求人検索

注目企業情報

アビーム コンサルティング SCMセクター 富田雅樹セクター長インタビュー

アビームコンサルティング SCMセクター プレミア インタビュー 富田雅樹氏

Index

#1 国内最大規模を誇るアビーム・SCMチーム、その特徴と強みとは

CEG山口本日はどうぞ宜しくお願い致します。それではまず、アビームコンサルティング株式会社について、概要や特徴、強みについてお聞かせ頂けますでしょうか?

アビーム富田はい。アビームコンサルティング株式会社は、日本初、アジア初のグローバルコンサルティングファームとして発足しました。総合コンサルティングファームという位置付けで、経営戦略から業務改革、IT構築、運用保守にわたるまで全サービス領域に対して、継続的にお客様が成長をサポートしています。

CEG山口日系であるということは、プロジェクトスタイルなどにも影響するのでしょうか。

アビームSCM富田セクター長

アビーム富田そうですね。日系の特徴を活かして、トップダウン型のサポートのみならず、現場に足を運んでボトムアップ型の支援をすることが多いことも我々の特徴の一つとなっていると思います。やはり日系企業は、現場の力が強いことが多く、変革を成功させるためには現場の声を上手くトップの経営計画に合わせて、プロセスを回していくことが必要です。従って弊社は、クライアント企業の「リアルパートナー」として、常にお客様と寄り添い、ビジネス現場に密着しながら、企業が成功を勝ち取るまで支援し続けるというスタイルを取っています。

CEG山口トップダウン、ボトムアップ両方のアプローチを使いながら、粘り強く「変革」を支援されることが、クライアントからの高い評価に繋がっているようですね。では、その中でSCMという分野についてはいかがでしょうか。

アビーム富田SCMセクターは、業界、業種を問わず、販売、物流、需給、生産、購買、といった業務領域に対して、戦略、組織改革、業務プロセス、ITシステム導入まで、戦略から実行まで幅広くお客様の変革を支援しております。また、体制面でも、現在300名のプロフェッショナルが在籍しております。SCMの専門家がこれだけいるというのは、日系では一番大きい組織なのではないでしょうか。また、我々は「リアルパートナーであるクライアントをSCM先進企業にする」ということをスローガンとして掲げています。今まで数多くのお客様と強固な関係を構築し、SAPを代表とする基幹業務のBPRプロジェクトを成功させてきました。ただそれだけではなく、顧客のSCMを取り巻く環境が大きく変化する中で、そこに対応していく新しい取り組みのサポートも積極的に行っています。

CEG佐藤Industrie4.0やIoT、AIの登場などは、SCMの領域にかなりの影響があると思いますが、日々プロジェクトをされる中で、具体的にどのような変化を感じていらっしゃいますでしょうか。

アビーム富田おっしゃる通り、IoT、Industrie4.0、と呼ばれるDigital革命により「モノづくり」の概念が変わり始めています。加えて、労働人口減少社会が避けられない日本では、「無人化・省力化」に直結するイノベーションが強く求められています。そういった経営課題の解決をSCM領域で支援するというのが、弊社SCMセクターのミッションとなっています。

CEG佐藤基幹業務のBPRのようなプロジェクトから最新のトレンドに対応したイノベーション支援まで、かなり幅広いプロジェクトに対応されていますね。

アビーム富田そうですね。我々は総合コンサルティングファームとして、お客様をトータルサポートしてきた経験がありますので、幅広く取り掛かることができます。あとは、最近の変化として大きいのは、日系企業のグローバル化のあり方ですね。内閣府が実施したアンケートにもありましたが、現在では製造業全体で海外展開の割合が70%を超えるまでになったように、グローバルでの生産体制を強化する日系企業が右肩上がりで増加している中で、複数の国や地域を横串で貫き、より迅速な意思決定を行うことができるグローバル経営基盤の構築が求められています。そのようなニーズに対して弊社では、海外での人的リソースも豊富ですし、海外の子会社とともに支援することも可能なので、海外プロジェクトのノウハウはかなり蓄積されていると思います。

CEG山口

CEG山口グローバルPJの豊富さは一つの特徴といえそうですね。富田さんご自身もアビームに入られて、多くのグローバルPJにて活躍されてらっしゃると伺いましたが、これまでのキャリアについて簡単にご紹介いただけないでしょうか?

アビーム富田私は21年ぐらいこの業界にいるのですが、最初は実は会計士の資格を持って入社しました。その時は当時Big8といわれる等松・トウシュロスというコンサルティングファームに入社し、監査法人系ということもあり、最初は会計の領域を中心にコンサルティングサービスに従事しておりました。具体的には、経営計画の立て方や経営指標の定義、管理方法などを中心に、様々な業種を経験させていただきました。その後、お客様のグローバル経営基盤構築の支援をさせていただいてからは、特定の業務プロセスの観点ではなく、お客様の海外ビジネスへの拡大そのものを支援する部分にシフトし、そうなるとサプライチェーンが切り離せない領域になったこともあり、SCMも専門とするようになったというのが私自身の経歴になります。お客様のグローバル展開については、私自身、これまで10カ国以上で支援してきました。

CEG山口多くのグローバルプロジェクトのご経験をお持ちのようですね、そういった中で、御社は日本オフィスが本社ですから、海外プロジェクトも日本が主導して進めていけるわけですよね。複数国にまたがって経営基盤を構築するプロジェクトに関わることができるのは、非常に面白いと思います。今、御社の他にもグローバルでSCM対応をしていることを標榜しているコンサルティングファームはいくつかあると思います。そことの比較の中で、差別化ポイントであるとか、お客様から見た時に、御社の良い点としてよく挙がってくるポイントはございますか?

アビーム富田我々は、日本発日系のコンサルティングファームということもあって、お客様は当然日系企業が多いのですが、実は、日系企業がグローバル経営という観点で成功している事例というのは、あまり多くはないのですよね。しかし、我々がきちんと日本基準で、日系企業の文化やダイバーシティーを理解した上で、お客様のサポートをして成功に導いてきているということは、大きな強みだと思います。我々の海外法人のMD(マネージングディレクター)クラスもほとんどが日本人ですので、例えば「A社のインドネシア展開をサポートするんだ」と声を掛けたら、すぐに体制を構築し、本社スタッフや海外法人スタッフが集結して現地のクライアント先に混じってプロジェクトをスタートさせることができます。この機動力というのも、我々日系グローバルコンサルティングファームならではの特徴だと思います。

CEG山口SCMだけで300名規模のチームということに加え、現地法人も巻き込みながら、かつ、日本の文化を背景とした支援ができるのは非常に大きな強みですね。
SCMという観点で、5年から10年くらい前の時期と、ここ数年で、アビームさんのSCMセクターで提供されているサービスの仕方、あるいは特徴の変化はあるのでしょうか?

アビームSCM富田セクター長

アビーム富田はい。まず、コアの我々の強みは、サプライチェーンを取り巻く業務を改善するお手伝いをするという点にあるのですが、それ自体はもう普遍的に変わらないものだと考えています。ただし、変わっているのはこの改革の手法になります。先ほども挙げたような、IoTやAI、ロボティクスあるいは3Dプリンタを使うなど、様々な改革の手法が出てきていますが、そこに一層取り組んでいる点はこの数年での大きな違いかと思います。
弊社では、アビームクラウドというサービスのもとで、需要予測の、例えばアルゴリズムをいくつか用意して、お客さんの予測に適合する最適なものを選んでいただいたり、あるいは、IoTを活用し、倉庫そのものの人の動きとか機械の動きを一元的にクラウド上に集めた上で、データ分析・シミュレーションを実施し最適化したり、といったサービスをサブスクリプション型でサービスを提供しています。今までコンサルティング会社というのは、アセットを持ってサービスをしていく会社ではなかったのですが、どちらかと言うと、そのような形でもお客様を変革できる方向に、弊社は今、向いていると思います。

INDEX

#2 最新技術を活用したダイナミックなプロジェクト

CEG山口先ほど、アビームクラウドということでサービスを提供されているということですが、このあたりを、具体的にお聞かせいただいてもよろしいですか?

アビーム富田はい。いわゆるクラウドを提供するベンダーというのは、基盤(インフラストラクチャー)として、従量課金でデータベースを使えるようにするなどが多いと思いますが、弊社では、アビームクラウドという名の下で、基盤の提供だけではなく、その上に、業種別に構築されたERPテンプレートや、各業務領域で使用される専門アプリケーション群を効率的に使える仕組みとして、保守サービスも含めてワンストップで提供しています。

どんなアプリケーションがあるかというと、お客様のビジネスにおける“攻め”と“守り”の両面で活用を推進しています。「守り」とは、所謂ビジネス継続のための、我々の最大の強みであるSCM業務プロセスそのもので使える、ERPを中心とした業務アプリケーションになります。一方、「攻め」については、デジタルビジネスへのシフトに本当に対応できるものとして、センサーやモバイルデバイスを活用したIoTプラットフォームへの対応も進めており、チャレンジングな企業の取り組みもサポートします。そういった観点で、お客様のビジネスイノベーションを支えるプラットフォームという位置づけでアビームクラウドを提供しています。また、常に我々は新しい事例、ソリューションを作って、あるお客様に提供したら、弊社内でフィードバックしアセット化して、アビームクラウド基盤の上でサービス提供できるようにしていますし、そのような形で弊社がもつサービスを必要なだけ使っていただくという、いわゆるエコシステムを目指しています。

CEG佐藤御社のご支援も時代の流れとともに変化し続けているのですね。アビームクラウドはすでに導入が開始しているのでしょうか。

アビーム富田はい。様々なメリットが評価され、すでに多くの企業に利用されています。今も、タイやメキシコ、中国で複数のプロジェクトが走っています。弊社は、長年にわたるグローバル企業のコンサルティングで培ってきたノウハウを凝縮したアビームクラウドの提供を通じて、ビジネスの生産性向上やイノベーション創出を強力に支援していく体制を整えていきます。

CEG佐藤

CEG佐藤先ほどのアビームクラウドを活用するような全社BPRのプロジェクトの他にも、様々なプロジェクトがあるかと思いますが、具体的な事例について教えて頂けますでしょうか。

アビーム富田全社BPRの他にも、SCMの観点から、様々な業種のお客様に対して、多岐にわたるプロジェクトを推進しています。例えば、少し変わったところで言うと、空港での入国審査の動線シミュレーションのプロジェクトをやったことがあります。空港での入国審査は、よく待ち行列ができていると思いますが、空港によってはかなり待ち時間が長くなっているところがあります。この行列を減らせるようにプロセスを効率化するためには、スタッフを何人にすればよいか、もしくは自動チェックイン機を何台追加すればよいか、というシミュレーションをしてほしいという依頼がありました。これをSCMセクターがやっているのは少し不思議に思われるかもしれませんが、このプロジェクトは、生産ラインの最適化と同じ考え方で進めていけるからなのです。工程のボトルネックを特定して、そこをどれだけ改善するとどれだけ全体の効率が上がるのか、というところの知見を動線シミュレーションに結びつけた形です。

CEG佐藤それは非常に面白いですね。プロジェクトのテーマがSCMではなくても、SCMでよく使われる手法や考え方を活かすことで解決していると。

アビーム富田おっしゃる通りです。ほかにも、ある業界団体からの依頼を受け、グローバル化の加速、テクノロジの進化などビジネス環境が変わる中で、その業界団体や対象の日本企業が向かう将来像の構築に関わるものや、業界団体の存在意義を再定義する部分をご支援するような案件もありました。

CEG山口なるほど。SCM関連の日々のプロジェクトで蓄積された最新のビジネス動向を提供されることで、このような戦略的なディスカッションを展開されていらっしゃるのですね。

INDEX

#3 クライアントをSCM先進企業にするための取り組み

アビーム富田先ほど、我々SCMセクターでは、「我々がリアルパートナーをSCM先進企業にする」をスローガンとして掲げていると申し上げましたが、我々はこの目標の達成のため、様々な取り組みを行っています。その一つは、国内外の先進的な事例を収集し、お客様に提供することです。お客様に対して、我々の強みを最大限活かしてどう貢献できるか、ということを考えた時、組織の力を活かして、いろいろな情報を集めることができるのは一つのアドバンテージです。弊社の情報ネットーワークからだけではなくSNSやWebなどからも、SCM系の情報はもちろん、IoTやデジタルという領域まで含めて、世の中のSCMの先進事例を集めています。実際、マネージャー以上には毎週50件を超える先進事例が配信されています。なかには、それをもとにお客様と勉強会をするという例もあります。

CEG山口そんなにたくさんあるのですね。実際、SCMに携わっていない者としては、そんなに多くの進歩があるのか、想像がつかない部分もあるのですが、SCMの領域で日々変化は多く起きているのでしょうか。

アビーム富田とくにデジタル関連は特に、世の中の先進企業が積極的に取り組んでおり、変化のスピードは速いです。それから、例えばイスラエルやシンガポール、シリコンバレーなどにあるスタートアップの企業でも、そのようなイノベーションは盛んです。この領域の情報収集は、R&I(Research&Innovation)のセクターと連携しながら行っているのですが、我々は、変化をビジネスにどう組み込むかというところに一番頭を使っています。

CEG山口

CEG山口なるほど。それも御社の組織力あってこそできることですね。クライアント側から見ても、技術の進歩に常についていくことも難しいですし、それを自社のためにどう活かすのかというところまでは、なかなか考えられないと思います。そこを御社がやってくださるというのは、非常に価値が高いですね。

アビーム富田ありがとうございます。実は、検討したものの中で、特に顧客のビジネスを変える可能性のあるものは、PoC(実証実験)を一緒に行っているケースもあります。PoCとは、プルーブオブコンセプトといって、デジタルを活用した変革をするにあたって、まずは実証実験をやっていくという取り組みのことです。

CEG佐藤少し試してみて、良さそうであれば具体的なプロジェクトになっていくということでしょうか。

アビーム富田そうですね。例えば、弊社のクライアントのマザー工場に対して、最近IoT関連のPoCを進めています。このような方法だからこそ、お客様もリスクを抑えて試行錯誤することができますので、お客様にはそこを評価頂いて、活用頂いています。

CEG佐藤自社内で一から立ち上げるとなると抵抗があるクライアントにとっても、このように実験的に取り入れて効果を確認できるというのは非常に有難いことだと思います。

アビーム富田あとは、経産省等が主催している外郭団体に顧客と共に参加し、他企業とも共同して先進的な取組を行っています。今期は、IVI、RRIといった日本版Industrie4.0を代表する2団体に正式加入し、数名の管理職を参加させています。このような場に参加することで、知識習得に留まらず、各社で変革を主導する立場の方々との人脈形成にも役立っています。様々な活動を通して、「リアルパートナーをSCM先進企業にする」というスローガンの実現に向けて、確かな道筋が見えてきたと実感しています。

CEG山口ますます面白くなってきそうですね。お話をお伺いして、非常に御社らしい取り組みだなと感じました。

アビーム富田ありがとうございます。我々がこのような活動に先行投資できるのは、リアルパートナーという共通価値観、個よりも組織でのアウトプットを尊重する風土、アビームクラウドを代表する基幹ビジネスで培った、顧客基盤・利益基盤を持っているからに他なりません。ここは、同業他社にはない、我々ならではの特徴だと思います。

INDEX

#4 アビームSCMで活躍する人物像とは

CEG山口最後に、御社の採用方針や要件についてお伺いしたいと思います。SCMセクターはこれからも積極的に組織拡大をされていくとのことですが、具体的にはどのくらい拡大を計画されているのでしょうか。

アビーム富田グローバル含めて全社で、2020年までに今の倍近くにまで拡大する計画がありますので、我々も同様に倍を目指していく予定です。採用要件としては、新しい技術を使ってビジネスにどう展開していくかということをしっかりと考えられて、実行できる人を一番求めています。とはいえ、それはなかなか難しいかと思いますので、若い方に関しては、例えば業務プロセス改革について知見がある等、どこかに軸があれば良いと考えています。その軸は、グローバル展開でも、業務改善でも、システムでも良いです。

CEG山口特定の領域に限らず、幅広くお客様に対してしっかり価値を出せるような強みを持っている方であれば良いということですね。そのような中で、御社に入社されて活躍されている方のイメージ像というのはありますでしょうか。

アビームSCM富田セクター長

アビーム富田共通点としては、やはり、弊社のコアバリューに共感頂きながら、何事に対しても前向きにチャレンジできるということです。これはSCMセクターに限ったことではありませんが、弊社はチームワークを尊重し、クライアントと真摯に向き合う業務の進めるカルチャーがあります。個人のスキルや成長意欲はコンサルタント個人の資質としては非常に重要なことですが、個人プレーではやはり限界があり、クライアントニーズに応える解決策は、一人で生み出すのではなく、チームで創り上げていくものだからです。「自分の限界をアビームの限界にするな」これはアビームの行動原則の一つにもなっています。顧客のほうを常に向き、何事に対しても前向きな姿勢でチャレンジできる人、またチームで結果を出すということに共感頂ける方に是非来て頂きたいですね。

CEG山口御社のカルチャーに共感され、その強みを最大限活かしながらチャレンジされる方がご活躍されていらっしゃるのですね。

アビーム富田はい、チャレンジできる領域も様々で、例えばサプライチェーン上の業務領域の幅や業界の幅を拡げる、プロジェクトの工程の幅を拡げる、マネジメント規模を拡げるなどあると思います。グローバル案件の多さも弊社の特徴ですので、グローバルでの経験の幅もかなり広げることができます。弊社は日本に本社がありますので、グローバルのプロジェクトでも、我々がクライアントとともに現地に赴き、ローカルプロジェクトのイニチアチブを取って推進します。海外プロジェクトの経験をしてみたい、あるいは海外プロジェクトのイニチアチブを取って推進したい方には活躍できるフィールドがアビームにはあります。

CEG佐藤我々に転職の相談にいらっしゃる方で、将来的に海外でも活躍したいという方は非常に多いです。そのような方には本当にぴったりな環境ですね。その他、御社はコンサル未経験者の育成を非常に丁寧に行っているかと思いますが、入社後、コンサルタントとして立ち上がるまでに、どのようなサポートをされているのでしょうか。

アビーム富田コンサルティング経験がない場合でも、これまでのご経験された業務をベースにして、その人に適したペースで一歩ずつ成長して頂くことを重視しています。一方でそれに固執せず、新しいことにチャレンジできるような体制を取っています。例えば、弊社では、ナレッジマネジメントセンター(KMセンター)という組織を社内に設けています。コンサルタント経験のある社員が所属しており、プロジェクト実績や提案書、成果物などを一元的に取り纏めるとともに、プロジェクトのフェーズに合わせたアドバイスを行ったり、有識者を紹介したりするなど、社内での提案活動・プロジェクト運営のサポートをしています。また、研修にも非常に力を入れており、年間で開催される社内研修の数は業界トップクラスと自負しています。組織面でのバックアップと、チームワークで上手くフォローしあいながら成果を作り上げる風土が、未経験者でも早期に成長できる環境を支えていると思います。このような体制が取れるのは、人を大事にし、育てるカルチャーと制度があるからに他なりません。

CEG佐藤非常に丁寧なフォロー体制が整っているのはコンサル業界に初めてチャレンジする方にとっては大変魅力的だと思います。

アビーム富田それから、コンサルタントは常にプロジェクトの中で評価されながら、自分のキャリアパスをカウンセラーと相談しながら作っていきます。キャリアの志向と、アサインされているプロジェクトが合わない場合は、カウンセラー経由で調整に入ることもあります。当然、プロジェクトにとってはネガティブなことですが、最終的にはその個人の自己実現、キャリアの実現にとってそのほうが良いという判断がされると、プロジェクト移動もあります。

CEG佐藤

CEG佐藤そのような事例もあるのですね。御社が人を大切にされているというところが改めて伝わってくるエピソードだと思います。それでは最後に、冨田さんから、今後御社へ応募を考えていらっしゃる皆様に一言、メッセージをお願い致します。

アビーム富田はい。アビームは、社内でいろいろなチャレンジができる環境が整っているコンサルティングファームだと思います。弊社にジョイン頂けましたら、成長もチャレンジもできる非常に面白いフィールドをご用意致しますので、ぜひ挑戦頂ければと思います。

CEG佐藤ありがとうございます。改めまして、本日は貴重なお話を頂きましてありがとうございました。

アビーム富田ありがとうございました。

INDEX
若手対談
編集後記

富田 雅樹 | Masaki Tomida【プロセス&テクノロジービジネスユニット SCMセクター長】

富田 雅樹 | Masaki Tomida【プロセス&テクノロジービジネスユニット SCMセクター長】

学生時代のアルバイトを継続して1995年に入社。公認会計士。製造業を中心に様々な業種において、経営戦略実現のための戦略立案からプロセス改革、システム導入までを幅広く支援し、特に日系企業のグローバル展開プロジェクトの経験が豊富。現在はSCMセクターの責任者を務め、企業における戦略的なサプライチェーンの構築支援をしている。