EYストラテジー・アンド・コンサルティング EY Strategy and Consulting

 企業について

『コンサル業界大研究』抜粋
概要

「グローバルコラボレーション」を武器に、社会課題を解決する

挑戦者を求めるグローバル・プロフェッショナルファーム

EY(イーワイ)ストラテジー・アンド・コンサルティングは、EY(アーンスト・アンド・ヤング)の日本におけるメンバーファーム「EY Japan」を構成する法人の1つだ。EYは、世界的なプロフェッショナルファームであり、「コンサルティング」「アシュアランス(監査・保証)」「Tax(税務)」「ストラテジー・アンド・トランザクション(SaT)」の4つの主要なサービスラインを提供している。このうちコンサルティングはSaTとともにEYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)に属するサービスラインである。

パーパスに共感したメンバーが集う

EYはBuilding a better working world(より良い社会の構築をめざして)をパーパスに掲げる「パーパスドリブン・カンパニー」でもある。このパーパスに共感したメンバーがEYに集まり、コラボレーションにより複雑な社会課題の解決を支援・牽引している。
一例として、昨今、非財務的価値を経営に求めるステークホルダー資本主義が進展していることに対し、EYは伝統的な企業の財務価値のみならず、「長期的価値」を測定するための新たなフレームワークを開発している。

「プロジェクト・ドラゴン」で志向するハイパーグロース

またEY Japanは近年、「プロジェクト・ドラゴン」と呼ばれるハイパーグロース戦略を実行している。
その成長ドライバーの1つが、日本企業の海外でのビジネスを支援する「ジャパン・アウトバウンド・ビジネス(JOB)」だ。JOBでは、ASEANや中国などの成長市場にプロフェッショナル集団を送り込み、専門チームを組成。クライアントのカルチャーと戦略を熟知したうえで、現地マーケットに軸足を置いたエンドツーエンドのサポートを提供する。

さらに着目すべきユニットは、国家戦略のアドバイザーを担うトップコンサルタントを擁する「ストラテジックインパクト」だ。「〝社会そのもの〟が我々のクライアント」。そう述べる國分俊史氏が率いる同ユニットは、安全保障、サイバーセキュリティ、経済、環境、金融などの領域の社会課題に対し、社会的構造変革を促す活動を行っている。

2020年10月には近藤聡氏を社長に擁し、コンサルティングとSaTが統合。EYストラテジー・アンド・コンサルティングとして新たなスタートを切った。これにより、戦略策定とM&A、ビジネスコンサルティング、テクノロジーコンサルティング、人事コンサルティングを「一気通貫」で支援する体制を強化した。

さらには、業界軸のセクターチームも強化。多様なバックグラウンドをもつメンバーが互いに化学反応を起しながら、これまでの「誰でもできる領域」ではなく、「新たな領域」、そして「誰もやったことがない領域」へチャレンジしている。
そのために、急速かつ柔軟に社内制度や仕組みを最適化しており、エキスパートから新人まで一体となって社会の期待に応えるべく邁進している。

垣根を飛び越えて協力し合う「コラボレーションの力」

EYの強みは、国境や組織の垣根を越えた「コラボレーションの力」だ。社員はコンピテンシーを軸としたチームと業界軸のセクターチームに分かれて所属しているが、クライアントの課題に応じ、組織横断的なプロジェクトチームを組成して活動する。

日ごろから他の部門やサービスライン、海外のEYオフィスから知見を得ることで、質の高いアウトプットを提供している。
コラボレーションの1つの事例として、国内の洋上風力発電事業者向けの提案がある。SaTが中心となり、4つのサービスラインのメンバーから成る電力・ユーティリティ業界エキスパートと連携。水素エネルギー事業に詳しいストラテジックインパクトのメンバーも参画したことで、EY Japan一丸となって質の高い提案を行った。

また、最新テクノロジーを体験し、ビジネスの未来を生み出すイノベーションハブである「EY wavespaceTM」も設置。AI、RPA、ブロックチェーン、サイバーセキュリティといった「最先端技術のショーケース」であると同時に、クライアントとEYがコラボレーションしながら戦略を考える「ハブ」として活動している。

グローバルレベルの視野をもち、協力し合える人材

同社が求める人材は、大きく分けて2タイプ。
1つは、コンサルティング業界のさまざまな専門分野で多くの経験を積んだ人。
もう1つは、コンサル経験がなくとも、各業界における最高水準の専門性をもつ人だ。
コンサルティングの知見と業種別セクターの専門性を融合させることで、複雑な経営課題を解決する強固な体制を整えたいとしている。

一方で同社は、まだ専門性のない新卒社員も積極的に募集している。採用においては、基礎的な能力として、「ロジカルシンキング」「リーダーシップ」「コミュニケーション」「協調性」などを高いレベルでもつことが期待される。

コンサルティング業界の中では比較的「新しい」同社では、スタートしたばかりだからこそ、起業家精神を発揮し、チャレンジできる領域が多々ある。それにより、スピーディな自己成長も可能となる。
成長することで、顧客や社会に貢献し、自己実現していく。これこそが、Building a better working worldをパーパスに掲げるEYが、参画者に求めていることだ。

EY ストラテジー・アンド・コンサルティングの組織

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)は、※世界4大会計事務所(Big 4)の一角であるアーンスト・アンド・ヤング(EY)の日本のメンバーファームである。
他メンバーファームとの事業統合を経て、2020年10月に設立された。
EYSCは、EY Japanにおけるコンサルティングラインを担っている。
他にEY Japanにおいては、アシュアランスラインを新日本有限責任監査法人、税務ラインをEY税理士法人がそれぞれ担っている。

2017年1月、EYアドバイザリーは、収益性向上や組織運営の効率化などのシナジーを実現する目的で、EYアドバイザリー株式会社、新日本有限責任監査法人のアドバイザリー事業、EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリー株式会社のサービスを集約して、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社に業務統合を図った。
これまでのコンサルティング事例として、ERP (Enterprise Resource Planning) 導入プロジェクト、財務会計業務の戦略的アウトソーシングプロジェクト、海外拠点におけるグローバル人材マネジメント支援プロジェクトなどが挙げられ、ビジネス環境の急速な変化に則したクロスボーダー案件が多く、EYが培ってきたグローバルで一貫したノウハウやツール、知見と専門性を活かしたサービスの提供を得意としている。

同社は、近年注目が集まっているデジタル活用(IoT、モバイル、アナリティクス)やRPA(Robotic Process Automation)をフォーカスイシューと位置づけており、今後一層の市場拡大が見込まれる分野に注力している。

2020年10月、EYストラテジー・アンド・コンサルティングへ改組。
EY Japanの経営コンサルティングを担うConsultingサービスラインと、戦略的トランザクションを支援するStrategy and Transactionsサービスラインを擁する法人として業務を開始。

EYの概要

EYは、ロンドンに本拠を構え、全世界約150ヶ国に約312,250人(2021年6月現在)のプロフェッショナルを擁するグローバルファーム。
アシュアランス、税務、トランザクション、アドバイザリーサービスの4分野を主軸にサービス提供を行っているプロフェッショナルファームである。
1903年に設立されたアーンスト・アンド・アーンスト会計事務所と、1906年設立のアーサー・ヤング会計事務所を母体とし、両社がそれぞれに提携や合併等を行った後、1989年に大合併したことによって誕生した。
また、EYはグローバル化の影響を受け、約140の加盟国を3つの統合されたエリアのアメリカズエリア(北・中・南米)、アジア・パシフィックエリア(2019年にジャパンエリアと統合)、EMEIAエリア(欧州・中東・インド・アフリカ)に再編し、世界中のマーケットで均一で高品質なサービスを提供可能な体制を整えている。
EY Japanは23か国が参画するアジア・パシフィックエリア内で最大の事業拠点であり、重要な役目を担っており、公認会計士や税理士、弁護士、ビジネス・プロフェッショナル、エンジニアなど約8,000名が連携し、企業のビジネスを支援している。

※世界4大会計事務所(Big4):アーンスト・アンド・ヤング, デトロイト トウシュ トーマツ, KPMG, プライスウォーターハウスクーパース

EYストラテジー・アンド・コンサルティング
EY Strategy and Consulting
  • 代表者
    代表取締役社長 近藤 聡
    代表取締役 梅村 秀和
    代表取締役 小池 雅美
  • 設立
    2020年 10月
    ※EY Japanの経営コンサルティングを担うConsultingサービスラインと、戦略的トランザクションを支援するStrategy and Transactionsサービスラインを擁する法人として業務開始
  • 所在地
    東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの理念

Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)。これがEYのパーパスです。優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうすることで、私たちはEYメンバー、クライアント、コミュニティーのためにより良い社会の構築を目指して、重要な役割を果たします。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの沿革

1903年
アーウィンとセオドアのアーンスト兄弟が、米国クリーブランドでアーンスト・アンド・アーンスト会計事務所を開設。
1906年
アーサー・ヤングが米国シカゴでアーサー・ヤング会計事務所を開設。
1924年
アーンスト・アンド・アーンスト会計事務所が、英国のウイニー・スミス・アンド・ウイニー会計事務所と提携。
アーサー・ヤング会計事務所が、英国のブローズ・パターソン会計事務所と提携。
1979年
アーンスト・アンド・アーンスト会計事務所とウイニー・スミス・アンド・ウイニー会計事務所が国際間合併を果たし、アーンスト・アンド・ウイニー会計事務所が成立。世界第4位のファームとなる。
1989年
アーンスト・アンド・アーンスト会計事務所とアーサー・ヤング会計事務所が合併し、アーンスト・アンド・ヤングが誕生。
2000年
監査クライアントに対する独立性保持のため、コンサルティング部門を売却分離。
2002年
世界57カ国のアンダーセン会計事務所を統合。
2010年
EYアドバイザリーを日本で設立。
2017年
1月、EY Japanの組織再編によりEY Japanのアドバイザリー事業をEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(EYACC)として統合。
2020年
10月、EYACCとEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社(EYTAS)が統合し「EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(EYSC)」発足

EYストラテジー・アンド・コンサルティングのサービス

インダストリー

  • 製造業
  • 消費財・小売
  • エネルギー・資源業
  • 金融サービス
  • ガバメント・パブリックセクター
  • ヘルスケア
  • TMT(テクノロジー、メディア・エンターテインメント、テレコム)

ファンクション

  • EYパルテノンによる戦略
  • コンサルティング
  • 人材・組織
  • トランザクション・アンド・コーポレート・ファイナンス
  • アシュアランス
  • 税務
  • 法務
  • テクノロジー
  • マネージドサービス
  • EY Private

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの求める人物像

同社で求められるのは、Building Better Worldという存在意義に共鳴し、社会課題を当事者として考えることができる人材である。
また、特に中途採用希望者に求めるものは、業務内容(「サービス」の「ファンクション」欄参照)の経験者であることや、コンサルティングファームでの実務経験者であることなど、即戦力としての力、キャリアがまず必要とされる。
クロスボーダー案件も多いため、学歴は大卒以上、英語も中級以上の能力が求められている。
また資質としては、コンサルタントとして活躍したい、という強い意欲と、課題解決に向けて粘り強く考え抜く思考力、忍耐力などが求められている。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングでのキャリアパス

コンサルタントはまずACG/TCGという組織に所属し、数年の間に様々な領域のプロジェクトにアサインされ経験を積む。シニアコンサルタントからは正式に一つのユニットに配属されるが、以後もチーム間の異動が可能なキャリアチェンジ制度がある。それ以後も成長を重ねる中で、マネージャー、ディレクター/シニアディレクター、パートナー/アソシエイトパートナーといったポジションが用意されている。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングのトレーニング

EYではクライアントが抱える問題を解決するために人材育成に力を注いでおり、それぞれがグローバルで活躍できる優れたビジネスリーダーへ成長できる環境と研修プログラムを用意している。研修は日本だけでなく海外のEYオフィスとも協働で行われ、コンサルタントとしての基本スキルや専門知識、最新のトピックについても身につける事ができる。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの社員の声

EYSCでは総じて多様性を認め風通しが良いという声やグローバルな環境で働けるという声が多い。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(以下、EYSC)への転職を決めた理由は、日系企業の海外展開支援に特化したジャパンアウトバウンドビジネス(以下、JOB)セクターが立ち上がったことです。真の意味での「グローバル・ワンファーム」を目指す、この新しい組織で、現地の地の利や専門性を生かした包括的なハンズオン支援を実施し、日本企業の海外展開支援に貢献したいと思い、入社を決意しました。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/m_k_04.htmlより引用

EYに入って感じたことは、組織の風通しが良いことに加えて、部署、部門、法人を越えた協業が盛んなため、さまざまな経験・経歴を持つ専門家と働く機会があり、プロフェッショナルとして自然とお互いの違いや多様性を尊重する文化が醸成されていることでした。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/n_u_02.htmlより引用

入社後、アサインされるプロジェクトは海外のクライアントなど英語を活用できる場が多く、とても嬉しく思いました。また、入社動機であったDE&Iの社風も感じられ、個人一人ひとりの強みや弱み、働き方などを尊重した雰囲気がとても居心地良く感じています。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/m_y_01.htmlより引用

多様な社員が働いており、活気に満ちた自由闊達な雰囲気があります。私自身も含め若手は海外育ち、もしくは外国籍の社員が多く活躍しています。ビジネス上、クライアントとは日本語でコミュニケーションをとりますが、社内は英語をはじめとする多言語で、インターナショナルな雰囲気があります。案件はプロジェクトマネジャーのもと、複数名で構成されたプロジェクトチームとして動くこととなりますが、個々人の進め方やスタイルがある程度尊重され、個人の裁量に任されている面もあります。そのため若手であっても、自分の責任においてバランスを取りながら業務を進められる点は魅力的であると思います。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/m_h_01.htmlより引用

入社前に感じた「社員が生き生きと働いている」という印象は入社後も変わることなく、とても働きやすい職場だと感じています。社員は国際色豊かでバックグラウンドもさまざまです。多様な分野のプロフェッショナルが活躍する環境で、毎日新鮮な気持ちで過ごしています。フレックス制度、在宅勤務などの制度も多くの社員が利用しており、それぞれのライフステージ、ライフスタイルに合った柔軟な働き方が可能です。オフィスはフリーアドレスでいろいろなタイプの席があり、その日の仕事内容や気分によって好きな席を選べます。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/h_y_01.htmlより引用

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの社会貢献・ESG

EYでは、2030年までに世界が直面している問題の多くが悪化するといわれている状況下で、EY RipplesというEYのプロフェッショナルが自らの専門性を活かして社会貢献していくCR (Corporate Responsibility) プログラムを通じ、SDGs達成のために2030年までに10億人にポジティブな影響を与えることを標榜している。

次世代教育・就労支援

学生に向けた、働き続けるために必要な力をつけるためのキャリア教育や講座を開催。

社会的に影響のある起業家との協働

SDGsや持続可能な社会の実現に向けた社会課題に取り組む起業家を支援することで、平等でサステナブルな社会への改革を推進。

持続可能な環境への取り組み

環境リテラシーを高める運動や環境課題に取り組む起業家への支援のほか、カーボンネガティブ宣言を行い、環境への負荷低減を図る。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの関連書籍

  • ニューノーマル時代の営業組織デザイン データ×組織で実現する真の営業DX
    千葉 友範 (著)
  • HRDXの教科書 デジタル時代の人事戦略
    EYJapan ピープル・アドバイザリー・サービス (著)
  • マネロン・テロ資金供与対策 キーワード100(第3版)
    EYストラテジー・アンド・コンサルティング (著, 編集)
  • レグテック・イノベーション ダイナミックに新たなるDX社会を創造する」
    EY Japan (編集)
  • カーボンZERO 気候変動経営
    EYストラテジー・アンド・コンサルティング (編集)
  • なぜ、DXは失敗するのか? -「破壊的な変革」を成功に導く5段階モデル-
    EYストラテジー・アンド・コンサルティング (監修)
  • デジタルCFO
    EYアドバイザリーアンドコンサルティング (著)

コンサルティングファームの求人情報Recruit

2024.05.21

世界最大規模の外資系コンサルティングファームでPMIコンサルタントを募集 [5672]
会社概要
監査法人を母体として、世界最大規模のネットワークを有する外資系コンサルティングファーム。
年収
・アナリスト:450万円~700万円程度 ・コンサルタント:700万円~1200万円程度 ・マネージャー:1200万円~1800万円程度 ・パートナー:1800万円~3000万円程度
ポストコンサル グローバルに活躍 ワークライフバランスが良い 研修が充実 注目

2024.05.17

【未経験可】次世代リーダーを創出するキャリアコンサルタント募集 [1532]
会社概要
コンサルティングファーム、 ファンド、事業会社の経営幹部、若手リーダーポジションをメインターゲットとする人材紹介会社。 短期的な視点でのキャリアマッチングではなく、長期的な視野に立った次世代リーダーの育成とキャリア設計支援が特徴。 
年収
月給+個人業績インセンティブ 【年収例】1500万円/入社2年目(人材紹介未経験)
ポストコンサル 社会に貢献できる 未経験可 研修が充実 女性プレミア案件 注目

2024.05.16

財務アドバイザリーファームコンサル部門でディレクター/アソシエイトディレクター候補募集 [5776]
会社概要
財務系コンサルティングファーム。 企業再生やM&Aのアドバイザリーを通じて事業の様態やマネジメントの変革を行っています。 多様な専門性を持つメンバーがチームとして機能し、バランスの取れたソリューションを提供することで、クライアント、ステークホルダー、そして社会へ貢献することを理念として掲げています。
年収
800万円~1500万円程度
ポストコンサル 起業に役立つ

2024.05.15

日系大企業発祥のシンクタンクでコンサルタントを募集 [4799]
会社概要
日系大企業の子会社として設立されたシンクタンク。官公庁から民間まで幅広い領域のコンサルティングを手掛けています。
年収
500万円~800万円程度
ポストコンサル 未経験可 研修が充実

2024.05.14

製造業に特化したプロフェッショナルファームでビジネスコンサルタント募集 [2077]
会社概要
製造業に特化したコンサルティングファーム。 グローバル競争に勝つための強い設計の仕組み作りから改革を支援。
年収
400万~1300万円程度
ポストコンサル グローバルに活躍 未経験可

2024.05.13

有名日系コンサルティングファームでM&Aアドバイザリー担当コンサルタント募集 [1370]
会社概要
日系の大手有名コンサルティングファーム。
年収
500万円~1200万円程度
グローバルに活躍 未経験可
求人一覧へ

コンサルティングファームの求人情報のインタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column