社会変革推進財(SIIF) Japan Social Innovation and Investment Foundation (SIIF)

 企業について

社会変革推進財団(以下SIIF:Social Innovation and Investment Foundation)は、PFS(ペイ・フォー・サクセス※1)/ SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド※2)などインパクト投資の普及に取り組む一般財団法人である。主にインパクト投資事業、社会起業家支援事業、社会的インパクト評価・マネジメント事業を展開している。

国内にインパクト投資を普及させるために日本財団が発足させた社会的投資推進室を前身とし、市場構築の本格化に向け、2017年、社会的投資推進財団として設立された。
2019年、社会変革推進機構と合併し、現在の名称「社会変革推進財団」となる。

インパクト投資とは、社会的にインパクトの大きな事業(企業・組織・ファンド)への投資により、社会的な成果と財務リターンの両立を目指すもので、就労支援、生活困窮者支援、ヘルスケア、地方経済の再生など社会的に課題解決を必要とされる分野を対象事業とする。

SIIFは、この注目度が高まるインパクト投資のモデル開発、支援・投資の実践、普及に向けた環境整備や研究・調査などを行っている。従来の自助・公助・共助の枠を超え、社会的・経済的リソースを自律的、持続的に循環させるエコシステムの構築をミッションとしている。

政府・省庁、地方自治体、金融機関と共同する取り組みも多く、新たな価値創造に挑む社会起業家の発掘にも力を注ぐ。ベンチャーキャピタルとして投資先経営の伴走支援も行っている。官民の境界を再定義して、新たな社会の仕組みづくりを目指している。

※1 PFS(ペイ・フォー・サクセス)
日本語では「成果連動型民間委託契約」と呼ばれる。地方公共団体などが民間事業者などに委託して実施される事業形態の一つ。解決すべき行政課題について成果指標が設定 され、その成果(改善)の状況に支払い額が連動する契約を指す。

※2 SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)
日本語では「社会的インパクト投資」という。行政から民間事業者へ委託されるPFS (成果連動型民間委託契約)のうち、民間からの資金調達も伴う官民連携の投資である。この手法は2010年イギリスで始まった。支払額が成果に連動する、民間からも資金を調達するという点において、通常の業務委託契約と異なるポイントである。

一般財団法人 社会変革推進財団
Japan Social Innovation and Investment Foundation (SIIF)
  • 代表者
    理事長:大野 修一
  • 設立
    2018年9月
  • 所在地
    東京都港区赤坂1丁目11番28号 6階

社会変革推進財(SIIF)の理念

Vision

社会課題解決と多様な価値創造が
自律的・持続的に起こる社会の礎をつくる

SIIFが目指すのは、人や地域がそれぞれの幸せをかなえられる包摂的な社会です。それは、 人や地域がそのあり方を自ら求め、選び、創造し続けるものと考えます。

Mission

自助・公助・共助の枠組みを超えて、
社会的・経済的資源循環のエコシステムをつくる

市場経済を中心とした自助。中央集権的な再分配システムに基づく公助。そして身近な助け合いの形である共助や互助。SIIFは、これらの枠組みを超えた資金・人材・知見などの資源の新しい循環モデルの構築を目指し、社会的な成果に対する多様な価値のモノサシを示していきます。

https://www.siif.or.jp/overview/about/より引用

社会変革推進財(SIIF)の沿革

2013å¹´
日本財団が社会的インパクト投資の普及に向け調査研究を開始
2014å¹´
日本財団内に社会的投資推進室を発足
2017å¹´
  • 社会的投資推進財団を設立
  • 日本で初めてヘルスケア分野のSIBを導入
    ▶対象:神戸市、八王子市
2018å¹´
  • 神奈川県ヘルスケアニューフロンティアファンドに参画
  • 国内初の広域連携型「ソーシャル・インパクト・ボンド」を組成
    ▶対象:広島県域6自治体(2億2千万規模の資金提供)
2019å¹´
  • 一般財団法人社会変革推進機構と合併、社会変革推進財団と改称
  • 社会的インパクト投資ファンド「はたらくFUND」の設立・運営
    ▶共同:新生銀行グループ、みずほ銀行
2020å¹´
  • 米国組織:ロックフェラー・フィランソロピー・アドバイザーと業務提携
  • シードアクセラレータープログラム「ハルキゲニアラボ」を開始
  • 「ハルキゲニアラボ」Webサイト公開
  • 「インパクト投資に関する勉強会」の開催をスタート
    ▶共催:金融庁・ GSG国内諮問委員会(SIIFは事務局)
2021å¹´
  • 「はたらくFUND」Webサイト公開
  • 日本ベンチャーキャピタル協会に入会
  • 第3回「インパクト投資フォーラム2021」のオンライン開催

社会変革推進財(SIIF)のサービス

支援先の事業領域

  • ヘルスケア(健康増進、禁煙、知症・生活習慣病予防)
  • 医薬品/医療機器
  • 就労支援(教育・人材育成・研修プログラムなど)
  • 生活困窮者支援(シングルマザー支援、自立支援事業など)
  • 保育領域 (施設や保育の質の改善)
  • 地域課題の解決(創業支援、復興支援、活性化支援)

SIIFが手掛ける事業:3つの機能

インパクト投資事業

2021年は、日本におけるインパクト投資の「モデルづくり」から「モデルを改善しながら横展開」のフェーズに入っているという。この投資領域の先駆者として、さまざまな取り組みを通じてさらなる浸透と進化を目指している。

  • はたらくファンド の運営
  • シングルマザー起業支援の実施
  • PFS/SIBの推進(実施/調査研究、情報発信)

社会起業家支援事業

従来はNPO(非営利組織)で担っていたような社会的な課題解決について、企業として事業化し、ビジネスとして継続的に取り込むことへの関心度が高まっており、社会起業家にも注目が集まっている。SIIFは、社会起業家や企業の成長を支援し、公益増進を目指している。

  • 創業期の社会起業家の総合的な支援モデルの構築
  • 事業開発支援
  • 資金提供プログラム「ハルキゲニアラボ」の運営
  • 休眠預金事業制度を活用した社会起業家支援

社会的インパクト評価・マネジメント事業

支援先事業について、長期的な成果の可視化・モニタリングし、事業の改善促進と成果報告を行う。SIIFは、社会的インパクト評価やマネジメントの知見・ノウハウ・手法の形式知化や普及も担う。

  • ヘルスケアニューフロンティアファンドのインパクト評価
  • 社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI )の運営
  • グローバル・ネットワーク参画により、最新の知見を収集
  • 整理 /調査研究、ナレッジ開発

金融機関の求人情報Recruit

求人一覧へ

金融機関のインタビューInterview

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

必読コンサルキャリア論Column

コラム一覧へ