求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

サービス内容

#5 なぜ、NPOは“やりがい”と“成長機会”にあふれているのか?

Index

#5 なぜ、NPOは“やりがい”と“成長機会”にあふれているのか?

渡辺:
社会を変える組織であるNPO。
「NPOのキャリアは非常に面白いよね」と通の間で言われ始めているよね(笑)。
NPOキャリアの意義について、ぜひ聞かせてもらえればと思います。

小沼:
通なのかニッチなのか分からないですけどね(笑)。

渡辺:
先を行っている人ということで(笑)。
NPOキャリアの魅力の一つは、若いうちから高い目線の仕事を責任を持ってできることにあると思う。
NPOは小さな組織が多い。ベンチャー企業と同様で、若いうちから組織全体の方向性に対する自分の意見を言えるチャンスがあったり、プロジェクトを丸ごと任せられたりというような経験ができる。
例えば、将来自分は経営者や起業家になりたいような人にとっては、若いうちに高いレベルの経験を積んで、一気に成長できるという意味で、いいステージじゃないかと思うんだけど。

小沼:
そうですね。我々の団体も今10名程度で運営をしているので、事業の今後の方向性を考えるっていうことや自分ひとりで何か新しい事業を立ち上げて、それを自分で全部回していくというチャンスがあふれています。
むしろそうしていかないと、存続していけないという状況です。
他のベンチャー企業と同じようにチャレンジすることだったり、自分の力で何かやったりというチャンスに恵まれていますね。
それはすなわち、成長に繋がるんじゃないかなと思いますね。

渡辺:
折角なので照沼さんに伺いたいんですけど(笑)、クロスフィールズに入って、ご自身の成長はどんな感じですか?
(同席されていたクロスフィールズ照沼さんへ渡辺がいきなり質問をする)

小沼:
いきなり予想外の展開ですね(一同笑)。

照沼:
それでは、折角ですので(笑)。
クロスフィールズに入って、新しいことをいろいろとやらせてもらっています。
種類が二つあるんですけど。
一つは、広報の仕事のように、今まで全く経験したことのない新しい仕事をやらせてもらっているっていう意味で、チャレンジングでワクワクしてとても楽しいです。
もう一つは、前職の商社で培った経理や内部統制の経験を活かしながら、仕組みを丸ごとつくるという新しいチャレンジをしています。
前職での経験やスキルを活かせるんですが、ほとんど仕組みができていない状況だったのでチャレンジがあります。

小沼:
本当に一年で全くなかったものが次々組織内にできて、世界観が違いますよ。
彼女が来るまでは、誰も決まった日に経費(領収書)を出していませんでした(笑)。

照沼:
仕組みを新しくつくるという段階から任せてもらえているので、相当にストレッチがある挑戦をさせてもらえているという感覚がありますね。

渡辺:
自分がつくった仕組みで、本当に運営されちゃうんだ。
「いいのかよ?」みたいな。

小沼:
しかも、そのままのルールで続くみたいな。

照沼:
そのまま続くので責任重大ですね。
商社時代は、何千人もの人がいて、自分のそれまでの経験では想像が難しいほどの、何か大きなものが動いているという感じが否めませんでした。
でも、クロスフィールズは、小さな組織なので、動きが自分の目で全て見えるんです。
ちゃんと手応えを感じながら仕組みを作れるし、実感を持ちながら仕事をつくったり、運営したりできますね。

渡辺:
まさにそういうことがビジネスの本来の醍醐味だと思います。
例えば、学園祭とかでTシャツを自分でデザインして売るとします。
誰をターゲットにしよう、デザインどうしよう、店を置く場所はどうしよう、営業トークはどうしようとか、いろいろと考えることがある。
それを一通り回すと、もの凄く面白いんですよね。
知恵を振り絞って苦労して、Tシャツが一枚売れたときの快感が、実はビジネスの本来の醍醐味だと思います。
自分で色々考えたことを具現化して、社会の反応を感じられる。これがとても楽しいですよね。

照沼:
今までは、メディアの方から問い合わせがきて「こういう企画なので取材したいんですけど」というものに対応するというパターンが多かったのです。
それが、記者の方にイベントに来て頂いたり、電話したりしてコミュニケーションを密にしていると、「最近はこんな面白いことをしているんですね。話を聞かせてください」とか、「どんな風なことを記事にしたら、クロスフィールズさんにとって嬉しいですか?」などとメディアの方に言っていただけるようになりました。
自分自身がいろいろと工夫して、関係を構築することで、自分たちの組織や新しい取り組み、いわば時代の変化みたいなものを世の中に出すことができるのは、すごく嬉しかったですね。

小沼:
今の話は、まさにその通りです。
僕は「手触り感」が大きなポイントになっていると思います。
これはベンチャーだからというだけでなく、NPOは受益者がそばにいることが多いというのも面白いところです。
ITベンチャーだと誰が使ってくれているのかが、意外と見えにくいということも多いですからね。
我々は、支援する人が変わるのを間近で見ることができる事業が多かったりするので、社会との距離がすごく近い。
これが大企業へのアンチテーゼだと僕は思っています。
大企業というのはすごく大きな規模の事業をやっているんですけど、一方で、手触り感はなかなか持ちにくいのではないでしょうか。
それに対してNPOであれば、目の前の人の暮らしが変わったりするし、それによって「ありがとう」と言われるそういう感覚を仕事の中に取り戻せる。
そういうことができるのが、NPOの働きがいですね。

渡辺:
仕事の喜びの原点って、まさにそこだよね。
だから、「ビジネスは“本来”美しい」と僕は思っている。

小沼:
“美しさ”を感じられないほど組織の肥大化が進んでしまっているんでしょうね。
僕が思うに産業革命以来の機械化だったり、IT化だったり、グローバル化によって顧客との距離がどんどん遠くなってしまっているなと。
顧客から遠いところにいる人には、その本当は美しいはずのものを感じることができない。
これが、働きがいをなくさせていると。
それがNPOですと、小さな組織だし、社会との距離が近いので、働きがいを感じやすい。
だからNPOに通な人が来ているんだと思います。
ただ、当然ですが、僕は大企業で働く人たちを応援する事業をしているわけで、大企業では働きがいが持てないとは決して言っていません。。
大きな組織では社会との距離が遠いので、働きがいを感じるのが難しいというだけのことです。
留職という事業では、途上国で社会に貢献する機会を提供することで、大企業の社員に働きがいを取り戻すお手伝いをしたいんです。

→ #6 “トライセクターリーダー”が社会を変える

小沼大地 | Daichi Konuma【共同創業者・代表理事】

小沼大地 | Daichi Konuma【共同創業者・代表理事】

一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊(中東シリア・環境教育)に参加後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社では人材育成領域を専門とし、国内外の小売・製薬業界を中心とした全社改革プロジェクトなどに携わる。2011年3月、NPO法人クロスフィールズ設立のため独立。世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Shapers Community(GSC)に2011年より選出。


照沼かおり | Kaori Terunuma【事務局(広報・バックオフィス)】

照沼かおり | Kaori Terunuma【事務局(広報・バックオフィス)】

慶應義塾大学総合政策学部卒業。三井物産株式会社に約7年間勤務し、南米(ペルー・チリ)での駐在を含め、経理や内部統制など管理業務、及び南米向け金属資源投資案件のプロジェクト推進に従事。2013年8月よりクロスフィールズに参画し、広報・バックオフィスを担当。


渡辺 秀和|Hidekazu Watanabe【代表取締役社長 CEO】

渡辺 秀和|Hidekazu Watanabe【代表取締役社長 CEO】

一橋大学商学部卒業。三和総合研究所 戦略コンサルティング部門を経て、2008年、コンコードエグゼクティブグループを設立。日本ヘッドハンター大賞MVP受賞。東京大学「未来をつくるキャリアの授業」コースディレクター。著書『ビジネスエリートへのキャリア戦略』(ダイヤモンド社)など。