ソーシャルイノベーターへのキャリア戦略

ソーシャルイノベーターとは?

ソーシャルイノベーターとは、既存のアプローチではなく革新的な方策で、社会の問題や課題を解決する事業家のことです。
一般的な事業家とは異なり、メインビジネスで社会的に新しい価値を創造して利益を上げることから、社会起業家と呼ばれることもあります。

ソーシャルイノベーターになるためには?

地方創生やまちづくり、国際協力などの分野において、社会を変革するソーシャルイノベーターになるためには、どうすればよいのでしょうか?
現在活躍しているソーシャルイノベーターの多くは、戦略的なキャリア設計を行っています。
最大のポイントは、「キャリアの階段」をつくることです。
一般的な起業を目指すキャリアと同様に、経営に関する基礎的なスキルや経験を持っておくことが重要となります。
また、ソーシャルイノベーターには、今までの社会にない新しいコンセプトを打ち出して訴求する能力が必要です。
アイデアを魅力的な表現で社会に伝えるためにも、コンテンツを制作するクリエイティブスキルを磨くキャリアを挟むことも大いに役立ちます。
つまり、着実にソーシャルイノベーターへの道を歩むためには、いきなりゴールを目指すのではなく、必要なスキル・経験・ネットワークを得られるステップを挟むことが有効といえるでしょう。
なお、ソーシャルイノベーターを目指す転職希望者の多くは、コンサルティングや経営企画などの業務経験やMBAなどの学位をお持ちではありません。
また、最初は漠然としたビジョンからご相談が始まることがほとんどですので、どうぞお気軽にご連絡ください。

MVP

キャリアモデルCareer Model

Model 1 海外ボランティア 外資系戦略コンサル クロスボーダーNPOを創業
Model 2 大手メーカー(営業) シンクタンク(戦略コンサル) 地方創生ネット事業を起業
Model 3 事業会社 ネット系ベンチャー 社会変革系ネット事業を起業
Model 4 事業会社 コンサルティングファーム NPO幹部候補
Model 5 事業会社 社会変革系ファーム(コンサル/事業プロデュース/投資ファンド)

ソーシャルイノベーター インタビュー特集Interview

ソーシャルイノベーター 求人情報Recruit

求人一覧へ