ガートナージャパンGartner

 企業について

ガートナーはIBM出身のギデオン・ガートナー(Gideon Gartner)によって1979年に設立された世界最大規模のITアドバイザリ企業。
ITプロフェッショナルのためのリサ―チ、マーケティングから、トップマネジメント向けプログラム、コンサルティング、IT関連の展示会等のイベント開催、IT関連書籍の出版まで多岐にわたるサービスを提供している。
本拠をアメリカ合衆国コネチカット州に置き、全世界に85の拠点を持つ。2013年時点で約5,300人の従業員を抱え、そのうち約1,400人はリサーチ・アナリストおよびコンサルタントという構成比になっている。顧客数は1万2,400社、6万人に上り、その中には大企業や政府機関などが名を連ねている。
ガートナーの最大の特徴は「中立性」である。同社では、特定ベンダーに与することなくユーザー視点を第一とするために、システム開発・運用、アウトソーシング、ハードウェア、ソフトウェアなど一切の販売を行わず、全てのITベンダーとの距離を保っており、これにより中立かつ公平なアドバイザリ提供に成功している。そのためか、ガートナーのリサーチ結果は、報道で引用されることも多い。
旧社名は「ガートナーグループ」。2001年以降現在の「ガートナー」に改めた。ガートナージャパンはその日本法人。

ガートナー ジャパン株式会社
Gartner
  • 代表者
    日高 信彦
  • 設立
    1995年
  • 所在地
    東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー

理念

ガートナー・コンサルティングのポリシー

ガートナー・コンサルティングは中立性をもって、クライアント企業の状況に応じた客観的なコンサルティングサービスを提供することをポリシーとしています。
ガートナー・コンサルティングの提供価値
ガートナー・コンサルティングでは、グローバルで蓄積・共有された情報を、経験豊富なコンサルタントが活用することによって最大の価値を提供します。
ガートナー・コンサルティングの特長
ガートナー・コンサルティングは、「中立・客観」であることで、真の「顧客優先」を貫きます。ガートナー・コンサルティングはクライアント企業にとって最善のソリューションを提供し、成功の実現を最後までリードします。

http://www.gartner.co.jp/consulting/consulting_overview.htmlより引用

沿革

以下に同社の主な沿革を記載する。

1979年
ギデオン・ガートナー(Gideon Gartner)により設立。
1994年
NASDAQ上場。
1995年
ガートナージャパン設立。
1995年
データクエスト社を買収。
1998年
NYSE上場。
2001年
社名をガートナーグループから「ガートナー」に変更。

サービス

  • PMO支援
  • ベンチマーク
  • 戦略・アーキテクチャ策定支援
  • 業務改革支援
  • 外部調達支援
  • 評価・レポーティング支援
  • BCP・リスク管理
  • コスト削減支援
  • 市場開拓支援

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

セミナー情報Seminar

転職コラムColumn

コンサルティングファームのインタビューInterview