Spiral Capital Spiral Capital, Inc.

 企業について

Spiral Capital株式会社は、アーリーステージ以降のスタートアップに資金提供とハンズオン支援を提供する独立系ベンチャーキャピタル。2012年にIMJ傘下で設立されたIMJインベストメントパートナーズを前身とし、2017年のMBOにより、Spiral Capitalとしてスタートした。
外資系金融や戦略コンサルティングファーム、メガベンチャー出身者など多彩なメンバーで構成された支援チームがアーリーからレイトステージまでの企業にハンズオンで伴走する。

既存産業の課題を解決し、その価値をさらに高めるビジネスやサービスを提供する「業界変革型ビジネス」と、先進テクノロジーやビジネスモデルによって新たな産業を創り出す「新産業創出型ビジネス」領域に対して積極的な投資を行っている。
とくにインターネットとリアルを掛け合わせるX-Tech領域に重点を置いている点が特徴。
投資実績としては、ビジョナル、オープンロジ、みんなのマーケット、rakumo、ENECHANGEなど多くの投資先が躍進を遂げている。

2016年組成の1号ファンド(70億円規模)は、グロスリターン約3倍を見込めるまでに成長。2019年には、150億円規模の2号ファンドを組成し、運用を進めている。また、物流領域のスタートアップ向けのLogistics Innovation Fund(70億円超)も組成し、セイノーホールディングなどの出資を得ている。

また、Spiral Capitalは、スタートアップへの投資やハンズオン支援だけでなく、大企業がイノベーションを創出するためのコンサルティングも提供している。2016年のアシックス・ベンチャーズの設立支援、東急グループ主催のアクセラレートプログラムの企画・運営などの実績を積み重ねてきた。

「Innovation Alliance Hub」プログラムではカンファレンスの開催など、スタートアップ企業と大企業の連携促進にも貢献。2020年にはオープンイノベーション専門の子会社としてSpiral Innovation Partners LLPを設立した。

2021年には、The Breakthrough Partners GO FUNDとパートナーシップを締結。これにより、投資先へのクリエイティブ、マーケティング、PR支援を強化した。

Spiral Capital 株式会社
Spiral Capital, Inc.
  • 代表者
    代表者:奥野 友和
  • 設立
    2016å¹´
  • 所在地
    東京都港区虎ノ門5丁目11番1号
    オランダヒルズ森タワーRoP13階

Spiral Capitalの理念

MISSION

Power to the imagination

Spiral Capitalは、溢れる想像力とテクノロジーの力で社会を変革する起業家をサポートします。
一緒に汗を流し、泥にまみれる同士として、起業家と共に変革の渦を生み出します。

https://spiral-cap.com/aboutより引用

Spiral Capitalの沿革

2012å¹´
IMJインベストメントパートナーズ設立(シンガポール法人)
2016å¹´
Spiral Capital Japan Fund 1号投資事業有限責任組合
▶運用総額70億円 累計34社への投資
2017å¹´
  • MBOによりIMJから独立・Spiral Ventures Japanに社名変更
  • 日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)に入会
2018å¹´
「xData Alliance※」に参画
※衛星データプラットフォーム「Tellus」の開発・利用促進アライアンス
2019å¹´
  • Spiral Capital Japan Fund 2号投資事業有限責任組合
    ▶運用総額 100~150億円
  • 「Innovation Alliance Hub※」を始動
    ※スタートアップと大手事業会社との提携促進のためのプロジェクト「IA Hub Conference」を開催
2020å¹´
  • Spiral Capital株式会社に社名変更
  • 子会社「Spiral Innovation Partners LLP※」を設立
    ※オープンイノベーション支援専門
2021å¹´
The Breakthrough Partners GO FUNDと戦略的パートナーシップを締結

Spiral Capitalのサービス

Spiral Capitalが投資するスタートアップの産業領域は幅広い。主に「業界変革型ビジネス」と「新産業創出型ビジネス」を対象とする。これら対象領域のビジネスを支えるX-Tech領域をテーマに重点投資しているのも特徴である。

投資領域

産業

  • 小売
  • 物流
  • 金融
  • 農業
  • 教育
  • スポーツ
  • ヘルスケア
  • 不動産
  • HR
  • 建設

テクノロジー/ビジネスモデル

  • IoT
  • AI
  • VR/AR
  • ドローン
  • ロボティクス
  • SaaS
  • シェアリング
  • DtoC(Direct to Consumer)
  • PtoP(ピアツーピア)

Spiral Capitalのトレーニング

Spiral Capita(GeneralVC)とSpiral Innovation Partners(CVC)の両者を兼任できる環境がある。投資事業において複数のパターンを経験できる組織は希少だ。

また、外資系金融、戦略コンサル、メガベンチャー出身など、多彩なバックグラウンドを持つメンバーが在籍している。業務に携わる中、さまざまな価値観や知見に触れて成長していける期待値は高い。

事業会社の求人情報Recruit

求人一覧へ

インタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column

コラム一覧へ