コンサル業界ニュースConsulting Industry News

PwCが第26回「世界CEO意識調査」の結果を発表

PwCは2022年10月から11月にかけて、世界105か国・地域のCEO4410名を対象に実施した「第26回世界CEO意識調査」の結果を発表した。この調査によると、CEOの73%が世界の経済成長は今後12か月で減速すると考えている。CEOのこの厳しい見解は、12年前にこの質問を開始してから最も悲観的な結果となった。2021年、および2022年にCEOの4分の3以上が景気回復を予想した前向きな見解から大きく後退した。

困難な経済環境に加え、CEOの40%近くは現在のビジネスのやり方を継続した場合、10年後には自社が経済的に存続可能な状況にないと考えている。この傾向は通信(46%)、製造業(43%)、ヘルスケア(42%)、テクノロジー(41%)、と広範なセクターで共通していた。また、今後10年間で自社の業界において収益性に直接的な影響を及ぼす複数の問題が生じると考えており、その要因として、過半数が消費者の需要や嗜好の変化、規制の変更、労働力・スキルの不足を挙げる。

前回の調査ではサイバーリスクや健康リスクがCEOの懸念事項の上位を占めたが、今回は経済の変動による影響を反映した選択肢がトップとなった。インフレ(40%)、マクロ経済の変動(31%)が短期的及び今後5年間においてCEOにのしかかるリスクとして挙げれた。これに続き、CEOの25%が地政学的対立のリスクによる財務面への影響を懸念する一方、サイバーリスクと気候変動は相対的に順位を下げた。ロシアによるウクライナ侵攻や世界の他の地域における地政学的紛争に関する懸念の高まりは、CEOが自社のビジネスモデルの在り方を再考するきっかけとなっている。地政学的対立による影響を懸念するCEOのほぼ半数がサイバーセキュリティやデータプライバシーへの投資拡大、サプライチェーンの見直し、現在の市場におけるプレゼンスの見直しや新規市場への進出、製品やサービスの多様化などにより、想定される広範囲に及ぶ混乱の軽減策をシナリオ策定や企業運営モデルに導入している。

現在の経済情勢を受け、CEOはコスト削減や売上拡大を考えている。約半数が事業コストの削減を報告している一方、価格引上げや製品・サービスの多様化を挙げるCEOも約半数に上る。しかし、60%は今後1年間における自社の人員規模の削減は計画しておらず、80%は報酬削減を予定していないとする。

気候変動は他のグローバルリスクに比べ短期的リスクとして大きく注目されなかった一方、気候リスクがコスト面、サプライチェーン、物質的な資産への影響を続けると想定。特に、中国のCEOは気候リスクの影響を受けると感じており、その多くが自社の温室効果ガス排出削減に加え、気候変動に配慮した新たな製品・プロセスの開発、データに基づく全社レベルでの排出量削減と気候リスク軽減に向けた戦略策定などの取り組みを既に始めていることが明らかになった。

CEOは長期的に社会的価値を創出するためには信頼を築き、持続的な成果を上げるために幅広いステークホルダーと協力する必要があると認識している。今回の調査により、企業が非営利団体と連携する際には持続可能な開発(54%)、DE&I(49%)、教育(49%)を目的とすることが明らかになった。また、自社の人材や技術変革への投資も積極的に行う必要がある。技術的には約4分の3の組織がプロセスやシステムの自動化、重点分野における人材のスキル向上の仕組みを導入するなど、様々な取り組みを行っている、しかし、多くのCEOは組織が直面する一段と複雑なリスクに取り組むに当たり、組織の権限移譲や起業家精神にとって重要な前提条件(企業価値との整合性、リーダー層による反対意見や議論の奨励等)が自社に備わっているかどうか疑問視する。

→PwCコンサルティングの企業情報はこちら

→詳しくはこちらのプレスリリースをご確認ください

セミナー情報Seminar

セミナー一覧へ

コンサルティングの求人情報Recruit

2023.01.01

サステナビリティコンサルタント

サステナビリティコンサルタント

大手シンクタンクのサステナビリティ部門でコンサルタント募集 [14951]

会社概要
大企業グループのシンクタンク。 日本を代表するシンクタンクのひとつです。
募集ポジション
サステナビリティコンサルタント(コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス)
年収
800万円~1500万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる グローバルに活躍 ワークライフバランスが良い 注目

2022.09.15

コンサルタント

コンサルタント

社会課題解決を推進する日系コンサルファームでコンサルタント募集 [020764]

会社概要
企業・NPO/NGO・政府などあらゆるセクターに対して、コンサルティングサービスを提供する日系コンサルティングファーム。 従来の経営戦略にとどまらず、ルール形成戦略やサステナビリティ戦略、更には政策立案支援など専門性の高い領域でプレゼンスを発揮しています。
募集ポジション
コンサルタント(ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス)
年収
アナリスト:500万円~800万円程度 コンサルタント:800万円~1000万円程度 シニアコンサルタント:1000万円~1200万円程度 マネージャー:1200万円~2000万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる 未経験可 注目

2022.09.09

ルール形成 戦略コンサルタント

ルール形成 戦略コンサルタント

【部署立ち上げ】新ビジネス創出に伴うルール形成コンサルタント募集

会社概要
グローバルに展開する外資系大手コンサルティングファームグループ
募集ポジション
ルール形成 戦略コンサルタント(ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス)
年収
700万円~1500万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる グローバルに活躍 ワークライフバランスが良い 注目

2022.09.05

国際政治経済/地政学コンサルタント

国際政治経済/地政学コンサルタント

外資系戦略コンサルファームにて【国際政治経済/地政学コンサルタント】募集

会社概要
グローバルに展開する戦略コンサルティングファーム。 最先端の知見と技術を集約するクロスボーダーチームで、クライアントの持続的で確実な成長を支援しています。
募集ポジション
国際政治経済/地政学コンサルタント(ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス)
年収
500万円~3000万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる グローバルに活躍 未経験可 ワークライフバランスが良い 注目

2022.08.31

経済安全保障・地政学リスク対応支援コンサルタント

経済安全保障・地政学リスク対応支援コンサルタント

【地政学担当】戦略的リスクマネジメント支援コンサルタント募集

会社概要
経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供するグローバルファーム。 クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高める支援で有名です。
募集ポジション
経済安全保障・地政学リスク対応支援コンサルタント(ジュニア・第二新卒クラス / コンサルタント・中堅クラス / マネージャー・管理職クラス)
年収
800万円~2000万円程度
ポストコンサル 社会に貢献できる グローバルに活躍 未経験可

2022.11.17

コンサルタント

コンサルタント

大手シンクタンクで事業戦略コンサルタント募集 [13593]

会社概要
日本を代表する総合シンクタンク。 中長期目線での経営テーマが多いことが特徴。
募集ポジション
コンサルタント(コンサルタント・中堅クラス)
年収
500万円~1500万円程度
ポストコンサル 未経験可 ワークライフバランスが良い
求人一覧へ

コンサルティングの転職体験談Story

転職体験談一覧へ