求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

3 採用について

Index

平林代表インタビュー

Deals strategy インタビュー

編集後記


3 採用について

PwCアドバイザリーDeals strategy プレミア インタビュー

CEG 山口これまで、Deals strategy自体のことや、各チームとのコラボレーションのこと、PwCとしての今後の方向性などについてお伺いしてきましたが、次は採用に関してお伺いしたいと思います。
まずは、今、どのような方への採用ニーズが高いでしょうか?

PwC 大屋まず、チーム作りを一緒に楽しんでいただける方が良いですね。
Deals strategyはお話しした通り、制度などこれから整えていく部分も多くありますし、他チームとのコラボレーションが活発にある組織です。
そのため、自分で問題提起をし、工夫して取り組んで行くこと、さまざまな専門家とオープンなコミュニケーションをとってプロジェクトを発展させられること、このマインドが大切だと思います。
次に、自分でどんどん成長していける人が良いですね。社内のリソースや研修システムなどをうまく活用して成長してほしいです。

CEG 山口確かに、コンサル未経験の方でも、応募書類から思いの強さなどが読み取れれば、経験は問わずに面接にお呼びくださっていますよね。
コンサルティング業界経験者も積極的に募集中かと思いますが、特にニーズの高いランクはありますでしょうか。

PwC 大屋全ランクで採用ニーズが高いです。
現在約50名のチームですが、今後はさらに拡大していきたいと考えています。
そのため、マネジメントができるマネージャー以上のランクの方に来ていただきたいという思いがあります。
現時点でマネージャーではない方も歓迎で、コンサルティング業界経験者でプロマネを積極的にやっていきたいとお考えの方には、ぜひ積極的に参画いただきたいです。

PwC 加納当社で仕事をする上で、相手をリスペクトして協働することは非常に重要ですので、そういったことが得意な方、あるいはそこを強化したいと考えている方に来ていただきたいですね。
どんな人にも長所と短所があるので、「この人のこういうところがいいよね」っていうのをランクに関係なく認め合えるようなマインドを持った方がより活躍できる場でもあると思います。

PwCアドバイザリー加納氏・大屋氏

CEG 西谷マネージャー以上の場合、M&Aの経験がなければ入れないということではないですよね?

PwC 加納経験はなくても大丈夫です。資質があれば、入社してからキャッチアップできますので、そこは必須にしていません。

CEG 山口働き方についてはいかがでしょうか?
PwC Japanグループとして働き方改革に取り組んでおられることもあると思うのですが、変化はございますか。

PwC 長谷山ここ数年で労働環境はドラスティックに変わったなと思います。
当然プロジェクトの状況により、報告会直前などは遅くなるケースもありますが、通常であれば21時を過ぎて残っている方の方が少ないですね。

PwC 大屋クライアントもそうですが、世の中全体的に働き方改革が進んでいると思います。
PwCアドバイザリーにおいても36協定は遵守していますし、前述したOJT改革の話のように業務自体を標準化していたり、効率化しようとしているので、これからもっと変わっていくと思います。
実際、この1~2年で、深夜までの長時間労働はなくなり、有給消化率も上がっています。
また、多くのワーキングマザーも活躍しています。

CEG 山口大きな変化があったのですね。

PwC 加納意識次第でこんなに変わるんだと実感しています。

PwC 長谷山企業として大事なことにフォーカスしようという、PwC Japanグループ全体のコンセンサスが得られてきたと思います。
「働き方改革」という号令が出た時、私を含めマネージャー陣の中では「とは言え、そう一筋縄ではいかないだろう」という声が上がっていました。
しかし、実際は意識次第で変わることが多く、大事なことにフォーカスし、クライアントがきちんとアクションできることに時間を集中するようになりました。
非常に健全になったなと思います。

PwCアドバイザリー大屋氏・長谷山氏

PwC 加納それと同時に、私たちはプロフェッショナルとして、効率も上げながら質は維持しさらに高めていくということを大切にしています。

PwC 大屋会社として働き方改革と品質の担保をするために、昔だったら3人で回していたプロジェクトを4人アサインするなどして対応しています。

PwC 加納効率良く業務を進めるために、マネージャーもきちんと優先順位をつけてプロジェクトをマネジメントしていますし、そのマネジメント力を高めるために、お互いの成功事例を共有しあう座談会を開催したり、OJTで研修したりもしています。

CEG 山口チームが本当に良い方向に成長されていることを実感致しました。ありがとうございます。
それでは最後に、このインタビューをご覧いただいている転職希望者のみなさまへメッセージをお願い致します。

PwC 大屋僕がPwCアドバイザリーに入って感じたのは、クライアントに寄り添い、熱量が高いCXOと密にコミュニケーションをしながら、彼らの課題解決のためのパートナーとして働ける環境ということです。

熱量が高いCXOは高い目標を掲げているので、現状とのギャップもすごく大きく、さまざまな問題解決方法を検討できます。本気で会社を変えていきたい、成長させていきたいという方ばかりなので、そこに対して自分たちも本気でぶつかってサポートをしていく面白みがあります。
そういったことを目指している人にはとてもやりがいのあるファームだと思います。

M&Aというのは会社全体の命運を左右するような意志決定が必要になるので、私たちの立場は、経営者にとって最初の相談先であることが多いです。
また、PwC Japanグループ内のさまざまなチームとコラボレーションをしながら難題を解決していけるという強みもあるので、「困ったらまずPwCアドバイザリーに相談」という関係性を構築できている思います。
このインタビューをご覧いただいて、少しでも「面白い!やってみたい!」と思っていただけた方は、ぜひご応募ください。

PwCアドバイザリー加納氏・大屋氏・長谷山氏

編集後記

大屋 直洋 | Naohiro Ooya【ディレクター】

大屋 直洋 | Naohiro Ooya【ディレクター】

大学卒業後、都市銀行を経て大手会計系アドバイザリーファームに入社。主に事業再生やM&A関連業務に従事した後、外資系戦略ファームへ転じ、多様な業種を対象に戦略コンサルティングを担当。その後、組織・人材開発サービスの事業会社を経て、PwCアドバイザリーに入社。M&A戦略の立案、ビジネス・デューデリジェンス、新規事業戦略等々、多様なテーマのプロジェクトに携わっている。


加納 真 | Makoto Kano【ディレクター】

加納 真 | Makoto Kano【ディレクター】

大学院卒業後、IBM Researchでソフトウェアの研究開発に従事した後、外資系戦略ファームへ転じ、ハイテク、物流、ヘルスケア、BPOなど多様な業種を対象に戦略コンサルティングを担当した。その後、PwCアドバイザリーに入社し、M&A戦略の立案、ビジネス・デューデリジェンス、新規事業戦略等々、多様なテーマのプロジェクトに携わっている。
博士(工学)。


長谷山 京佑 | Kyosuke Haseyama【シニアマネージャー】

長谷山 京佑 | Kyosuke Haseyama【シニアマネージャー】

大学院修了後、アビームM&Aコンサルティング(後のマーバルパートナーズ)で、主にM&A関連のコンサルティングや財務アドバイザリー業務等に従事。2015年に同社がPwCアドバイザリーと経営統合したことからPwCアドバイザリーに参画。以後は通信・メディア・インターネット領域の企業を中心に、M&A関連の多様なプロジェクトに携わっている。