求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

サービス内容

#1 オープニング

Index

#1 オープニング

まちてんトークセッション

藤原:
みなさんこんにちは。本日は地域創生まちづくりEXPO「まちてん」にご来場くださいましてありがとうございます。
私は本トークセッションのナビゲーターを務めます、藤原恵子と申します。どうぞ今日はよろしくお願い致します。

本トークセッションは、「まちづくりイノベーターへのキャリア戦略」と題しまして進めていきます。
それでは早速登壇者をお迎え致しましょう。

日本ヘッドハンター大賞を受賞したキャリアコンサルタント、コンコードエグゼクティブグループ代表取締役社長・渡辺秀和さんです。
石徹白農業用水農業協同組合参事・平野彰秀さんです。
今日はどうぞよろしくお願い致します。

藤原恵子

藤原:
東日本大震災以降、まちづくり・社会改革に関心を持たれる方が増えてきている一方で、地方創生をリードするまちづくりイノベーターになりたいけれど、どうすればなれるのか分からないという方も増えてきていると思います。
そういった方のキャリア形成について、お話を伺いたいと思います。

渡辺さんと平野さんは10年来の長いお付き合いをされていると伺いました。どのようなきっかけで出会われたのですか?

渡辺:
平野さんは東大で都市工学を学ばれた後、商業施設のプロデュース会社にお勤めになられていました。
その際、私のところへ転職・キャリアの相談にいらっしゃいました。それが10年前で、以来のお付き合いとなります。

藤原:
とても長いご関係ですね。先ほど一緒にいらっしゃったときもずっとお話されていたのですが、非常に仲が良い印象を受けました(笑)。
定期的に連絡をとられているのですか?

渡辺:
そうですね。そんなにしょっちゅう会っているわけではありませんが(笑)。
実際にお会いするのは久しぶりですが、平野さんがどういうご活躍をされているのかは常に伺っています。

藤原:
お二人とも今日は熱いトークが展開されると楽しみにしております。
このトークセッションでは「まちづくりイノベーターへのキャリア戦略」についてお話を伺いたいと思います。

今、実際にまちづくりに携わりたいと思っている方が増えてきている一方で、そのキャリアをどうやって作るのかという点については、あまり知られていないように思います。
これについてお話を伺えますでしょうか?

#2 ビジネスパーソンがまちづくりイノベーターをめざす背景とは?

平野 彰秀【石徹白農業用水農業協同組合参事】

平野 彰秀【石徹白農業用水農業協同組合参事】

岐阜市出身。東京大学工学部都市工学科卒、同大学院環境学修士。 北山創造研究所、ブーズ・アレン・ハミルトンを経て、2008年春、岐阜へUターン。 2011年秋、人口約250人の集落・岐阜県郡上市白鳥町石徹白(いとしろ)に移住。 NPO法人地域再生機構副理事長、石徹白地区地域づくり協議会事務局。同年、人間力大賞(公益社団法人 日本青年会議所)受賞。


渡辺 秀和【コンコードエグゼクティブグループ 代表取締役社長 CEO】

渡辺 秀和【コンコードエグゼクティブグループ 代表取締役社長 CEO】

一橋大学商学部卒業。三和総合研究所 戦略コンサルティング部門を経て、2008年、コンコードエグゼクティブグループを設立。日本ヘッドハンター大賞MVP受賞。東京大学「未来をつくるキャリアの授業」コースディレクター。著書『ビジネスエリートへのキャリア戦略』(ダイヤモンド社)など。