PwC Japan合同会社 インタビュー

PwC Japan合同会社 プレミアインタビュー

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。 各法人は独立した別法人として事業を行っています。 複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。 また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約7,300人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

そのPwC Japanグループ全体のコーポレート機能を担うPwC Japan合同会社のIFS(Internal Firm Service)部門にインタビューさせて頂きました。 成長著しいPwCの変革期を支えるコーポレート部門の先進的な組織体制や魅力的な業務内容・キャリアパスなどについてご紹介しています。

IFSは複数の部門で構成されており、今回は、PwC Japanグループ マネージングパートナー兼PwCコンサルティング合同会社 代表執行役会長の鹿島 章様にIFS全体のお話しを、グループマーケットリーダーの森下幸典様(PwC Japan合同会社 常務執行役)、ヒューマンキャピタルリーダーの福井泰光様、ITリーダーの髙田栄一様に、それぞれの部門についてお話をお伺い致しました。ぜひご覧ください。

関連するインタビューInterview

求人情報Recruit

求人一覧へ

セミナー情報Seminar