求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

7 各コンサルタントのキャリアビジョンと今後の目標

デロイト トーマツ コンサルティングプレミア インタビュー

Index

7 各コンサルタントのキャリアビジョンと今後の目標

CEG矢田それでは最後に、みなさんそれぞれの今後のキャリアビジョンや人生設計について是非お聞かせ下さい。

北川(SC)コンサルタントとして成長するためのキャリアプランも大切ですが、人生設計におけるプランも考えていきたいなと思っているところです。
私は、これから結婚や出産などあらたなライフイベントがあればいいなと思っています。
もちろんコンサルタントとしてのキャリアも引き続き積みつつ、女性としてワークライフバランスも先輩方からアドバイスをもらって考えたいと思っています。

DTC 北川SC

向山(M)私は特定のインダストリーを持たないことで実現している柔軟性の高さが良いと思っているのですが、将来的にはどこかのインダストリーに特化して横に広げていきたい気持ちもあります。テクノロジーの軸を動かさない分、横に広げていくことが必要かと思っています。
あと、前職から一貫して、「女性としてこう働きたい」、「こういう風に働くことができるんだ」と思ってもらえる姿を見せられるようになりたいと思っています。

DTC 向山M

久保田(M)私は管理職に上がったので、メンバーやチームとしての成長・育成を追い求めていきたいと思っています。
また、以前は働く上で女性であることを強く意識することに抵抗があったのですが、自分の立場・目線が変わったことで、それが必要なことだと、ようやく理解してきました。まずは自分のプロジェクトの中で女性の働き易い環境づくりを促進したいと思っています。あとは、自分の部門やDTCという枠で見た時でも、女性の活躍というテーマも扱える人間になれるよう、自身のキャリアを考えていきたいと思います。

DTC 久保田M

CEG小寺職位が上がられると共に、新たな気付きを得られたのですね。


松森(SM)私はシニアマネジャーをしていますが、これは本当に今まで一緒にやってきてくれたチームメンバーのおかげ以外の何物でもないと思っています。
このポジションをうまく活用して、スタッフのみなさんやこれからシニアマネジャーを目指すマネジャーのみなさんに良い成長の機会を提供し、5年後10年後にも食べていけるように種を蒔くことを目指しています。

DTC 松森SM


川嶋(SM)私は男女の区別のない職場にいたこともあり、久保田さんと一緒で女性だからと前面に出されることを昔は全然良いと思っていなかったのです。
しかし、マネジャーという立場や、会社の中でダイバーシティが意識されるようになったことで変わりました。
以前はロールモデルがいないことにばかり目がいっていたのですが、色々なモデルがあって良く、その1つに自分がなれればと思うようになりました。
女性パートナーもいますし、私自身もまた違ったロールモデルになりたいと最近強く思います。

DTC 川嶋SM

CEG小寺ありがとうございます。みなさんのような様々なタイプのロールモデルが増えていくことで、今後入社される女性の方も心強いですね。

川嶋(SM)昔は長時間働かれてきた方が多いと思うので、そういう働き方をしないと昇格できないと思われている方もいると思います。
でも、コンサルタントの価値はバリューをどれだけ出すかなので、効率的にバリューを出すという観点で働く人が増えてもいいかなと思います。

松森(SM)ワーキングプログラムを使っている方の中には「時間をかけられないから自信がない」という方もいます。限られた時間の中でクオリティを上げることに真剣に取り組むことが必要ですね。
プロジェクトを管理するパートナーだけでなく、全社全員が意識を持つことで、時間をかけられないことが引け目にならない環境を作り、品質を維持しながら効率化すること。この課題には是非力を入れて取り組んでいきたいです。

川嶋(SM)ワーキングプログラムを使っていると、5分の短い時間でも本当に惜しいんですよね。
周りが理解して効率的な働き方ができていれば、制度は本来いらないものだと思うんです。
ただ、どうしても制度化して明示しないと浸透しない。ワーキングプログラムをきっかけに働き方の「意識変革」がより進めばいいと思います。

CEG矢田制度が文化になり、時間に限らず効率的にバリューを出せる人材がロールモデルとして増えてくると、女性がより自信を持ってコンサルタントとして活躍できる環境になりそうですね。

CEG小寺DTC全体で2020年までの目標数値を具体的に掲げるなどして、女性の管理職やパートナーを増やす計画も進めていらっしゃいますよね。女性リーダーとして活躍していきたい方にはチャンスともいえますね。
最後に、こういった方に入社頂きたいなど、メッセージはございますでしょうか。

川嶋(SM)フォロー面談という形で、悩んでいる内定者の相談に乗る際に、「この仕事はいい意味でも悪い意味でも男性・女性の区別がない仕事なので、その中でどう生きるか、どう生きたいかを考えて、ライフステージに応じて自分の働き方を自分で決めていけるようになってくださいね」といつもお話しています。
DTCに入ってくる方は主体的な方が多いと思うので、そこは是非イメージを持っていただけると良いと思います。

CEG小寺ありがとうございます。本日は貴重なお話をありがとうございました。

編集後記

川嶋 三香子 | Mikako Kawashima【シニアマネジャー】

川嶋 三香子 | Mikako Kawashima【シニアマネジャー】

ITコンサルティングファーム、PRを中心にコミュニケーション全域を扱うコンサルティングファームを経験した後、2008年より現職。Technology Strategyユニットにてグローバル案件やIT戦略・組織変革に関する案件をリード。


北川 史花 | Fumika Kitagawa【シニアコンサルタント】

北川 史花 | Fumika Kitagawa【シニアコンサルタント】

2014年新卒でDTC入社。Poolユニットに所属し、自動車業界のコンサルティング業務を経て、社会課題解決アジェンダに取り組む。2017年よりテクノロジー関連プロジェクトを担当。


久保田 詩音 | Shion Kubota【マネジャー】

久保田 詩音 | Shion Kubota【マネジャー】

大手コンサルティングファームを経て、2014年より現職。Digital Enterpriseユニットに所属し、製薬業界を中心とした様々なデジタル変革をリード。


松森 理恵 | Rie Matsumori【シニアマネジャー】

松森 理恵 | Rie Matsumori【シニアマネジャー】

大手コンサルティングファーム、SIerを経て、2012年より現職。Digital Enterpriseユニットに所属し、テクノロジーとライフサイエンスの軸で、IT戦略から実行まで幅広いテーマの案件をリード


向山 奈美子 | Namiko Mukouyama【マネジャー】

向山 奈美子 | Namiko Mukouyama【マネジャー】

外資系大手ITベンダーを経て2015年より現職。Technology Strategyユニットに所属し、テクノロジーを軸に、電力、公共、ハイテクなど多岐にわたる業界へのコンサルティングを経験。