求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

キャリアガイド


ファンド

概要

ファンド

投資ファンドは、複数の投資家から集めた資金を用いて投資を行い、そのリターンを分配する資金運営主体です。

非上場会社(未公開株)を投資対象とするファンドはプライベートエクイティーファンド(PEファンド)と呼ばれ、ベンチャーファンド、バイアウトファンド、企業再生ファンドなどがこれに相当します。

一方、上場株式など市場性のある商品を投資対象とするファンドが、投資信託・商品ファンド、ヘッジファンド、アクティビストです。

日本では2004年以降にファンドビジネスが一気に成長を遂げ、特にPEファンドは、ポストコンサルの転職先として注目の的になりました。

PEファンドでは、コンサルティングスキルを活かしながら株主という立場で経営に参画できるため、ポストコンサルにとって非常に魅力的な環境と言えます。
リーマンショック後は、ファンドの求人案件数が激減しましたが、現在は一定の求人ポジションが開かれています。

魅力

投資ファンドの魅力

コンサルタントのよくある悩みとして、「クライアントに提案したプランがどのように実行されるのか見届けたい」という声があります。
PEファンドでは、投資後、数年にわたって経営支援に入ることが多いため、戦略から実行まで一貫して経営支援に携わることができる点は大きな魅力です。

また、コンサルタントには、「提案したプランを実行してもらえない」という声もありますが、PEファンドでは、多くの場合、この悩みが解消されます。
ファンドは株主という立場で経営支援に参画するため、改革プランを強く推し進めていくことも可能です。意思決定者としての顔を併せ持つ強みがあります。

「レバレッジを効かせたい」という悩みも、コンサルタントの声としてよく挙げられます。
コンサルティングは基本的に労働集約型ビジネスで、毎回のプロジェクトで一生懸命頑張ったとしても、起業家や経営者のように大きく稼ぐことはできません。
しかし、ファンドでは、担当事業が成功すれば、キャリーボーナスで大きな収入を得られるという魅力があります。

最後に、ワークライフバランスの視点も重要です。
担当事業にもよりますが、戦略系ファームに比べて、ファンドのワークライフバランスは比較的良いことが多いようです。
投資するまでは忙しさを極めますが、投資後しばらくして投資先企業の事業が軌道に乗っていけば、日々の業務は戦略系ファームほど忙しくなりません。

留意点

投資ファンドの留意点

ファンドへのポストコンサル転職では、コンサルタントのスキルが活かされる“ハンズオン”型のファンドに入社することが重要です。
このハンズオン型ファンドでは、資金的な投資だけでなく投資企業内に深く入り込んで経営支援まで行うため、コンサルティングスキルが十分に発揮されます。
逆に、ハンズオン型以外では、ポストコンサルの強みが活かされないケースも多々あります。

また、経済動向の影響を大きく受けるファンドビジネスのジレンマも理解しておく必要があります。
例えば、株価が著しく低下している時期に、ファンド側が市場に連動した安値で企業を買収しようとしても、企業側が安値での売却を渋ってディールが進まないことがあります。
ファンド側はやや高値で買収してもリターンが出せると考える一方、出資者への説明責任から市場に連動した安値でなければ買いづらく、いつまでも投資が進まないことも多々あります。

なお、担当企業によっては、経営再建が極めて難しい場合もあります。
しかしながら、その担当から外れることもなかなか難しいのが実情です。
担当企業の経営再建が進まない状況が続くと、ファンドでのキャリアそのものも厳しくなるため、“担当運”に恵まれるか否かによってキャリアが変わるという側面があります。

採用傾向

リーマンショック後には、多くのファンドが業績を落として採用が止まっていましたが、ポストコンサル採用も少しずつ再開されてきています。

年齢的には20代を中心に30代半ばくらいまでの方で、M&A関連のプロジェクト経験がある戦略系ファーム出身者や財務系ファームの出身者を採用する傾向があります。

ファンドへの転職支援実績

ファンド

もっと見る

外資戦略系ファーム コンサルタント(東大)27歳
PEファンド
外資財務系ファーム マネージャー(有名私大)35歳
PEファンド
外資戦略系ファーム マネージャー(海外MBA)34歳
PEファンド
シンクタンク マネージャー(慶大)34歳
PEファンド
業務・IT系ファーム マネージャー(一橋大)33歳
PEファンド
戦略系ファーム シニアマネージャー(早大)40歳
PEファンド
外資戦略系ファーム コンサルタント(東大)25歳
PEファンド
無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること