ビジネリーダーの皆さんから、最も人気の高い就職・転職先企業のひとつに、外資系戦略コンサルティングファームがあります。

戦略立案や組織改革など、経営課題に携わるビジネスの醍醐味や高額な年収、さらにはコンサルティングファームを卒業した後のキャリアの広範な選択肢などもあいまって、高い人気を維持し続けています。
現在、企業の海外進出、M&A、DXなどの需要の高まりにより、多くのコンサルティングファームが活況を呈し、採用も非常に積極的に行っています。

しかし、積極採用と言っても、外資系戦略コンサルティングファームのハードルが高いことに変わりはありません。
合格率が1%を切ると言われる、外資系戦略コンサルティングファームの内定を勝ち取る為には、書類や筆記、ケース面接をはじめとする選考対策は必須となります。
また、エグゼクティブ層や第二新卒クラスなど、ややイレギュラーなケースにおいては、「どこから応募するか」という応募ルートが鍵を握ることも珍しくありません。

コンコードでは、マッキンゼーやBCGといった外資系戦略ファームの内定実績を非常に多く持ち、コンサルティングファーム幹部との強固なネットワークを築いています。
外資系戦略コンサルティングファームへの転職をご検討されている方は、お気軽に無料のキャリア相談へご登録ください。

転職支援実績Track Record

  • 28歳 (男性) 慶大卒

    大手SIer

    システムエンジニア

    700万円

    外資戦略系ファーム

    コンサルタント

    900万円
  • 38歳 (男性) 一橋大卒

    総合系ファーム

    シニアマネージャー

    1800万円

    外資戦略系ファーム

    シニアマネージャー

    2200万円
  • 33歳 (男性) 東大卒

    国家公務員

    700万円

    外資戦略系ファーム

    シニアコンサルタント

    1300万円

外資系戦略コンサルへの転職体験談Story

  • OSさん 20代後半(男性) 旧帝国大学卒
    メーカー
    マッキンゼー

    マッキンゼーへの転職に、コンサル未経験で成功!

    マッキンゼーへの転職に、コンサル未経験で成功!

    この度、落合様の多大なるご支援により転職活動を終え、未経験ながら無事第一志望の外資戦略ファーム、マッキンゼーへの転職を実現することができました。 落合様には最初のコンタクトからは約10か月ほど、実際の転職活動としては約5 […]

    この度、落合様の多大なるご支援により転職活動を終え、未経験ながら無事第一志望の外資戦略ファーム、マッキンゼーへの[...]

    Read More
    ×

    マッキンゼーへの転職に、コンサル未経験で成功!

    OSさん 20代後半(男性) 旧帝国大学卒 メーカー ⇒ マッキンゼー

    この度、落合様の多大なるご支援により転職活動を終え、未経験ながら無事第一志望の外資戦略ファーム、マッキンゼーへの転職を実現することができました。
    落合様には最初のコンタクトからは約10か月ほど、実際の転職活動としては約5ヶ月ほどお世話になりました。
    コンサルへ転職されるのであれば間違いなく落合様にお願いすべきである、と私が考えるポイントは大きく以下の3つです。

    • 応募者に寄り添ってくれるパートナーである
    • 転職を戦略的に実行していただけるプロである
    • 転職で求められる能力・考え方を効率的に高めていただけるトレーナーである

    応募者に寄り添ってくれるパートナーである

    私が初めて落合様にお会いしたのは、同様な境遇から外資戦略ファームに転職された先輩からの紹介がきっかけでした。
    懇切丁寧にサポートいただけると伺っておりましたが、応募者の現状・将来のキャリアについて親身に考えてくださるのはもちろんのこと、時には落合様ご自身のご利益は度外視で応募者のためにご助言・サポートしてくださりました。
    本当にキャリアをよきものにしようと考えてくださる「パートナー」であると感じ、自信をもって活動を進めることができました。

    転職を戦略的に実行していただけるプロである

    転職活動を進めていく際に、どこが第一志望で、そのためにはどんなファームをいつ受けるのが適切か、という戦略は非常に大事であったと、転職活動を終えた今強く実感しております。
    第一志望に盤石な態勢で挑戦できるよう手配いただける転職活動の「プロ」であると感じました。

    転職で求められる能力・考え方を効率的に高めていただけるトレーナーである

    コンサルの面接ではCase対策、Behavior対策が重要になってきます。
    落合様には模擬面接を手配いただいたり、面接後の内容共有に対し改善点、よいところを指摘いただくことで、どんどん面接が得意になっていくのを実感しておりました。
    Behavior対策に関してもこれまでの経験を深堀ししっかり準備することで、面接では特に苦しむことはなく自然体で受けられたと思います。
    最後の第一志望ファームの面接では、これ以上のできは一生無理だろう、これで落ちたら悔いはない、と思える状態まで「トレーナー」として寄り添っていただきました。

    上記の通り、転職活動を通じ落合様には大変お世話になり、これから転職活動をされる方には間違いなく強く推薦できる方です。
    マッキンゼーへの転職はまた新たなスタートでありこれから山も谷もあるかと思いますが、ぜひ頂いた機会を最大限に活用、成長したのちに、また今後のキャリアについて落合様にご相談させていただければと思っております。
    引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    担当キャリアコンサルタントより

    OS様に初めてお会いした時から、ご希望の外資戦略ファームの複数社からご内定を得られる可能性の高い方と拝察しておりました。
    実際にご転職活動に入られてからも、ご経歴から想像できる頭の良さを感じるのは勿論のこと、手応えが今一つの面接の後などでも振り返りを必ず実施される等、努力も怠らぬ方でしたので、手応えを感じておりました。

    また、それ以上に、ご転職のお手伝いを通じ感じましたのが人物の素晴らしさでした。
    コミュニケーションもとても気持ち良く、「“未来をつくるリーダー”のキャリア支援を通じて、 豊かな社会づくりに取り組む」という弊社社是を実践するにこれ以上適格な方はいないと思いお手伝いをさせて頂きました。
    面接でもそのような人物面が滲み出て、高いご評価につながったものと拝察しております。

    内定を得られました第一志望のファーム(マッキンゼー)でも、近い将来リーダーになる方だと拝察しております。
    ご活躍をお祈りしておりますとともに、是非、今後とも宜しくお願いしたいと存じます。

    最後になりましたが、OS様ご記載の通り、ケース模擬面接については外資戦略ファーム出身の同僚の力も借りました。
    この場を借りて同僚にもお礼を申し上げたいと存じます。

    主席エグゼクティブコンサルタント 
    落合 茂宏 略歴

    上智大学経済学部卒業。大手都市銀行国内営業、大手鉄鋼会社に従事した後、アンテロープキャリアコンサルティングにて外資大手投資銀行やPEファンド向けの紹介事業の立ち上げに大きく貢献。金融系人材紹介を主軸とするIVY株式会社の設立・経営を経て、コンコードへの事業譲渡とともに参画。

    コンサルタント詳細ページへ

  • YYさん 29歳(男性)海外大学院卒
    教育系企業
    マッキンゼー

    他エージェントでは名前すら挙がらなかったマッキンゼーに転職!楽しく、大き[...]

    他エージェントでは名前すら挙がらなかったマッキンゼーに転職!楽しく、大き[...]

    コンコードさんとの出会い 「この経歴だとコンサルへの転職はかなり難しいと思います」 コンコードさんにお世話になる前、別の(やはりコンサルティング業界に強いと言われている)転職エージェントの担当者から言われた言葉です。 お […]

    コンコードさんとの出会い 「この経歴だとコンサルへの転職はかなり難しいと思います」 コンコードさんにお世話になる[...]

    Read More
    ×

    他エージェントでは名前すら挙がらなかったマッキンゼーに転職!楽しく、大きな成長を実感できたコンコードさんのサポート。

    YYさん 29歳(男性)海外大学院卒 教育系企業 ⇒ マッキンゼー

    コンコードさんとの出会い

    「この経歴だとコンサルへの転職はかなり難しいと思います」
    コンコードさんにお世話になる前、別の(やはりコンサルティング業界に強いと言われている)転職エージェントの担当者から言われた言葉です。
    おそらく地方公立大卒で、職歴も目立つ感じではなかったからだと思います。
    そしてそのエージェントは私がやりたいことが出来る会社ではなく、私が行くことができそうな会社を紹介するばかりでした。

    「このままでは、一生悔いの残る転職をすることになってしまう。もっと私のやりたいことに耳を傾けてくれる方にサポートをお願いしたい。」

    そう思っていた折にコンコードさんを知り、面談の場を設定いただきました。
    コンコードでの初めての面談のとき、私の今までの仕事内容を詳しく質問され、「YYさんのご経験なら、トップティアの戦略ファームも可能性あります。そこをターゲットに準備してみませんか?」と言ってくれました。
    私は当初半信半疑でした。そもそも戦略ファームと他コンサルの違いすら不明確な状態でしたが、とはいえ超難関であることはさすがに知っていました。

    そんな私に
    ・戦略ファームと他ファームの仕事がどのように異なり、
    ・それゆえに選考ポイントがどう違ってくるか、
    ・どのような準備をすれば通過できるのか、
    を分かりやすくレクチャーしてくれました。
    そのレクチャーを受け私は、正しく準備すれば少しでもよい結果が出せるのではないかと感じ、その場でコンコードさんにご支援をお願いしました。

    応募準備

    初回面談から応募開始まで約4か月をかけ、徹底的にレジュメをブラッシュアップし、ケース面接のトレーニングを実施していただきました。
    応募に使用した最終版のレジュメは以前と全く異なり、ぱっと見ただけで“できる感”が伝わるものになっていました。

    ケース対策は市販の本に掲載されているような定石理解といった浅いものではなく、どういう頭の使い方をするべきかを徹底的に考えディスカッションするというものでした。

    「すぐに転職したい」という焦りもありましたが、準備が楽しく自身が成長しているのが実感できるのが嬉しくもありました。
    またこの間に自分の今までの仕事/これからのキャリアとじっくり向き合って考えたことも、いい結果につながる一つの要因であったと思います。

    筆記試験・面接

    最終版のレジュメは強力で、書類選考も相当の確率で通過できました。
    筆記試験もコンコードさんからの情報提供で的確に準備・通過できました。
    面接に入ってからはきめ細かくスケジューリングをしてくださり、そのおかげで現業を続けながらも無理なく不安なく、選考に参加することができました。

    オファー受諾

    大変ありがたいことに、最終的に外資戦略ファーム2社からオファーをいただくことが出来ました。
    どちらも一流ファームと呼ばれる、冒頭のエージェントからは受けることすら無理と言われていたところでした。
    予想外の結果にオファーを受諾することを少し躊躇しましたが、コンコードさんに背中を押していただき、2社のうちの一つ、マッキンゼーに入社することを決意しました。
    給与もほぼ倍増となり、悔いなくチャレンジできる気持ちになっています。

    さいごに

    コンコードさんとの転職活動は、転職技術を磨くような浅いものではなく、優れたビジネスパーソンになるためのトレーニングだったように感じています。
    自分自身が大きく成長でき、何よりとても楽しかったです。
    この出会いがなければ、今回の転職は絶対に実現しませんでした。人生が変わるご支援をいただき、本当にありがとうございました。

  • Tさん 28歳(男性) 有名私大院卒
    ITコンサルティングファーム
    ボストンコンサルティンググループ

    入念な準備を経た、BCGへのキャリアアップ大成功!

    入念な準備を経た、BCGへのキャリアアップ大成功!

    正直BCGへの転職は、私にとっては大きなキャリアアップでした。 ITコンサルタントとしてITや業務に関わるコンサルティングをしていた私ですが、より高い視点で戦略に関わる支援をしたいと感じるようになり、戦略系コンサルティン […]

    正直BCGへの転職は、私にとっては大きなキャリアアップでした。 ITコンサルタントとしてITや業務に関わるコンサ[...]

    Read More
    ×

    入念な準備を経た、BCGへのキャリアアップ大成功!

    Tさん 28歳(男性) 有名私大院卒 ITコンサルティングファーム ⇒ ボストンコンサルティンググループ

    正直BCGへの転職は、私にとっては大きなキャリアアップでした。

    ITコンサルタントとしてITや業務に関わるコンサルティングをしていた私ですが、より高い視点で戦略に関わる支援をしたいと感じるようになり、戦略系コンサルティングファームへの転職活動を始めました。

    新卒としての就職活動では内定をもらえなかった企業群であり、私にとってはチャレンジングな転職でした。
    しかし吉田様からの的確なサポートのおかげで、この企業ならぜひ入社したいと思える複数の戦略コンサルティングファームの内定を獲得し、最終的には、第一志望のBCGへ入社を決めました。

    サポートはさまざまな点ですばらしかったですが、すべて書くとかなりの長文になってしまいます。
    そのため、本稿では特に成功につながった点を紹介いたします。今後転職活動される方の参考となれば幸いです。

    候補者第一の転職活動プラン

    吉田様からは「候補者とエージェント両者にとって負担にはなるが、内定獲得率を最大化する」ための転職活動プランを提案いただきました。

    具体的には
    1. 準備期間をしっかり確保し、ケース面接に備える、
    2. 複数の戦略コンサルティングファームにチャレンジする、
    の2つです。

    1. 準備期間をしっかり確保し、ケース面接に備える

    準備期間としてはじめの4ヶ月はケース面接練習に当てました。
    戦略コンサルティングファームの面接において、ケース面接は避けて通れません。
    吉田様には面接官役をしていただきながらケース面接の模擬練習を繰り返しました。
    自習だけでは気付けないフィードバックもいただきながら、少しずつコツをつかんでいきました。

    2. 複数の戦略コンサルティングファームにチャレンジする

    私は当初よりBCGに高い関心を持っていましたが、吉田さんのアドバイスにより企業研究を行っていく中で視野が広がり、複数の戦略コンサルティングファームに興味を持つようになりました。
    結果、転職活動を通じて10社以上を受験することとなりましたが、これは面接のスキル強化という面でも大きな効果がありました。
    準備が万全だとしても、面接はやはり特殊な場であるため、面接を繰り返すことでパフォーマンスが上がっていきます。
    初めは慣れずに苦戦しましたが、最終的には第一希望のBCGをはじめ複数の内定獲得につながりました。

    候補者第一だからこそできるサポート

    提案いただいたこのようなプランは確かに内定獲得には有効ですが、同時に私と吉田様の両者にとって負担でもあります。
    準備期間の4ヶ月はほぼ毎週ケース面接に向けた対策にあてましたし、現職の傍ら20回以上もの面接を受けることとなりました。
    エージェントのビジネスとしては、対策もほどほどに、いくつかにしぼって受験してもらい、希望に関わらず内定を獲得したコンサルティングファームに転職してもらう、という手法のほうが楽なのは間違いありません。

    しかし吉田様は、私の希望をかなえるために、あえてこのプランを提案してくださいました。
    戦略ファームが大きなキャリアアップに当たる私にとっては、今振り返ってもベストなご提案だったと思います。
    これが奏功し、大きな目標が現実のものとなりましたし、内定を電話でご報告した時はまるで自分ごとのように喜んでいただけたのを覚えています。

    コンコードおよび吉田様の「候補者のことを第一に考える」という理念があったからこそのご提案だったのだと、今は感じています。

    今後転職を考える方へ

    候補者の夢の実現を最優先に考えてくれるエージェントの存在は非常に貴重です。
    そういったパートナーを見つけられるかどうかが、主要成功要因のひとつであるのは間違いありません。
    エージェントを選ぶに当たっては、本当に自分の成功を考えてくれるかという観点での見極めを行うことを推奨いたします。

    担当キャリアコンサルタントより

    コンコードで転職活動を進められる方は、将来のリーダーとなることを目指して、ご自身のキャリアに高い目標を掲げ、その実現に向けてご登録いただく方がたいへん多くいらっしゃいます。
    転職活動で高い目標を達成される方の共通点として、その目標に向けた意欲と覚悟と、徹底した準備があげられます。
    戦略コンサルティングファームのような非常に選考が難しい企業への転職には、上記が大きなポイントになりますが、まさにTさんは高い意欲を持ち、覚悟を決めて準備されたことが奏功し、見事に高い目標を実現されました。
    特にTさんの素晴らしい点は、単に選考に必要なケースインタビューや志望動機の準備に限らず、面接時のご自身の見え方、コミュニケーションの取り方、各ファームの情報など細部に渡りご相談いただくなど、徹底されていました。
    各ファームの面接が始まり、序盤は苦戦されましたが、都度フィードバックを頂き、柔軟に修正されたことで、面接のスキルを急速に高められ、見事第1希望であるBCGへの転職を実現されました。
    今後も、今回の活動と同様に真摯に努力され、大活躍されることと思います。
    ご活躍を祈念しております。

    ディレクター 
    吉田 和久 略歴

    大手地方銀行の企画部にて多数の新規事業開発に従事後、外資系生命保険会社を経てアビームコンサルティングで数多くのプロジェクトマネジメントを行う。現職就任後はコンサルファームやPEファンド、ポストコンサルの転職支援で高い実績を誇る。粘り強く丁寧な選考対策でご相談者から高い評価を得ている。

    コンサルタント詳細ページへ

  • Kさん 28歳(男性) 有名国立大学大学院卒業
    日系大手損害保険会社
    ボストンコンサルティンググループ

    憧れのBCGへの転職 ~3年越しのリベンジ果たす~

    憧れのBCGへの転職 ~3年越しのリベンジ果たす~

    転職活動全般について 新卒就職活動時からの第一志望であるBCGへの転職が決まった。 振り返ってみると、戦略コンサルティング業界への転職の成否を左右するのは、自分の実力・能力が5割、「どの人材会社の誰にお願いするか」が3割 […]

    転職活動全般について 新卒就職活動時からの第一志望であるBCGへの転職が決まった。 振り返ってみると、戦略コンサ[...]

    Read More
    ×

    憧れのBCGへの転職 ~3年越しのリベンジ果たす~

    Kさん 28歳(男性) 有名国立大学大学院卒業 日系大手損害保険会社 ⇒ ボストンコンサルティンググループ

    転職活動全般について

    新卒就職活動時からの第一志望であるBCGへの転職が決まった。
    振り返ってみると、戦略コンサルティング業界への転職の成否を左右するのは、自分の実力・能力が5割、「どの人材会社の誰にお願いするか」が3割、運が2割であると思う。
    実に3割を占める「どのエージェントを選ぶか」であるが、そのエージェントは(1)適切な情報を提供してくれるアドバイザー、(2)書類・面接対策をしてくれるコーチ、(3)最適なスケジュール調整を行ってくれるセクレタリー、そして(4)不安や迷いを解消してくれるセラピストとなってくれることが重要だと感じた。
    私は自分にとって最適な、そして最高のエージェントに出会うことができたため、最高の結果を収めることができた。
    以下に私の体験を記すので、読者の皆様の転職決意固め、エージェント選び、各種対策に役立てば幸いである。

    新卒就職活動、前職、志望動機について

    新卒の就職活動時から戦略コンサルティング業界が第一志望だった。自分の強みを余すところなく活かせること、困難に直面している人のために働く仕事であること、自身の付加価値を短期間で飛躍的に高められることが理由であった。
    理由は割愛するが、中でもBCGが第一志望で、新卒時には最終JOB選考に参加したが不採用だった。合格者との実力の差がはっきり感じ取られ、それまでの人生の中で最も悔しい経験であった。
    結局どのファームからも内定をもらえず、悩み抜いた末、日系大手損害保険会社に入社することにした。
    保険会社ではアクチュアリーを目指しつつ商品開発に従事したが、その間も戦略ファームこそが自分を最も活かすことができる場であるとの思いは褪せず、3年間の勤務を経て、新卒時のリベンジに挑むことにした。

    実際の転職活動

    転職活動の各フェイズで私が考えていたこと、コンコードエグゼクティブグループ(以下、コンコード)からのアドバイスについて記載したい。

    1. コンコードにお願いした理由

    コンサルティング業界への転職を考えている私に、知人がコンコードを紹介してくれたのがきっかけだった。
    「まずは一度お話を」ということで、初回面談にて自身の新卒就職活動時からの思いや将来のビジョンを必死に語った。
    私は、もし転職が上手く行かなければ、これっきりで戦略コンサルタントになることを諦める決意だった。故に、今回の転職活動を納得感あるものにしたい。多少合理性を欠いてでも、たとえ転職成功確率が落ちてでも、自身の納得感を最優先したい。そう伝えると、担当コンサルタントは自分の意見を押しつけることなく、私の思いを尊重する返答をしてくれた。
    彼は経験豊富・百戦錬磨のエージェントではなかったろうが、私と一緒に自分も成長しようという意志が感じられ、この人を信じ、一世一代の大勝負のパートナーになってもらおうと決意した。

    2. 書類・面接準備

    前職は、自分の成果を明確に数字で示すことが難しい仕事であったため、職務経歴書作成が最も大変だった。
    実はそれまで自分の文章作成能力に自信を持っていたのだが、コンコードの皆様にアドバイスいただく中で、いかに自分の文章が独りよがりで理解しがたい物であるかを痛感した。何度も何度も推敲を重ね、完成まで実に3週間を費やした。
    結果、総合ファーム等では6割程度、外資系戦略ファームではほぼ全社書類通過できた。当時は外資系戦略ファームの書類通過率の高さに自分でも驚いたが、今振り返ってみると外資系戦略ファームの方が多様なバックグラウンドを持った尖った人材を受け入れる素地があるのだと理解できる。
    その後は、面接対策・ケース対策を行った。面接対策ではコンコードに良い点・改善すべき点を指摘いただいた。特に、今まで自分では全く意識していなかった癖を指摘いただいたのは非常にためになった。おかげで本番の面接ではその悪い癖が全く出なかった。
    また、戦略ファーム出身のキャリアコンサルタントの方との面談をアレンジいただき、その面談で各ファームの特徴をしっかり把握できた。
    ケース対策では、同じく戦略ファーム出身の方から、面接官にささるノウハウを教えていただいた。
    このように、担当コンサルタント自身が自分の能力・経験が十分でない領域を正直に打ち明け、周りからのサポートを得る点もとても好感が持てた。(もちろん、コンコードに所属する経験豊富な人材あっての話である。)

    3. スケジュール調整

    転職エージェントにお願いする一番のメリットがこれであろう。
    多忙な社会人が、業務をこなしつつ、応募先企業とメールでやりとりし、第一志望の会社で面接慣れ・ケース対応のピークが来るように全体最適を考えながら戦略的にスケジュール調整を行う。不可能ではないにしても、そんなところに脳のメモリ、キャパシティを浪費するのは好ましくないと思う。
    また、応募者自身が「他社で内定が出ているので選考を早めて下さい」と応募先に言うのは非常にリスキーだが、エージェント経由で「○○様は御社を非常に強く志望していますが、既に他社から内定が出ており回答期限が迫っています」と伝えてもらうと、多くの会社がすぐに面接を組んでくれた。これには非常に助けられた。転職エージェントの、応募者と企業との潤滑油としての機能は転職活動に欠かせない。

    4. 面接

    面接では、常に次の3つのことを意識していた。

    ・面接を楽しむ;厳しい突っ込みも「私の能力を引き出そうとしてくれている」と解釈
    ・物事を冷静に客観的に考え、想いを熱く伝える
    ・どんなに疲弊していても口角を上げる

    戦略ファーム面接通過のための最低限の素養と、志望動機等のしっかりした下準備さえあれば、最終的にオファーをもらえるかどうかの鍵はこの3点に集約されるのではないかと思う。
    転職活動を行っていると、誰しも壁にぶち当たり、言いようのない不安に襲われることがある。例えば、「面接官が一度もニコリともせず、ほとんど私を見ることなく、逆質問タイムもなし、30分の予定のところ15分で面接終了」という非常に心乱される面接もあった。
    そんなとき、コンコードから面接官の意図や気持ちの切替え方をアドバイスいただき、まるで私の精神安定剤のように感じた。(結局はその面接も通過していた。)
    「自分の抱えている不安を最も理解してくれる人物が転職エージェントである」と言い切れるほど信頼のおけるエージェントに出会えたことが転職活動における私の最大の幸運であったように思う。

    5. 内定

    結果、5社からオファーを頂いた。しかも思惑通り、志望度が高い企業ほど遅いタイミングでオファーを頂けたため、一つ目のオファー獲得後、一度もオファーを切らすことがなかった。コンコードの綿密なスケジュール調整あっての結果である。
    結局、第一志望であるBCGからオファーを頂いた時点で転職活動を終えた。まさか本当に新卒時の第一志望にリベンジできるとは思っておらず、万感胸に迫る思いであった。

    6. 内定後

    英語力に不安があったため、入社を遅くしてもらい二ヶ月間カナダに語学留学した。
    また、内定先からの課題図書や推薦図書を濫読し、集中的にインプットを行った。
    一般に外資系戦略コンサルティングファームでの平均在籍期間は2~3年と非常に短いため、私も再度転職活動を行うことがあるかもしれない。その際には真っ先にコンコードに相談に行くことは間違いない。
    余談であるが、担当コンサルタントとは年齢が近く、共通の友人がおり、何より私が彼の人間性に多大なる信頼を置いているため、転職活動後は友人としてプライベートで懇意にさせてもらっている。

外資系戦略コンサル 求人情報Recruit

  • コンサルタント~パートナークラス

    外資系戦略コンサルティングファームが経営戦略コンサルタント~パートナー募集 [0004]

    会社概要

            
    経営戦略に特化した世界的に有名なグローバルコンサルティングファーム。
    多様な研修や海外オフィスへのトランスファー機会が用意されているなど、人材育成のためには多大な投資を惜しまないことでも知られています。
    同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多くエグゼクティブクラス人材の輩出企業としても有名です。
    募集ポジション コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス / パートナー・経営幹部クラス
    コンサルタント~パートナークラス
    年収 ・アナリスト:600万円~1300万円程度
    ・コンサルタント:1300万円~1500万円程度
    ・マネージャー:1500万円~2000万円程度
    ・パートナー:2000万円~3000万円程度
    勤務地 東京

    求人内容・募集要項

    【仕事内容】
    戦略コンサルティング

    【応募要件】
    ・コンサルファームご出身者
    ・外資投資銀行ご出身者
    ・政府系、大手広告代理店、投資銀行のご出身者
    ・日系金融機関のご出身者
    ・MBAをお持ちの方
    ・海外駐在経験のある方

    ※パートナークラスはチームごと転職も可

    キャリアコンサルから一言

    外資トップファームで戦略コンサルタントとして成長したい方にお薦めです。未経験の方には、研修が用意されていますので0からでもスキルを身につけることができます。パートナークラスの方は、ご自身の裁量でチームをつくっていけるエグゼクティブポジションとしてお薦めです。

  • コンサルタント

    企業再生に強みを持つ外資系戦略ファームでコンサルタント募集 [11780]

    会社概要

            
    米系戦略コンサルティングファーム。
    特に企業再生に強みを持ちます。
    募集ポジション ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス
    コンサルタント
    年収 800万円~1600万円程度
    勤務地 東京

    求人内容・募集要項

    【職務内容】
    転機や難局にある世界中のクライアント企業の経営支援を行います。
    2~4人程度のチームでクライアント企業に入り、ハンズオンで支援を行います。

    【必須要件】
    ・3年以上の社会人経験があり、実務でのリーダーシップ経験のある方
    ・ビジネスレベルの英語力のある方

    【歓迎要件】
    ・戦略系コンサルティングファームでの経験のある方
    ・金融、或いは事業会社にて、子会社再建やクロスボーダーM&Aに携わったようなご経験のある方
    ・財務分析/ファイナンシャルモデリングのスキルのある方

    キャリアコンサルから一言

    グローバルで当該領域に一番強いメンバーがアサインされるため、ご経験やスキルを活かしやすく、海外案件にアサインされることも珍しくありません。
    企業再生にご興味のある方やグローバル志向の方にフィットする求人です。

  • 経営戦略コンサルタント(アソシエイト~コンサルタント)

    大手外資系戦略ファームで経営戦略コンサルタントを募集 [0003]

    会社概要

            
    大手外資系戦略ファーム。プライベート・エクイティ等と組んで仕事をすることも多いファームです。NPO向けの無償コンサルティングサービスなども手掛けています。
    募集ポジション コンサルタント・中堅クラス
    経営戦略コンサルタント(アソシエイト~コンサルタント)
    年収 ・アソシエイト:600万~1200万円程度
    ・コンサルタント:1200万円~1700万円程度
    勤務地 東京

    求人内容・募集要項

    【仕事概要】
    戦略コンサルティング

    【応募要件】
    ・ビジネスレベルの英語力のある方
    ・ 論理的思考、定量的思考、分析的思考に加え、思考の柔軟性がある方 
    ・思考スピードが卓越して速い方
    ・ 高度な経営課題に取り組む志/挑戦意欲のある方
    ・ 知的/精神面でのタフさのある方
    ・ 経営者の視点を持ち、本質的課題の抽出能力がある方
    ・MBA取得者歓迎

    キャリアコンサルから一言

    高い志を持ち、グローバルリーダーを目指す方にお薦めの求人です。
    ご入社後は、コンサルタントとしてキャリアアップしていく他に、身につけた経営戦略のスキルで起業や事業会社の経営幹部等のエグゼクティブ人材として活躍する道も開けています。