EYパルテノン EY Strategy and Consulting Co., Ltd.

 企業について

EYパルテノンは、50カ国以上に6,000人以上のプロフェッショナルを擁する戦略コンサルティングファーム。2021年に「Vault Consulting 50」にて全米第5位となったグローバルでもトップレベルの戦略系ファームである。

1991年に米国ボストンにて創業。2014年4月にEYによる買収に伴い、現在のEYパルテノンへと社名が変更された。

日本での展開

日本では、2018年3月にEYトランザクション・アドバイザリー・サービス(EYTAS)の戦略コンサルティング部門としてサービス提供を開始。

2020年10月には、コンサルティング機能を持つEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(EYACC)とフィナンシャルアドバイザリー機能を持つEYTASが統合。EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)が発足し、代表取締役社長に近藤聡氏が就任した。現在、日本におけるEYパルテノンは、EYSC全体の最上流の戦略コンサルティングを担う部門である。

提供する主なサービスは、成長戦略、トランザクション戦略(M&A戦略およびコマーシャル・デューディリジェンス、PMI等)、オペレーション戦略(コスト削減、マーケティング、プロセス改善等)を中心とした戦略コンサルティングである。

クライアントが属する業界としては、ライフサイエンス、消費財、製造業、商社、プライベート・エクイティが中心となる。

組織構成

EYパルテノンの組織は、<Strategy>、<Transaction Strategy & Execution>、<Turnaround & Restructuring Strategy>の3つのチームから構成される。

<Strategy>
成長戦略の策定、市場評価、新規市場参入戦略、投資評価/事業評価/ビジネスプラン策定の支援、戦略オプションの評価、事業ポートフォリオの最適化支援、戦略実行支援といった、企業の成長戦略にフォーカス。

<Transaction Strategy & Execution>
M&Aトランザクションの戦略との整合性確保、シナジーの評価・検証~実現、リスクの特定および低減といった一連のサービスを提供。

<Turnaround & Restructuring Strategy>
資金繰りや流動性対応を必要とする企業に対する金融機関や株主との交渉等の緊急対応支援から、本質的な経営課題の特定まで、総合的なサポートを提供。

福利厚生・人事プログラムの特徴

個人が尊重され、社員のWork Life Balanceが保てるDiversity豊かな環境整備に取り組んでいる。特に東京ミッドタウン日比谷へのオフィス移転(2018年春)に伴い、フレックスタイム勤務と在宅勤務 (“Work from Home”) プログラムが先駆けて正式導入されている。コロナ禍以前からこうした取り組みに注力しており、ワーキングペアレンツはもちろん、社員ひとりひとりのライフステージに寄り添い、プロフェッショナルとしてのキャリアと活躍をサポートする体制を整えている。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
EY Strategy and Consulting Co., Ltd.
  • 代表者
    梅村 秀和 / ペーター・ウェスプ / 小池 雅美
  • 設立
    2020年10月
    ※EY Japanの経営コンサルティングを担うConsultingサービスラインと、戦略的トランザクションを支援するStrategy and Transactionsサービスラインを擁する法人として2020年10月より業務開始
  • 所在地
    東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー

理念

私たちのパーパス(存在意義)

Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)。
これがEYのパーパスです。優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうすることで、私たちはEYメンバー、クライアント、コミュニティーのためにより良い社会の構築を目指して、重要な役割を果たします。

https://www.ey.com/ja_jp/who-we-areより引用

沿革

1991年
米国マサチューセッツ州ボストンにて、ビル・アクティマイヤーにより設立される。パルテノン・グループとして戦略コンサルティングサービスの提供を開始
2014年
EYグローバルに買収され、EYパルテノンへと社名変更
2018年
EYトランザクション・アドバイザリー・サービスの戦略コンサルティング部門として、日本での業務を開始
2020年
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングとEYトランザクション・アドバイザリー・サービスが統合し、EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)が発足。EYパルテノンは、EYSC全体の最上流の戦略コンサルティングを担当

サービス

インダストリー

  • 製造業/モビリティ(AM&M)業界
  • 消費財業界
  • 教育業界
  • 金融サービス業界
  • 政府・不動産業界
  • ライフサイエンス業界
  • プライベートエクイティ(PE)業界
  • テクノロジー、メディア、テレコム業界(TMT)

ファンクション

  • 企業・成長戦略
  • トランザクション戦略と実行
  • ターンアラウンド戦略

求める人材

戦略コンサルティング業務を遂行するための基本的な資質として、以下を有していることが前提となる。

  • 大学、大学院卒以上の学歴
  • 分析力・解析力や論理的思考力
  • 財務会計、コーポレートファイナンスの基礎知識
  • ビジネスレベルの日本語、英語力

そのうえで、以下いずれかの領域におけるコンサルティング経験やプロジェクトマネジメント経験が必要。

  • M&A 戦略策定、事業開発方針策定、事業改革、海外進出戦略案件、グローバル戦略案件、PMI、等のプロジェクト経験
  • 企業における事業投資部門もしくは投資会社において事業投資に関わる事業評価を行った経験
  • 企業の統合に伴う業務統合等の PMI に関するプロジェクトマネジメント経験、業務プロセス改革等の業務改革PJの経験

https://careers.ey.com/ey/job/EYP-Strategy-100-0006/699292501/より引用

上記に加え、プロジェクト管理のスキルや高い語学力、インダストリーへの深い知見があれば、優遇の対象となる。

  • プロジェクト管理スキル:複数の利害関係者と効果的にコミュニケーションできる能力
  • グローバル案件の対応力(マルチカルチャーへの理解)、ボーダレス M&A 案件などの経験者
  • 高い語学力(英語力)
  • 特定インダストリーの深い知見(特に CPR セクター、FSO セクターへの深い知見をお持ちの方を優遇致します)
  • https://careers.ey.com/ey/job/EYP-Strategy-100-0006/699292501/より引用

さらにディレクター以上のポジションでは、特定のインダストリーでのクライアントとのネットワークを有する方が優遇される。

キャリアパス

コンサルタントからパートナー/アソシエイトパートナーまで、5段階のタイトルが存在する。

新卒入社の場合は、コンサルタントからキャリアをスタートする。MBAおよび社会人経験者については、過去の業務経験やスキルをもとにタイトルが決定される。

各タイトルごとに求められる役割は以下の通り。

コンサルタント、シニアコンサルタント

  • 担当業務へのコミットメント
  • 高品質なアウトプット
  • プロジェクトメンバーとの連携

マネージャー、ディレクター/シニアマネージャー

  • 顧客サービスの現場責任者
  • プロジェクトの全体統括
  • サービスの品質管理
  • 若手育成

パートナー/アソシエイト・パートナー

  • チームの組成と育成
  • 組織収益責任
  • 顧客サービスへの最終責任者

トレーニング

EYパルテノンでは、社員が積極的に自らのキャリアをドライブすることが求められており、プロアクティブな社員には多くのトレーニングの機会が提供される。

同社は社員のキャリア開発において、頻繁なフィードバックやコーチングを重視する。そのために導入している仕組みが、EY Globalに共通のLEADというパフォーマンスマネジメントシステムである。

LEADを通して上司と部下の間での良い対話<Better Conversations>を促進することで、キャリアや成長速度、パフォーマンスをさらに高めることを目指している。

また、専門領域や職位に応じた研修プログラムも幅広く用意されている。
研修プログラムの中には、他国のEYオフィスと協働で提供されるものも多く、海外のコンサルタントから刺激やインスピレーションを得られる機会が豊富にある。

現在、主に以下4つの領域で各種研修プログラムが提供されている。

  • グローバル/リージョナル研修
  • 一般研修(ソフトスキルや語学研修を含む)
  • 新卒新入社員研修
  • テクニカル研修

社内資格制度として、グローバル共通の「EY Badges」がある。「EY Badges」の取得を通して、コンサルタントは自らの専門性を高め、キャリア上のタグ付けとして役立てることができる。

<EY Badgesの例>

  • Data Analytics
  • Data Visualization
  • Data Science
  • Robotics Process Automation
  • AI
  • Blockchain
  • Transformational Leadership
  • Design Thinking

など他多数

社員の声

EYグローバルのネットワークを背景とした、クロスボーダー案件への豊富なアサイン機会はEYパルテノンで働く魅力の一つである。

よりクロスボーダーの案件に携わりたいと考え、海外投資戦略の策定に強みを持つ戦略コンサルティングファームであるEYパルテノンの日本オフィスへの入社を希望しました。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/g_a_01.htmlより引用

Additionally, it isn’t difficult to connect the dots within the EY-Parthenon network and get access to international assignments. There are tremendous opportunities for you to grow your professional network within the EY global network.

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/s_i_01.htmlより引用

プロジェクト外でも、研修等で海外メンバーと交流し刺激を受ける機会は多い。海外も含めた、最先端の戦略コンサルティングの知見に触れられる環境が整っているといえよう。

EYパルテノンには、米国、欧州、アジアなど広くグローバルにプロフェッショナルがおり、EYパルテノンに特化した海外研修への参加や人材交流の機会が提供されています。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/g_a_01.htmlより引用

EYパルテノンは米国や欧米では豊富な実績があり、トップクラスのブランドを持つ戦略系ファームである。一方で日本ではまだ設立からの歴史が浅く、まさにこれから参画する社員の活躍がブランドを確立していくことになる。そこにむしろやりがいや面白さを感じる、チャレンジ精神を持った社員が歓迎される。

成長戦略を掲げ、他の戦略コンサルティングファームに追いつき、追い越そうという目標を持った組織に魅力を感じる方には、絶好の環境だと思います。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/g_a_01.htmlより引用

社員を大切にするEYの文化や働き方を魅力として挙げる社員も少なくない。自らの役割をしっかりと果たしてさえいれば、フレックスタイムやリモートワークなど柔軟な働き方が認められている。

当社はとても働きやすい職場だと思います。自分の役割を果たし、成果を出すことが重要視されますが、一方でリモートワークやフレックスタイムを活用するフレキシブルなワークスタイルを推進しており、勤務場所や勤務時間について柔軟な考え方をもっています。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/m_k_01.htmlより引用

EYSCは働きやすい環境です。フレックス制度を導入しているため勤務時間は融通がききますし、上司・同僚とはコミュニケーションが取りやすく、コロナ禍でもまったくストレスなく仕事ができました。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/a_k_01.htmlより引用

D&I(Diversity & Inclusion)を重んじる文化があり、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが働きやすい環境が整えられている。

私はD&Iに強い関心と情熱があるのですが、プロジェクト以外では、D&I(Diversity & Inclusion/多様性)コミッティーにおける主要ポジションを務めており、社内の多様性改善・推進のための活動も行っています。このような取り組みも、マネジメントを含め社内で非常にポジティブに受け止められています。

https://www.eysc.jp/recruit/professionals/detail/m_k_01.htmlより引用

プロボノ

EY Ripples 企業責任(Corporate Responsibility)プログラム

EYはSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献するため、CR(企業責任)プログラムに取り組んでいる。これは、2030年までに10憶?の?々にポジティブな影響を与えることを目指すものである。

日本では、主に以下3つの領域に注力している。

次世代支援

未来を担う若い力が仕事をする力をつける支援として、中高大学生向けにビジネス体験、デザインシンキングセッション等を開催。

社会に影響力を持つ起業家支援

WABN(女性アスリートビジネスネットワーク)、起業家支援等、社会を良くするビジネスを行う起業家と協働。

持続可能な環境への取り組み

世界を気候変動の危機から救う持続可能な環境への取り組みとして、水素コンサート、脱プラ、外部団体との自然資源保護等を実施。

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

コンサルティングファームのインタビューInterview

セミナー情報Seminar

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

転職コラムColumn

コラム一覧へ