自己探索と一皮むけるプロセスを経てBCGへ!

Sさん 33歳 (女性)  有名私立大卒建設コンサルティング会社 ⇒ BCG

コンコード・竹端様にご支援いただき、BCGから内定をいただきました。
このキャリアステップは、当初予想もしていなかったもので、本当に満足・納得しています。
竹端様にご支援いただかなければ、そこにたどり着かなかったです。

転職活動は、私にとって、非常に楽しい自己探索でした。
竹端様との転職活動の期間を通し、私は一皮むけたと思います。

竹端様のご支援について、書類準備や面接対策等は言わずもがなのきめ細かなものでした。
ここではその詳述とは別に、特に感謝したいご対応を記載しようと思います。

この転職の定義付け

竹端様には半年以上に及びご支援いただきました。
そのプロセスはただの転職活動というよりも、むしろキャリアコンサルティングであり、その結果転職することにした、という説明が自然です。

当初、志望先どころかスタート地点も曖昧でした。
Aファームにいきたい、とか、戦略コンサルタントに絶対なりたい、といった具体的な意思はなかったように思います。
長期的な視点で志望するキャリアの方向性を協議し、当時抱えていた仕事における閉塞感・危機感を踏まえ、どんな部分を強化していきたいのかを言語化することを支援いただきました。
これは、今後のキャリアでも役立つ成果と考えています。

仕事において大事にしていることの発見

自分が仕事場を選ぶ上で、「一緒に働く人たちとのフィット感」をとても重要にしていることに気が付きました。
竹端様との面談や、企業の面接は、結果的にはいつもとても楽しかったです。
自己探索への興味や知的好奇心が刺激されました。
面接を重ねれば重ねる程、このような人達と働けたら楽しそう、転職したいと本気で思うようになりました。

自分のペースでの転職活動

竹端様からの適切なレベル・タイミングでのアドバイス等により、自分の対応できる範囲のペース(負荷)で転職活動ができました。

竹端様にご支援いただく前からの期間も含めると1年越しの取り組みとなりました。
目的地に対しての迷い・方向転換、面接がはじまってからも応募先企業の志望度の見直しも多々ありました。
活動に影響する公私での障壁もありました。
そのような私の実態や、ペースを尊重いただき、緩急をつけた進捗管理や方向性の調整をいただきました。

改めて、素晴らしい機会を提供いただいたことに対し、感謝の気持ちでいっぱいです。
次回キャリアを再考する機会には、是非竹端様に相談したいと思っています。

担当キャリアコンサルタントより

初めてSさんとお話した際に、芯の強さをお持ちという印象を受けたことを覚えています。
その時は、どのような方向性のキャリアを創っていきたいかは明確ではなかったものの、お聴きした問題意識の一つ一つに芯の強さを感じました。
キャリアの中長期の方向性を考えるところから伴走させていただけて、私も楽しかったです!

転職活動は、中長期的な視点から望むキャリアを考えて、そこに向かうための成長のプロセスだと思っています。
「自己探索」と表現いただきましたが、まさにSさんはご自身に向き合いながら、そのプロセスを歩まれたのだと思います。

改めましてBCGへのご転職、おめでとうございます!
新しいキャリアを始めた後も、自己探索は続くと思います。
これからも、チャレンジと自己発見を積み重ね、脱皮し続けていただければと思います!
応援しています!

エグゼクティブコンサルタント 
竹端 直弥 略歴

東京大学工学部・同大学院工学系研究科卒業。鹿島建設、ブーズ・アンド・カンパニー(現PwC Strategy&)、ヘイ・グループ(現コーン・フェリー)等で新規事業開発、リーダーシップ開発、組織変革等のプロジェクトをリード。その後、コンコードに参画。米国CTI認定プロフェショナルコーチ。

コンサルタント詳細ページへ

コンサルティングファームの転職体験談Story

転職体験談一覧へ

コンサルティングファームの求人情報Recruit

求人一覧へ

転職支援の流れFlow

コンコードエグゼクティブグループでは、以下の流れでキャリア支援サービスを行なっています。
専任の担当キャリアコンサルタントが、一貫してサポートをさせて頂きます。
キャリア支援サービスは、全て無料です。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。