ピー・アンド・イー・ディレクションズ

 企業について

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ(略称:P&E)は、2001年9月に島田直樹氏(アップル・コンピュータ、BCG等出身)により設立された日本の独立系戦略コンサルティングファーム。

事業領域は多岐に渡っており、戦略コンサルティングを主軸事業としながらも、M&Aアドバイザリー業務や事業投資等の領域でも存在感を強めており、また複数の子会社運営も行っている。

社名の「ピー」は「Planning(計画策定)」、「イー」は「Execution(実行支援)」を表し、これらを通じて、クライアントの事業成長に貢献することをミッションとしている。
戦略立案および実行支援を、フィーベース、コミッションベース、成功報酬ベース、エクイティーベースなど多様なフィー体系を活用してクライアントの要望に合わせたコンサルティングモデルで提供し、顧客企業の現実的な成果創出と事業成長を請け負っている。

国内外の年商1兆円を超える巨大企業から年商100億円未満の未上場企業・オーナー企業に至るまで、600社を超えるさまざまな企業に対して、累計1,000件を超える支援を提供。
サービス提供業界も広範に渡り、ハイテクメーカー、SIer(システムインテグレーター)企業、金融機関・投資会社などのファイナンス業界、卸・小売・外食などの流通業界、サービス、エンターテインメント業界などに実績を持つ。

M&Aアドバイザリーや投資事業も活発化しており、毎年数多くの支援を実現。
子会社は人材業や研修事業など、多岐に渡る。

ニューヨークとシンガポールの二箇所に海外拠点を置き、グローバル・パートナーとして以下の企業と提携している(2021年現在)。

STAX Inc. (アメリカ、NY・Boston・Chicago)
Matrix Advertising Associates Inc.(アメリカ、NY)
Avalon Consulting (シンガポール、インド各地)
SCS Global Holdings, Pt Ltd (シンガポール)
三創科技有限公司 (中国・北京)

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ
P&E DIRECTIONS INC.
  • 代表取締役
    島田 直樹
  • 設立
    2001年
  • 所在地
    〒104‐0061東京都中央区銀座6-8-7
    交詢ビルディング8階

理念

「私たち株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ(P&E DIRECTIONS)は、その社名が示すとおり、「P:Planning=戦略の策定」と、「E:Execution=策定された戦略の実行」のどちらも重視し、一貫したサービスを提供することを企業コンセプトとしています。
私たちは、ある時は、お客様のそばにいつも寄り添うブレインであり、コーチであり、またある時はエージェントであり、実行部隊でもあります。
お客様と一緒に考え、計画し、実行することによって、最終的な目的の達成に向けて、お客様が直面している課題を一緒になって私たちならではの方法で解決します。

https://www.ped.co.jp/jobs/outlineより引用

■Our features 01
成長戦略を”プロジェクト”ではなく、会社の日常として定着させること。
P&E DIRECTIONSという名前の通り、行動につながるようにPlanning(計画)し、お客様のExecution(実行)を支援しながら、戦略の実行を日常化させていきます。

■Our features 02
常に早く、正確に。そして長く寄り添い、真のパートナーになること。
私たちはお客様と腹に落ちるまで協議を重ね、潜在的な命題までも掘り起こし、伴走しながらも客観性を保ち続け、良心と連帯心を持って支援に取り組みます。

■Our features 03
あなたの会社に「成功した投資」と言われる支援をすること。
私たちの仕事への対価を、フィーではなく、投資と考えていただくために、常に結果を出すことを重視し、長期的な経済合理性を実現させます。

https://www.ped.co.jp/より引用

沿革

以下に同社の主な沿革を記載する。

2001年
設立

サービス

インダストリー

  • 建材・建設
  • 医薬品
  • 原料・化学
  • 商社・卸
  • 消費財
  • 銀行・証券・保険
  • 産業機械
  • 教育
  • 小売
  • IT
  • エンターテインメント

ファンクション

  • 戦略コンサルティング
  • 実行支援
  • ビジネスサービス
  • 店舗型・無店舗型サービス

求める人物像

新卒採用と中途採用が行われている。
実行支援と成果創出を重視するピー・アンド・イー・ディレクションズでは、調査/分析や戦略立案だけでは満足せず、現場での支援とそれによるクライアントの成長に熱意を持つ人物が求められている。理想論や机上論ではなく、泥臭さも厭わないような人にフィットする企業である。
また、協調性、積極性、自走力、成長意欲、ロジカルシンキングスキルなどが必要とされる。
中途採用の場合、コンサルティング経験、或いは事業会社での際立った成果や、何らかの高い専門性などがあると、尚良いとされている。

トレーニング

ピー・アンド・イー・ディレクションズでは、「事業会社でも成功する経営者になる」ことを最終目標とする人材育成を行っている。
具体的なトレーニングとしては、プロジェクトを通じてのOJTと、各種の研修プログラムとなるOff-JTを提供している。
Off-JTは各人のレベルに合わせて組まれており、きめ細かな人材育成を行なっている。現在はアソシエイト研修、エントリー研修、過年度研修の3種類のトレーニングがある。

アソシエイト研修(内定者向け)

・ビジネスマナー研修
・基礎スキル研修
 - Excel/PPT応用
  - データ分析手法
  - ロジカルシンキング
  - 企業情報の読み方

エントリー研修(入社1,2年目向け)

・網羅的な学習
 - マーケティング
 - 戦略
 - アカウンティング
 - ファイナンス
 - 人・組織
・実践トレーニング
 - 業界調査など

過年度研修(コンサルタント・マネージャー向け)・ビジネスマナー研修

・プロフェッショナル研修
・ケースリーダー塾
・M&A研修
・ディベート研修
・リーダーシップ研修

社員の声

2001年に設立されたP&Eは、成長期にある企業ならではのエネルギーに溢れている。クライアントだけでなく、自社、延いては個人の成長を続けていくことへの熱意が感じられる。


コンサルティングを通じたクライアントの成長と、その結果としての当社の成長、更には自分自身の成長に繋がっていく。そして次の10年・20年に向かってクライアント、会社、メンバーみんなが更に成長しつづけていく。ピー・アンド・イー・ディレクションズにはそのような「成長する環境」があります。

https://www.ped.co.jp/career/consultant/より引用

様々な仕事に囲まれ、お客様と共に成長し続けられるのが、ピー・アンド・イー・ディレクションズの魅力です。また、当社には常に謙虚な姿勢で仕事に取り組む素晴らしいメンバーがいるため、能力・スキルだけでなく人間性をも磨くことができる、素晴らしい仕事環境がつくりだされています。

https://www.ped.co.jp/career/consultant/より引用

発展途上の未完の会社なので、前向きに色々な機会を捉えていけば、成長できるチャンスは間違いなく多いと思います。「自分の役割は何ですか?」と消極的に待つのではなく、自分で機会を見つけてチャレンジする人の方が向いているでしょうね。主体的に動けばチャンスを掴める環境なので、貪欲にチャレンジして欲しいです。

https://www.ped.co.jp/liiga/article02-kibe/より引用


また、若手の成長を促す環境も整っており、温かみのある文化とともに人材育成を行なっていることも、以下の声から窺える。


若手の一人ひとりの成長フェーズに応じた案件にアサインすることを会社として重視しています。そもそも、その時々の会社の人材構成に合わせたプロジェクトを意識して獲得してくるのです。私も今年から社長と同行しながら営業に出かけるというフェーズに入ってきましたので、他の若手社員にとって学びのあるプロジェクトになるかどうかを考えながら案件を獲得しています。

https://www.ped.co.jp/liiga/article03-nara/より引用

入社前のイメージとして戦略コンサルタントは論理的で厳しい人という印象を持っていました。しかし、当社は実行支援も行っている背景もあり、論理的なだけではなく周りを巻き込める「人間力」に溢れた人が多いと思います。実際、プロジェクトリーダー以上の方に寛容に見守ってもらっていると感じています。

https://www.ped.co.jp/liiga/article04-sagawa-wakate/より引用

任せるという点はまさに当社らしさだと思います。私自身、現在は色々任せてもらう中で学びを得ているので、将来は後輩にもそのような機会を提供する責任があると考えています。そういう思いが繋がっていくことで文化が醸成されていくのだと感じています。

https://www.ped.co.jp/liiga/article04-sagawa-wakate/より引用

さまざまな先輩方からたくさんのフィードバックをもらえる若いうちに、高速でさまざまな種類の作業をこなせるようになることで、経験が積みあがっていった中堅以降で、より深く思考する余裕を持て、クライアントに実行させたいと思わせられるような戦略を立てられるコンサルタントになっていけると考えています。

https://www.ped.co.jp/liiga/article04-sagawa-wakate/より引用

プロボノ

CSRの取り組み

Corporate Social Responsibility Initiatives

P&Eでは、成長企業・成長事業を作り、それらの支援・育成活動を行うことを自社の存在意義と捉えている。さらに、社会活動やスポンサーシップを通じて、世の中との調和ならびに貢献することを掲げている。

農業組合との取り組み

2016年から兵庫県上郡町下中野営農組合と協業

みちのく未来基金への支援

公益財団法人みちのく未来基金の支援企業の一社として、東日本大震災で被害にあった子供たちの進学のため継続して寄付。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)への署名

2015年、国連が提唱するグローバル・コンパクト(UNGC)に署名・参加

書籍

  • 変貌するヘルスケア業界-あらゆる企業がヘルスケア事業者に
    株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ (著)

  • 日本型ブリッツスケール・メソッド 日本M&Aセンターの経営成長戦略
    島田 直樹 (著)

  • 事業創造 理論と実践
    島田 直樹 (著)

  • 経営戦略 理論と実践
    島田 直樹 (著)

  • 医療サービスの多様化と実践 -患者は何を求めているのか(医療経営士中級テキスト専門講座9)
    島田 直樹 (著)

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

コンサルティングファームのインタビューInterview

セミナー情報Seminar

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

転職コラムColumn

コラム一覧へ