KPMGコンサルティングの企業情報 KPMG Consulting

 企業について
『コンサル業界大研究』抜粋
概要

「攻め」と「守り」の両輪で、サステナブルな成長を実現する

グローバルにおいて高い評価を受ける、BIG4の一角

KPMGコンサルティングは、PwC、デロイト、EYなどとともにBIG4の一角をなす総合コンサルティングファームだ。
KPMGグループは、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームとして、100年以上の歴史を培ってきた。154の国と地域に約20万名のプロフェッショナル(2022年現在)を擁するグローバルネットワークを活かし、クライアントの価値向上と課題解決を支援している。同社は世界的に高い評価を得ており、GoogleやAppleなどと並び、毎年人気ランキングの上位に名を連ねている。

KPMGコンサルティングの最大の特徴は2014年創立という若さだ。社会のグローバル化が急速に進み、生産拠点やR&Dセンターを海外に移す日本企業はガバナンスの構築を含めた対応に追われている。また、ITの進化は業務を効率化させる一方で、企業はサイバー攻撃などへのセキュリティ対策が求められている。そのような中、アドバイザリーサービスの提供体制を一段と強化するため、KPMGマネジメントコンサルティングとKPMGビジネスアドバイザリーを統合、組織再編して生まれた。グローバル規模での事業モデルの変革やオペレーションの改善を、最先端テクノロジーの活用により支援する。

「攻め」と「守り」の両輪で提供する、多角的なコンサルティングサービス

現在、KPMGコンサルティングは、幅広い業界のクライアント企業に対して、「攻め(マネジメントコンサルティング)」と「守り(リスクコンサルティング)」の両面で経営全般を支援している。

マネジメントコンサルティングはMCユニットと呼ばれ、「Business Transformation」と「Technology Transformation」の2つの分野で構成されている。
企業のさらなる成長や事業モデルの変革を目的として、戦略立案から業務プロセス改善、ITシステム導入までの「攻めの経営」を実現するプロセスを一貫して手がけられる体制を構築している。

また、リスクコンサルティングはRCユニットと呼ばれ、「Risk & Compliance」の分野を担当する。
企業の成長をより確実で持続可能なものにすることをめざし、リスクマネジメントから内部統制構築、内部監査支援、個人情報やサイバーセキュリティ対策まで、万全の「守りの経営」をサポートしている。
この「攻め」と「守り」の両輪で企業の新たな成長をドライブしていくことが、同社のミッションだ。

また、デジタルへの対応力を強化するため、2019年には先端テクノロジー開発とデジタルエキスパートを結集させ、株式会社KPMG Ignition Tokyoとして法人化。社会や企業からのDXなどのデジタルニーズに応えられるような人材開発プログラムを開始している。

ジャパン・リスペクトを重視し、KPMGコンサルティングファンをつくる

KPMGジャパンのめざすビジョンは「The Clear Choice」、すなわち、ファームメンバーの1人ひとりが真のプロフェッショナルとして、卓越したサービスを提供することにより、ステークホルダーから常に選ばれる存在になることである。同社は、「社会からの信頼」を何よりも重視し、クライアントの健全な成長に貢献し、かつ人を大切にするNo.1ファームをめざしている。このようなスタンスを維持できるのは、KPMGグループがジャパン・リスペクトの姿勢をもち続けてきたから。従業員に対して、利益面での短期的な貢献を強いるのではなく、クライアントと長期的な信頼関係を築くことを大切にする、日本ならではの姿勢を尊重しているのだ。

このような背景のもと、同社は数多くの「ファン」をつくることをめざす。クライアントの経営陣から広く認識され、AIやIoT、RPAなどの最新テクノロジーを用いた新たな取り組みの際には必ず声がかけられ、「成長のために一緒に汗をかいてほしい」と握手を求められるような存在が目標だ。

同社ではクライアントにファンになってもらうために、まずは社員自身がKPMGコンサルティングのファンとなることをめざす。そのために「オーナーシップ」「リスペクト」「コラボレーション」という3つの言葉を重視しており、プロフェッショナルとして常に当事者意識を忘れず、あらゆる立場の違いを超えて相手を尊重し、チームとして助け合いながら動いていけるような組織づくりが進められている。実際、社員に話を聞いても、ほとんどの社員が自社の魅力を「人柄」や「社風」と話す。会社としては発足間もない若い組織だからこそ、文化風土が形づくられて根づいていくのもこれからだ。

今は、組織風土を形づくるステージ。新卒を将来の「柱」として捉える

KPMGコンサルティングと他のBIG4の大きな違いは、一企業としてのステージにある。まだ成長ステージにあるからこそ、新卒への経営陣のコミットメントの強さには自信をもっているという。
あるパートナーは、新卒を単なる“今年の新人”としてではなく、会社の文化をつくり、同社を率いていく「柱」となる人材として捉える意識が強いと話す。

通常、コンサルティングファームに入社すると1日も早く即戦力に仕立てるべく、すぐにプロジェクトにアサインされて鍛えられていく。KPMGコンサルティングの新卒も当然にプロジェクトでのOJTは重視されており、現場で力をつけてもらう志向は他社と変わらない。ただ、「人間力」が問われるステージにいるからこそ、足腰となるコンサルタントの基礎力を徹底的に身につけるための集中トレーニングやプロジェクトローテーション、1人ひとりへのスキルケアなどの環境を充実させている。それほどに新卒への期待が大きいのだ。
まだ成長段階にあるファームの中で将来の柱となるべく邁進したい人、誠実かつ健全な組織で人間力を武器に働きたい人にはぴったりのファームではないだろうか。

154 の国と地域に約20万名のプロフェッショナルを擁するKPMG KPMGコンサルティングのサービス

KPMGは、世界146の国と地域で展開し、約23万名の従業員を擁するグローバルネットワークで、監査(AUDIT)、税務(TAX)、アドバイザリー(ADVISORY)領域のサービスを展開する世界的プロフェッショナルファーム。Big4(世界4大会計事務所)の一角として知られる。
各国のメンバーファームは独立した組織として存在しながらも、スイスのKPMG International Cooperative(KPMGインターナショナル)に加盟しており、統一されたハイクオリティなサービス提供を行っている。

日本では、8つのプロフェッショナルファームが「KPMGジャパン」を構成しており、そのうちのアドバイザリーを担うのがKPMGコンサルティングである。各分野の専門家による知見やスキル、更にはKPMGのグローバルネットワークが持つリソースを活用しながら、顧客の抱える経営課題解決のための総合的なサービスを提供している。

積極的な事業モデル変革や企業成長を促すマネジメントコンサルを「攻め」の支援、あらゆるリスクから企業を守るリスクコンサルティングを「守り」の支援と位置づけた、攻守両輪での企業サポートが特徴。
「攻め」のマネジメントコンサルティング分野では、グローバル規模でのビジネストランスフォーメーション、戦略立案、事業プロセス改善、ITシステム導入など広範な領域を一気通貫で支援する体制を構築、一方で「守り」のリスクコンサルティングの領域では、リスクマネジメント、内部監査支援、内部統制構築の他、個人情報保護やサイバーセキュリティまで、あらゆるリスクに対応するサービスを提供している。

KPMGコンサルティング
KPMG Consulting
  • 代表者
    代表取締役社長 兼 CEO 宮原 正弘
  • 設立
    2014年7月(日本オフィス)
  • 所在地
    東京都千代田区大手町1丁目9番7号
    大手町フィナンシャルシティ サウスタワー


理念

以下にKPMGコンサルティングの企業理念を引く

Value

  • Integrity:
    誠実に行動する
  • Excellence:
    自己研鑽を重ね、高品質なサービスを提供し続ける
  • Courage:
    正しいことを追求し、新たな価値創造に果敢に挑む
  • Together:
    互いに尊重しあい、多様性を強みに変える
  • For Better:
    未来を見据え、社会の発展に寄与する

https://home.kpmg/jp/ja/home/about/kpmg.html

沿革

KPMGコンサルティングは、KPMGマネジメントコンサルティング株式会社とKPMGビジネスアドバイザリー株式会社を前身とし、両社の統合により2014年に設立された。
近年の複雑化/高度化していく企業環境によるアドバイザリーサービスの需要増加を背景に、企業成長や事業変革を支援する「マネジメントコンサルティング」と、確実かつ持続可能な企業成長を支える「リスクコンサルティング」を柱として立ち上げられたプロフェッショナル集団である。

2014年7月
KPMGマネジメントコンサルティング株式会社とKPMGビジネスアドバイザリー株式会社の統合により設立

サービス

インダストリー

  • 金融
  • エナジー&インフラストラクチャー
  • ライフサイエンス
  • 自動車
  • テクノロジー・メディア・テレコム
  • 公共セクター
  • コンシューマーサービス
  • 製造

ファンクション

  • ストラテジー&オペレーション
  • フィナンシャルマネジメント
  • 組織・人材マネジメント
  • ITプランニング
  • ITアーキテクチャデザイン
  • ITガバナンス
  • ITプログラムマネジメント
  • デジタルトランスフォーメーション
  • ガバナンス/内部監査/内部統制
  • 海外グループ管理
  • サイバーセキュリティアドバイザリー
  • エンタープライズソリューション導入

求める人物像

KPMGでは以下の3つの資質が求められている。

Ownership

プロフェッショナルとして当事者意識をもって自己研鑽に励み、チーム、KPMGコンサルティング、KPMGを常に代表しているという意識をもって、仕事ができる。

Respect

KPMGコンサルティングは、さまざまな経験、アイデアを持った人たちからなるDiversityあふれる集団。人を批判するのではなく、相手の言葉に耳を傾け、理解し、尊重する気持ちを持っている。

Collaboration

プロジェクトチーム内はもちろん、ソリューション部門、セクター部門、KPMGグループ各社とのCollaborationを意識し、クライアントに最高の価値を提供できる。

キャリアパス

KPMGコンサルティングには、7段階に分類されたキャリアパスがある。
能力や経験に応じた職層に各々配属され、その後は、そこで獲得した能力・経験に応じてキャリアアップしていく。
7つの職層は以下の通り。

ビジネスアナリスト

コンサルタント

シニアコンサルタント

マネジャー

シニアマネジャー

ディレクター

パートナー/プリンシパル

トレーニング

KPMGではコンサルタントに求められる力として、以下の4つ挙げている。

  • Consulting Foundations(コンサルティング基礎力)
  • Solution & Industry(深い専門性・知見)
  • Digital & Emerging Technology(先進テクノロジーを編み込んだ変革創出力)
  • People & Leadership(グローバルな視点からクライアントをしっかりとナビゲートしていけるリーダーシップ)

これらの力を身に着けるための体系的な研修プログラムが用意されている。

以下に例を挙げる。
「コンサルティング基礎力強化研修」
「KPMGインターナショナル共通 テクノロジー基礎トレーニング」
「KPMGジャパン New Manager Workshop」
「海外オンサイトトレーニング」
「海外短期研修プログラム」

社員の声

KPMGは比較的新しい会社であるため、若手にも積極的に挑戦させる組織作りに注力しているようだ。

新卒でKPMGに入社したコンサルタントたちはこう語る。

現在のプロジェクトにアサインされる前に受講していた新入社員研修は、大変刺激的でした。特に印象的だった研修が、実在の企業を取り上げて新規事業を立案するというもので、データ分析から発表に至るまで、限られた時間の中、受講者一丸となって気合いを入れて取組みました。しかしレビューの場では、詰めの甘かった点をとことん指摘されることに。予想されたこととはいえ、落ち込みました。しかし今振り返ると、短期間ながらもその研修を通じてかなり力を付けられたと思っています。
プロジェクトのメンバーは多様なバックグラウンドを持つそれぞれの分野の専門家が集まっており、互いの知見を交換しながらディスカッションを進めています。その中に身を置いていると、まさに専門性のレンジの広さと人材の質の高さが実感でき、自分の視野の外で起きていることに触れられているという喜びを得られます。このプロジェクトに参画できたことは、大きな成長につながりました。

https://recruit.kpmg-consulting.jp/interview8.htmlより引用

当社では原則として、新人の間はマネジメントコンサルティング部門のStartUpsという部署に所属し、適性や志望を考慮してもらいながら、いくつかのプロジェクトをローテーションし、コンサルタントとしての基礎を学んでいきます。研修後に私が最初にアサインされたのは、製造業のクライアントの販売プロセス改革プロジェクトでした。このプロジェクトで私は先輩社員のサポート役として業務を行いながら、ゼロベースでスキルを学んでいきました。その中で、特に印象に残っているのはクライアントの役員向けの報告会資料の一部を作成したことです。1年目の新人にとって、難しい仕事でしたが、“まず挑戦させる。できないときは先輩がフォローする”という当社ならではの育成方針で、実践を通じて多くのスキルを身につけることができたと思っています。
また、一週間ごとに自分自身の学びと成長についてディレクターとともに振り返る機会を作ってもらい、それに基づいてストレッチながらも無理のないタスクを与えていただきました。こうした点も、しっかり見守ってもらっているという実感につながっています。

https://recruit.kpmg-consulting.jp/interview7.htmlより引用

プロボノ

KPMGは持続可能な社会を目指して様々な分野において社会貢献活動を行なっている。
以下に各分野における例を紹介する。

教育分野

  • 小中高生向け経済教育支援
  • 中高生向け会計監査教室
  • 中高生向け起業家教育
  • 高校生向けイノベーション研修
  • キャリア大学
  • PMG次世代論文コンテスト

社会分野

  • 「国連グローバル・コンパクト」への参加
  • 「SDG Industry Matrix日本語版公開記念シンポジウム」の企画
  • ブラインドサッカーへの支援
  • 「FIT for チャリティ・ラン」への参加

環境分野

  • 「KPMG’s Global Climate Response」プロジェクトの実行などによるCO2排出量の削減
  • 「東京グリーンシップアクション」(自然環境保護活動)への参加

書籍

KPMGコンサルティングの発行する書籍をご紹介します。

  • デジタル通貨・証券の仕組みと実務
    KPMGジャパン (監修)

  • まるわかり電力デジタル革命 EvolutionPro
    巽 直樹 (編著) (著)

  • リーダーのための心理的安全性ガイドブック
    KPMG コンサルティング ディレクター 青島 未佳 (著), 九州大学大学院 山口 裕幸 (監修)

  • 「ゴール仮説」から始める問題解決アプローチ
    佐渡 誠 (著)

  • RPA導入ガイド
    KPMGコンサルティング株式会社 (編集)

  • マルチクラウド時代のリスクマネジメント入門
    (EnterpriseZine Digital First)
    KPMGコンサルティング (著)

  • 海外子会社リーガルリスク管理の実務
    ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業) (編集)
    KPMGコンサルティング株式会社 (編集)

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

コンサルティングファームのインタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column

コラム一覧へ