that improve the lives of the world’s consumers, now and for generations to come. As a result, consumers will reward us with leadership sales, profit and value creation, allowing our people, our shareholders and the communities in which we live and work to prosper.

Our Values

    ■Integrity

  • We always try to do the right thing.
  • We are honest and straightforward with each other.
  • We operate within the letter and spirit of the law.
  • We uphold the values and principles of P&G in every action and decision.
  • We are data-based and intellectually honest in advocating proposals, including recognizing risks.
    ■Leadership

  • We are all leaders in our area of responsibility, with a deep commitment to delivering leadership results.
  • We have a clear vision of where we are going.
  • We focus our resources to achieve leadership objectives and strategies.
  • We develop the capability to deliver our strategies and eliminate organizational barriers.
    ■Ownership

  • We accept personal accountability to meet our business needs, improve our systems and help others improve their effectiveness.
  • We all act like owners, treating the Company’s assets as our own and behaving with the Company’s long-term success in mind.
    ■Passion for Winning

  • We are determined to be the best at doing what matters most.
  • We have a healthy dissatisfaction with the status quo.
  • We have a compelling desire to improve and to win in the marketplace.
    ■Trust

  • We respect our P&G colleagues, customers and consumers, and treat them as we want to be treated.
  • We have confidence in each other’s capabilities and intentions.
  • We believe that people work best when there is a foundation of trust.

Our Principles

    ■We Show Respect for All Individuals

  • We believe that all individuals can and want to contribute to their fullest potential.
  • We value differences.
  • We inspire and enable people to achieve high expectations, standards and challenging goals.
  • We are honest with people about their performance.
    ■The Interests of the Company and the Individual Are Inseparable

  • We believe that doing what is right for the business with integrity will lead to mutual success for both the Company and the individual. Our quest for mutual success ties us together.
  • We encourage stock ownership and ownership behavior.
    ■We Are Strategically Focused in Our Work

  • We operate against clearly articulated and aligned objectives and strategies.
  • We only do work and only ask for work that adds value to the business.
  • We simplify, standardize and streamline our current work whenever possible.
    ■Innovation Is the Cornerstone of Our Success

  • We place great value on big, new consumer innovations.
  • We challenge convention and reinvent the way we do business to better win in the marketplace.
    ■We Value Personal Mastery

  • We believe it is the responsibility of all individuals to continually develop themselves and others.
  • We encourage and expect outstanding technical mastery and executional excellence.
    ■We Seek to Be the Best

  • We strive to be the best in all areas of strategic importance to the Company.
  • We benchmark our performance rigorously versus the very best internally and externally.
  • We learn from both our successes and our failures.
    ■We Are Externally Focused

  • We develop superior understanding of consumers and their needs.
  • We create and deliver products, packaging and concepts that build winning brand equities.
  • We develop close, mutually productive relationships with our customers and our suppliers.
  • We are good corporate citizens.
  • We incorporate sustainability into our products, packaging and operations.
    ■Mutual Interdependency Is a Way of Life

  • We work together with confidence and trust across business units, functions, categories and geographies.
  • We take pride in results from reapplying others’ ideas.
  • We build superior relationships with all the parties who contribute to fulfilling our Corporate Purpose, including our customers and suppliers, universities and governments.

http://www.pg.com/en_US/company/purpose_people/pvp.shtmlより引用

沿革

1837年に米国オハイオ州シンシナティにて、小さな石鹸・ろうそくメーカーとして誕生。
経済恐慌や南北戦争の混乱の中においても「誠実なものづくり」の精神を保ち、消費者の信頼を勝ち取ったことから、大きく事業を展開することとなる。

1837年
ローソク職人ウィリアム・プロクターと石鹸職人ジェームス・ギャンブルの共同出資により米国オハイオ州シンシナティにて創設
1890年〜
シンシナティの外へも工場設備を設置
フレーク状洗濯・食器用石けん「アイボリー フレークス」、初の家庭用合成洗剤「ドレフト」などが誕生
1945年〜
洗濯用洗剤「タイド」が爆発的にヒット
歯磨き剤「クレスト」や「パンパース」など紙製品ビジネスを拡大
メキシコ、ヨーロッパ、日本など海外市場へ進出
1980年代
ビジネス拠点が世界23か国に到達
売上高は約110億ドル、1945年当時の35倍の利益に成長
ヘルスケアや化粧品事業へ参入
米国・ヨーロッパ・日本・ラテンアメリカに研究開発ネットワークを構築
1985年
リチャードソン・ヴィックス社を買収
1991年
マックスファクター社を買収
1999年
クレイロール、アイムスカンパニーを買収
2000年代
世界180か国・46億人の消費者へ製品とサービスを提供
2003年
ウエラを買収
2005年
ジレット社を買収
2008年
アイムスジャパンを吸収合併
2021年
社名及び組織をP&Gジャパン合同会社に変更

サービス

  • ビューティー
  • グルーミング
  • ヘルスケア
  • ファブリック&ホームケア
  • ベビーケア&ファミリーケア

求める人物像

P&Gでは、自分の能力を常に最大限に発揮し、ビジネスや組織を構築できる人材が求められる。
前提として、P&Gの企業方針・価値観・理念に共感し、実践できる事も重要。

具体的には、以下3つの「力」を持ち合わせていることと、それらを意欲的に高めるために考え行動することのできる人がP&Gで活躍できるとされている。

  • つねに革新や改善を目指してアンテナを張りながら、さらに大きな目標に向かって進んでいく、さらに自分の成し遂げたいことやしなければならないことを、周囲の人々を巻き込んで実現に導く力
  • 国内・国外また社内外問わず、すべてのネットワークを資源として活用し、同時に自分の思いや考え、方法などを論理的に発信していく力
  • ビジネスを成功へとつなげていくための情熱と不屈の精神を持ち、何があっても断念せず、新たな大きな課題に向かい、解決していく力

キャリアパス

P&Gでは、“Build From Within(内部昇進制)”という「将来会社を担う人材は、社内部で育成する」という考えを取り入れている。
グローバルかつ個人を尊重しながら、チャレンジングな仕事によって、一人ひとりが飛躍的なスピードで成長できる環境を作っている。

入社1年目より、難易度が高く、ビジネスへ大きな影響を及ぼす仕事を任され、大きな裁量権が与えられるなど、活躍の場が設けられている。
また、立場を超えて様々な人へとコーチングやフィードバックを求めることができる。求められた人も丁寧で率直なフィードバックをするという慣習があり、社員間で互いの成長が促進されている。
自分のなりたい人物像や将来の目標について上司と相談する機会が設けられ、それを踏まえて配置が考慮されるシステムとなっている。

マーケティング職種のキャリアパス

アシスタントブランドマネージャー(ABM)
市場分析や消費者分析、広告開発(TV・雑誌・店頭など)やプロモーションプランに携わる。また、英語研修やCM開発研修などが設けられている。(入社〜3年目を目安としている)

ブランドマネージャー(BM)
担当ブランドの経営・マーケティングはもちろん、人材育成や組織強化も担う。人材育成研修などが設けられている。(勤続4年目〜を目安としている)

アソシエートマーケティングディレクター(AMD)
担当カテゴリーの経営・マーケティングに加え、マーケティング本部の組織強化や地域・世界戦略立案に携わる。(勤続8年目〜を目安としている)

マーケティングディレクター(MD)
アソシエートマーケティングディレクターと同様の業務に加え、責任領域が広がる。(勤続12年目〜を目安としている)

ジェネラルマネージャー(GM)
担当カテゴリーのビジネス経営、複数部門の組織強化、世界戦略立案を担う。(勤続15年目〜を目安としている)

HR職種(事業部・各部署・工場人事、コーポレート業務)のキャリアパス

アソシエイトマネージャー
組織にまたがるHRシステム(採用・教育・報酬、福利厚生・労務等)の開発や導入などを担う。

マネージャー
小~中規模なHRシステムのオーナーとしてその分野のエキスパート。人材育成にも携わる。

シニア マネージャー
グループリーダー、もしくは工場などの事業部担当。人材育成にも携わる。

アソシエイト ディレクター
事業所・事業部・国のHRのトップ。2つ以上の事業部や海外での業務も担う。

ディレクター
大きな事業所や地域を統括。世界的なエキスパート。

ヴァイス プレジデント
地域または世界の事業部全体を統括する。 HRのシニアマネージャーの管理や育成も担う。

トレーニング

人材育成への投資を惜しまぬ「トレーニングカンパニー」

世界に通用するプロフェッショナル育成のため、成長よって様々なトレーニングが用意されている。社員一人ひとりの飛躍的な成長を促す。
P&Gのトレーニングは質・量ともに非常に充実しているとし、世界的な定評を獲得している。

○コーポレートトレーニング
P&Gの全社員に必要とされる能力を育成する。講義形式ではなく、実技やディスカッション、ケーススタディを通してのトレーニングが主流である。自身の得手不得手を知り、そのうえで何を学ぶべきかを上司と相談し、必要なトレーニングに参加する。
例として「Global Communication Skill Training」があげられる。
これは単に英語を学ぶだけではなく、様々な文化の人々の中で、ビジネスをより効果的に進めるために必要なコミュニケーションスキルを学ぶトレーニング。各人のレベルにあったプログラムを実施し、特に新入社員研修時には集中トレーニングを行う。
その他新入社員研修、階層別に必要なマネージメント・スキルを習得するトレーニング、効果的なミーティングを行う際に必要なビジネス・スキル・トレーニングなどが数多くある。

○ファンクショナルトレーニング
各職種独自の専門能力を身に付けるトレーニングを行う。

○OJT(ON-THE-JOB-TRAINING)
日々現場で行われるトレーニングであり、最も大きな効果が発揮される。仕事を通して仕事の全てを学んでいく。

プロボノ

P&Gだからこそできるグローバルな社会貢献

P&Gは、「世界の人々によりよい暮らしを」という企業目的を持ち、自社の強みを活かした“P&Gだからこそできる社会貢献”を推進。
「安らげる暮らしの場」「健康と衛生」を2つの柱とし、グローバルな活動を展開している。

国内の活動事例

○女性支援
“仕事と子育ての両立”をサポートするNPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンターを、2006年の設立当初から支援。
また、ヘアケアブランドのパンテーンでは、NPOキャンサーリボンズと協働し、がん治療中の女性へウィッグを提供。

○子ども支援
日本初の小児がん専門治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」への乳幼児診察室の開設を支援。
また、国際的に活躍する理系の人材を育てる、文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業」を応援し、社員ボランティアが高校生に向けて、P&G製品の科学的側面を英語で授業。

○防災、災害、復興支援
東日本大震災の復興支援や、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)と連携。

○地域支援
積水ハウス株式会社と共同で「公益信託神戸まちづくり六甲アイランド基金」を設立。
国際的なまちづくりや子どもたちの文化交流など多彩な活動が進められている。

    グローバルでの活動事例

  • 経済的援助を必要とする家族が人間らしく暮らせるための支援
  • ハリケーン被災地巡回支援
  • 子どもたちのための安全な飲み水プログラム支援

社員の声

世界に通用する人材となるためにP&Gを志望したという声が多く、希望する仕事に携わりやすい環境であるためにやりがいを感じている社員が多い。
海外部署とのコミュニケーションを持って働いている社員はこう語っている。

P&Gを選んだのは、将来海外でも働けるようになりたかったためです。製品が海外で売られている・海外にも子会社がある、というような意味での“グローバル”ではなく、言語や仕事の進め方、文化などが“グローバル”な環境で仕事をし、日本の外でも働ける人材になりたいと思いました。
日本では当たり前のことも海外ではそうでないこともあるので、P&Gに入社し、周囲の先輩がそれをしっかり理解し、どんな背景を持つ人に対してもわかりやすいようにコミュニケーションをとっている様子を見ると、互いにダイバーシティを尊重し合っていることを実感します。

http://pgsaiyo.com/campus/voice/voice_26.htmlより引用

また、P&Gでは入社当初からプロジェクトリーダーを任されるなど、能力のある人物には早期にキャリアアップの機会が与えられている。社員同士で成長を促し合う姿勢に魅力を感じている社員も多い。

プロジェクトリーダーとして、ビジネスの問題を発見・定義し、人を巻き込みながら解決していくことを入社と同時にできることが非常に魅力的でした。さらに、インターンシップを通じて出会った全ての社員が“チームの成長”のために、フィードバックをしている姿勢が強烈に印象に残っています。
“人が人を育てる”ことが当たり前として、組織に浸透していることが最終的な入社の決め手になりました。

http://pgsaiyo.com/campus/voice/voice_19.htmlより引用

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

事業会社の求人情報Recruit

求人一覧へ

セミナー情報Seminar

転職コラムColumn

事業会社のインタビューInterview