大手シンクタンクで地球環境分野の研究員(第二新卒可)募集

会社概要

銀行系シンクタンク。全体的なコンサルティングスタイルとして、実行支援色が強いのが特徴です。シンクタンクならではの豊富な情報・知識とコンサルティングのノウハウを融合し、各企業の課題解決に高いレベルで応えていけるのが強み。著名な研究者・エコノミスト、政界に輩出していることでも有名。

募集ポジション ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス
研究員
年収 600万~1000万円程度
勤務地 東京

求人内容・募集要項

【仕事内容】
気候変動政策に関する調査業務、政策立案支援業務
(特に、温室効果ガス排出・吸収量の算定、分析に関する業務)
開発途上国における温室効果ガスインベントリ作成・緩和対策立案に関するキャパシティ・ビルディング業務等

具体的には、
官公庁・研究機関等の調査・分析ニーズを踏まえ、文献・統計分析、インタビュー調査等を駆使しながら、チームワークでレポートや各種データを作成する業務が中心となります。

【応募要件】
地球環境問題(特に気候変動問題)に関する調査・コンサルティングに強い関心がある社会人経験5年以内の方
(第二新卒可。海外大学院修了者歓迎)
英語力(実務レベル)
PCスキル(ワード、パワーポイントでのレポート作成、エクセルによるデータ集計・分析等)
基礎的な数量データ分析スキル

キャリアコンサルから一言

地球環境問題に関心が高い方にお薦めのポジションです。シンクタンクで未経験から研究員として活躍できます。

求人情報Recruit

求人一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

セミナー情報Seminar