医療系コンサルへの転職

医療系コンサルティングファームとは?

医療系コンサルティングファームは、病院経営を支援するプロフェッショナルファームです。
病院や医療機関に対して、業務プロセス改善、コスト削減、Web施策、IT、組織改革などの様々な観点から、病院経営基盤を総合的に強化するための専門的なコンサルティングを提供しています。
また、経営が苦境にある病院や医療機関に対して、再生支援を行う場合もあります。

求められる人材要件

医療関連業界出身者、または医療分野のコンサルティング経験者を中心に採用しています。
具体的には、MRをはじめとする製薬・医療機器業界の出身者、薬剤師、看護師、医療事務業務の経験者などが好まれる傾向があります。
医療業界の実務に関する見識や、医師とのコミュニケーション能力が重視されています。
年齢が若ければ、他領域のコンサルティングファームからの採用も行っています。

医療コンサルタントの選考プロセス

書類選考

履歴書および職務経歴書によって選考が行われています。志望動機書も添えて応募できると望ましいです。アピールポイントを明確化した上で、書類を作成する必要があります。


筆記試験

基本的に、筆記試験は行われていません。但し、一部のファームでは筆記試験を課す場合もあるため、個別の確認が必要です。


面接

通常、3名程度の面接官と1対1の面接が行われます。明確に志望理由を話せるように準備しておくことが重要です。

医療系コンサル出身者のネクストキャリア

医療系コンサルティングファーム出身者のネクストキャリアでは、他領域のコンサルティングファームへの転職、医療機関への転職、独立などの選択肢があります。

一般的に、病院や医療機関の経営は、民間企業の経営とはかなり異なる面があると認識されています。
そのため、医療系コンサルティングファームの出身者は、企業向けのコンサルへの転身において、若干ハードルが高くなっています。
他領域のコンサルティングファームでのキャリアを検討する場合は、あまり年齢が高くならないうちに転職活動することをお奨めします。

ただし、総合系コンサルティングファームやシンクタンク系コンサルティングファーム内にある医療系コンサル部門へ転職する場合は、即戦力人材として高い評価を受けるため、年齢が高くなってからの転職も十分に可能です。

病院をはじめとする医療機関に転職した場合、企画管理部門などでの活躍が見られます。
また、高齢化社会を背景として一般事業会社で医療系新規事業が立ち上げられる際に、その事業責任者ないしは立ち上げメンバーとして採用されるケースもあります。

その他、独立して病院向けのコンサルティングを行う人も多くいます。
病院向けのコンサルティングはプロジェクト規模が比較的小さく、一人または少人数のコンサルタントで対応可能であることから、独立というキャリアを選択しやすくなっています。

代表的な医療・メディカル系コンサルティングファーム

  • KPMGヘルスケア
  • ヘルスケアシステムズ
  • キャピタルメディカ
  • グローバルヘルスコンサルティング
  • メディカルクリエイト
  • CDIメディカル
  • アルティディア
  • サイプレス

医療・メディカル系コンサルの求人情報はこちら

医療・メディカル系への転職支援実績Track Record

  • 36歳 (男性) 有名国立大卒

    総合系ファーム

    シニアマネージャー

    1500万円

    総合系ヘルスケアコンサル

    ディレクター

    1800万円
  • 26歳 (女性) 京大卒

    医療機器メーカー

    営業

    650万円

    総合系ヘルスケアコンサル

    コンサルタント

    750万円
転職支援実績一覧へ